現在17271個の困ったを解決できます!

2016月1月15日更新

スタンプや絵文字は必要?気になる人に送るメッセージのコツ

968 views

                               出典:http://kaboompics.com/one_foto/912/close-up-portrait-of-a-young-woman-typing-a-text-message-on-mobile-phone


 
                                
LINEでのやり取りは、お付き合いを始める前と後ではかなり色々な意味で差があるものです。


お付き合いを始めたら二人の世界、ふざけたり喜怒哀楽を露わにしたり、多少のわがままも許されるものですが、そこに至るまでには遠慮と配慮が必要です。


では、気になる人に送るメッセージはどのようなものが良いのか、そのコツを見て行きましょう。




1.スタンプはほどほどに


女同士ならいざ知らず、男性はスタンプにそれほどこだわりや執着がありません。


スタンプだけで会話を済まそうとしたり、スタンプを連続して送ったりといったメッセージは避けた方が無難です。


また、男性から女性に送る場合、受け狙いや女性が喜びそうだからいってスタンプを無理して使用しても、あまり好意的には取られません。


何故なら、無理をしていることが伝わって痛々しいからです。


また、間違っても相手にスタンプを強要するようなことはやめておきましょう。


軽くてミーハーなヤツと思われるよりも、生真面目なヤツと思われる方がまだマシですよね。




2.絵文字は可愛いものを


絵文字の場合はそこそこ使用しても、悪い印象を与えるということはまずないでしょう。


ただし、独特な雰囲気を持つ気持ちの悪い絵文字や、個性的すぎる絵文字は気になる人に送る段階では、まだ避けておいた方が良いです。


また、男性が絵文字を多用することも避けた方が良いでしょう。


ハートがついた絵文字は、自分の気持ちをアピールしたいのなら使用しても良いでしょう。


いずれにしても、ここぞというポイントで、その時の会話にあった絵文字をチョイスして下さい。


そうすると、センスの良い人だなと思われますよ。




3.言葉遣いに注意して


まだ気になる人の段階ですから、あまり馴れ馴れしい言葉遣いや、上から目線の物言いは避けましょう。


相手から敬語じゃなくて良いよと言われたら、それを頑なに拒否する必要もありませんが、まずは敬語を取り入れながらメッセージを送りましょう。


常識のある礼儀正しい人という印象を持たれることで、そこから徐々に信頼も生まれて来ます。





4.用件は簡潔に


読むのが面倒になるような長文や、何度も分けてガンガン送り付けるようなメッセージは避けましょう。


気になる人が相手なのですから、これも伝えたい、あれも伝えたい、こんなことも聞きたいと思いは募ることでしょう。


ですがまだ、あなた達は友達です。


伝えなければいけないことを最優先に、用件は簡潔にまとめましょう。


もちろん、相手の反応を見て時間に余裕がありそうだったり、会話に乗って来てくれそうだったりした時は、多少横道にそれたメッセージも可能ですよ。



いかがでしたでしょうか?





気になる人に送る場合は例えメッセージと言っても、その一文一文にあなたの思いが込められていますよね。


だからこそ、限られたチャンスを生かさなければいけません。


表情や声音で判断が出来ないため、メッセージというのは実はとても怖いものでもあるのです。


冗談で送ったつもりが、相手は真に受けて怒りを買うということもあり得るのです。


だからこそ、ふざけすぎないメッセージを送りましょうね。

2016年1月15日

written

by loveshion


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop