現在17271個の困ったを解決できます!

2016月6月17日更新

長続きしているカップルが記念日に気をつけていること

4025 views

付き合いが長いカップルの記念日の過ごし方を教えてほしいです!(大学2年生・女性)

長くお付き合いが続いて、いつもほのぼのしたよい雰囲気のカップル。


ほほえましいですし、彼らのそばにいるだけで自然と和みますね。


そんなうらやましいカップルはどんな記念日を過ごしているのでしょうか?


まだお付き合いが始まったばかりの初々しいカップルさんたちが、末永く幸せでいるために先輩カップルたちの記念日の過ごし方を紹介いたしますね。


カップルのお二人にあるいろいろな記念日の中で、今回は出会い、お付き合い初めの記念日を例にしました。







思い出の場所で過ごす


出会ったカフェ、出会った頃お気に入りでよく一緒にお食事をしたレストラン。


仲間とともにしゃべり笑いながら過ごしたキャンパス。


初めて一緒に見に行った海、お気に入りのチームの応援に誘われて行ったスタジアム。


他の人にとっては何でもない場所でも、応援しながら気が付いたら手をつないでいた、など二人にとって思い出のある場所なら愛しいスポットです。


出会いの頃のときめきを思い出しながら、出会えた幸せを改めて感謝する機会になります。


毎年同じ場所と決めているカップルもいます。


また毎年、今年はどこに行こうかと楽しく相談しているカップルもいます。


その過程で出会いの頃の出来事を思いだせるのもメリットだそうですよ。


出会いの頃の場所で、ときめきを思い出し、そして確かな信頼がある今の幸せ噛みしめる。


出会えてよかったね、ずっとこうしていたいね。


そんな思いを口に出さずとも感じ合う記念日の過ごし方です。






旅先で過ごす


毎年記念日旅行をするというカップルも多いそうです。


旅好きの二人であったり、旅先で出会った二人には最適ですね。


笑いあったり、励まし合ったり、時にはけんかをし、あるいは危機を乗り越えたり。


それでも楽しく重ねた一年を大好きな旅を楽しみつつ思い返し、お互いの存在を感謝する時間を過ごす。


今年はどこに行こうか、と相談する日々も楽しく、旅の手配もうれしい共同作業。


何事もなく順調な旅ならそれもいいですが、ハプニングがあることも二人のきずなを強める効果抜群です。






思い出の映画を観て過ごす


なるほど、と思った過ごし方ですが、毎年お家で同じDVDを観るという過ごし方。


同じ作品を観ることで出会ってから今まで、またこの1年、そして今この時の気持ちを振り返る。


変わらなかったこと、変わったこと、深まったこと、忘れていたこと。


昨年何とも思わなかった場面が心に沁みたのはなぜ。


隣りにお互いがいることが安息の落ち着く空間になっていることに気づく。


などなど、考えようとせず感じるための時間。

若くても、もう大人の二人ですから、頭で色々と考えてしまうことが多いものです。

でも大事なことは心で感じること。


同じ映画を二人だけの空間でゆっくり観ることで、心を動かして感じることができやすくなるのです。

何でもないようでいて大切なことかもしれません。



友達も招いてプチパーティー


賑やかで華やかなことが好きで、パーティーを主催してみんなに祝ってもらうカップルもいます。


二人きりも楽しいけれど、みんながいるともっと楽しいというタイプの二人です。


記念日らしさもぐんと高まり、お友達も楽しんでくれる華やかな過ごし方です。


パーティーはしてみたいけれど、どう用意すればいいのかわからないならば、シンプルに考えましょう。


紙コップ、紙皿、プラフォークスプーン、割りばしに飲み物だけ用意します。


あとは仲間にプレゼントの心配はいらないから、と1品持ち寄りをお願いしましょう。


二人でいることは多いので、みんなでわいわい過ごす中で目が合うと照れてしまうのもうれしい気分。


仲間たちからお祝いの一言をいただけるのもうれしく、改めて幸せを感じることでしょう。







長続きカップルだからこその過ごし方


これぞ長続きカップルと言う過ごし方は意外にも「何もしない」です。


たまたまデートのタイミングならデートもしますが、いつも通りのデート。


特別にサプライズも用意しなければ、贅沢なお店に入ったりもしません。


記念日だね、程度のことは話しても、特に感慨を改めて語り合ったりもしません。


まあせいぜい、ケーキを食べたり、思い出したことを少し話す程度だそうです。


その日二人が観たかった映画があればそれを観て、どちらかにお買い物があればそれに付き合う。


普通に穏やかにお茶や食事をし、お喋りをして過ごす。


そんなのつまんない!と思われるかもしれませんが、これが長続きするカップルの真髄かもしれません。


恋の始まり、付き合い始めは熱情のさなかです。


恋のために多大なエネルギーを使いますが、それがうれしく楽しい時期です。


時間も気力も体力も財力もその恋のために費やすことが幸せな時期です。


でも、それが続くと、当然の流れとして誰しも疲れてきます。


そこでエネルギーレベルの違いが軋轢になり、ケンカをしたり疎遠になりかかったり、別れてしまったり。


長続きしているカップルはその移行期をすんなりと、あるいはすったもんだの末、とにかく乗り越えているのです。


そして二人の間柄を熱情の恋から、穏やかに継続する愛情に育てています。


確かな愛で結ばれている長続きカップルは記念日も、毎日の中の或る一日として穏やかに心地よく過ごすのです。


ただ、落ち着いてからでもたまには、恋の時期の高まりが懐かしくなったり、必要になるときがあります。


その時は記念日のイベントが助けになりますから、ちょっとエネルギーをかけて華やかに演出するのもよいでしょう。




長続きしているカップルの記念日の過ごし方を紹介しました。


どう過ごすか決める時大きなポイントが二つあります。


ひとつは相手はどういう気持ちでどうしたいかを思いやること。


もうひとつには記念日だからと言って何かをしなくてはいけないと思い込まないことです。


例えば彼は穏やかな愛を注ぐ時期でしかも忙しい、彼女は恋の気分を味わいたい気分でしたらどうでしょう。


彼は旅行や高級レストランのお食事より、散歩してカフェでお話してにこやかに帰るほうが心地よいかもしれません。


彼女が記念日なのに何もないなんてつまらないと拗ねてしまったら、せっかくの記念日にけんかになります。


あるいはどちらかが不満を胸に押し込めたまま、相手に合わせ我慢のデートをすることになります。


相手を思いやるということは、相手に合わせることでも我慢をすることでもありません。


彼が記念日ならではの心からの一言伝え、彼女が記念日にはイベントという概念を捨てれば楽しい記念日になります。





いかがでしたでしょうか?


それでは、付き合い初めのカップルさんたちが、それぞれの幸せを育てていく参考になればと願い応援しております!

2016年6月17日

written

by moto


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop