現在17271個の困ったを解決できます!

2015月12月23日更新

「怒ってないよ」 …でも怒ってる!本音と逆のことをいう女性の心理とは?

3069 views

彼女が本気で怒っているのか、なんともないのか、分からない時があります。女性の心理を知りたいです。(大学1年生・男性)



あなたが彼女や女友達を怒らせるようなことをしてしまい、てっきり怒号を浴びせられると思っていたのに「怒ってないよ」と言われて肩すかしを食らったこと、ありませんか?




そのような時に、何だ怒っていないのかと真に受けてはいけません。




怒られるようなことをしたからには、当然相手は怒っているはずなのです。




それでも「怒ってないよ」という女性は、裏で何を考え思っているのか、その心理を紐解いてみたいと思います。




1.嫌われたくないから



最も多い理由はあなたに少なからず好意を抱いており、嫌われたくないから我慢しているのです。




誰だって好きな相手に怒った表情を見せたり、暴言を浴びせたり、責め立てたりといったことをしたくありません。




本当は怒っているけれど、ここは心が広いところを見せなければと思い直し、無理をして笑っているのかもしれませんよ。




健気な女性の心理を是非見抜いて下さいね。






2.かまって欲しいから


「そうだよ、怒っているよ」と言ってしまうと、そこで話が終わったり最悪喧嘩が始まったりする可能性が大きいですよね。




そこで、敢えて「怒ってないよ」と言うことで「本当に?」と疑問を抱かせてこちらに興味を引き付けようとしている場合があります。




意地を張った女性の嘘に、強がりを言わせてごめんと謝罪出来る器の大きい男性はとても素敵だと思います。






3.呆れ果てているから


これはあまり良くないパターンで、もうどうでもいいやと突き放されているパターンです。




喧嘩をすることすら面倒で、あなたに対して興味を失いつつあると言っても過言ではありません。




もしくは女性が仕事で疲れているなど、他の事で頭がいっぱいで、もうこれ以上トラブルを抱えたくないと拒絶しているのかもしれません。




いずれにしてもこちらの心理は、あなたにとって喜ばしくない意味合いを含んでいますので、早急に問題を解決しましょう。







4.駆け引きをしているから



まだ付き合いが浅い場合などは、遠慮をして本心を見せていないだけかもしれません。




とりあえず「怒ってないよ」ということで、あなたがその後どういう言動をとるのか見極めているのかもしれませんよ。




「怒ってないのかラッキー」と高をくくっていると、思わぬ落とし穴に落ちてしまうかもしれません。




当たり前のことですが、自分が悪いことをしたのならば女性の応対がどうであれ、誠心誠意謝罪をしましょう。






女性は本来、余程長い期間お付き合いをしている空気のような存在の相手では無い限り、100%本音で話すようなことはしません。




その気持ちは男性も、少なからずお分かりになるのではないでしょうか。




もしあなたが大切に思っている女性に対し、思いがけず不快な思いをさせてしまった時、また冗談で言ったつもりが結果的に相手を傷つけてしまった時など、ほとんどの場合あなたも自分の非に気付いているはずです。




「怒ってないよ」という表面上の言葉に惑わされることなく、素直に謝罪することが裏にどのような本音が隠されていたとしても、最も効果的な言葉になります。

2015年12月23日

written

by loveshion


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop