現在17271個の困ったを解決できます!

2016月2月13日更新

ダラダラ付き合ってる彼氏と別れられない人へ。キレイにお別れする5つの方法

4893 views

今の彼との関係が惰性になってしまっています…。キレイに別れるにはどうすればいいのでしょうか。(大学3年生・女性)



別れようかな、別れたいな…そう思っても、結局別れられずにずるずる関係が続いてしまうことってありますよね。


情なのか、自分が独りぼっちになるのが嫌なのかは人それぞれだと思いますが、ダラダラ付き合っていても楽しい恋愛にも幸せな結婚にも結びつくことは絶対有り得ません。


その間にも時間は流れ過ぎていって、取り戻すことはできないのです。



ダラダラしているという自覚があるのなら、キレイにお別れして一歩踏み出すことをお勧めします。


その方がずっと、楽しくて幸せな恋愛に近いからです。


今回はキレイに別れられるきっかけになるための5つの方法をご紹介します。




思っていることを全部伝える


気持ちを偽る女性


画像出典: Flickr




ダラダラ付き合ってる原因の一つに、お互い自分が思ってることを伝え合っていないことが挙げられます。


遠慮や諦めなどあるのでしょうが、自分の思いを伝えなければ相手の理解を得ることはできません。



彼は充分あなたのことを知っているのでしょうか。


自分の思いをさらけ出すことによって、そして「別れたいんだ」という決意を表明することによって、自分自身にも覚悟を決めるきっかけになることがあります。


ぜひ時間を取って、彼にあなたが思っていること、今まで感じていたことや考えていたことを聞いてもらって下さい。



もし直接話すことが難しい状況であれば、メールや手紙などでもいいかもしれません。


しかしその場合は、思いが一方通行になる恐れがあることを念頭に置いて、万が一返事がなくても、「返事がないのが彼からの返事なのだ」と割り切る心積もりも必要です。




できれば相手の話も聞く


話を聞きあう女性


画像出典: Flickr




人間関係はコミュニケーションですから、自分の思いを告げたら相手の考えを聞くのが筋ですよね。


もちろん2人の状況次第ではありますが、相手の気持ちを聞くこともキレイに別れるために必要なこともあります。


お互い何を思っていたのかを理解した上で別れるのと、モヤモヤしたまま別れるのとでは、次に向かう恋に対してのモチベーションが全然違ってくることは想像できるかと思います。



もし状況が許すのであれば、自分の気持ちと相手の気持ちを交換してみましょう。


仮に理解し合えなかったとしても、「やっぱり恋人同士としては合わなかった」と納得することが大切です。




ありがとうを言い合う


ありがとうを伝える女性


画像出典: Flickr




「今までありがとう」とお互いに言い合える関係で終わること。


これもキレイにけじめをつけて別れるための良い方法といえます。


それだけで一つの恋愛が「楽しかった思い出」「良い思い出」として脳内で処理されるので、とてもポジティブな気持ちになることができます。



ポジティブな気持ちでいればポジティブな人が周りに集まってきて、ポジティブな恋愛を引き寄せることができるのです。


むりやり嘘を言う必要はありませんが、もし相手に感謝の気持ちを少し感じたのなら、最後だからこそきちんとお礼を述べるのも大切なことでしょう。




連絡をもう二度と取らない


連絡を取るのをやめた女性


画像出典: Flickr




お別れを決意して話し合いが済んだら、あるいはさよならメールの送信だけだったとしても、相手の人といつまでもダラダラ連絡を取り合うのはやめましょう。


もしかしたらカップルの中には「友達に戻ろう」という結論を出す人たちもいるかもしれません。



「友達だから連絡してもいいよね。それって普通のことだよね」と思ったり、別れた後のことが気になってしまったり、相手のことが心配になってしまう人もいるでしょう。


でも別れたら当分は連絡禁止です。


今まで恋人同士だったのですから、急に友達になれるわけないのです。急に忘れることもできません。



だからこそ、ダラダラ付き合った人とダラダラ連絡を取り合えば、腐れ縁のようになってしまい、また関係を引きずって終わらなくなってしまいます。


自分のことをよく知ってる人、また自分もよく知ってる人だと、どこか安心感を感じてしまうものだと思いますが、惰性の関係で幸せになった人を見たことがありません。


それは、そんな人が世界中どこを探しても存在しないからです。



別れると決めたのなら自分の決断に自信を持つこと、相手の人生をも尊重して、しばらくは目の前から消えてあげること。


あなただけのためではなく、2人が別々の道で幸せになるために必要な時間なのです。




今の状態が続いたときのことを想像する


将来を悩む女性


画像出典: Flickr




今の好きでも嫌いでもない彼氏とダラダラ続いて、このまま20代を終え、30代に入り、40、50になったときのことを想像してみて下さい。


就職、結婚、妊娠、出産、子育て…そんなことを考えたとき、隣にいるのがずっと今の彼だったら……?



自分が納得して好きで一緒にいるならいいのです。


でも惰性で続いてしまってる自覚があり、別れた方がいいのに別れられない人は、近い未来のことを想像してみることがお勧めです。


そこにいるのは自分がなりたかった未来の自分でしょうか?幸せそうな自分でしょうか?



ダラダラした関係に幸せは決して訪れません。


そしてあなたがダラダラしてる間に失ってしまったその時間の責任は、誰も取ってくれません。


あなたがあなたの人生の責任者である以上、あなたが自分の人生を責任もってマネージメントしていく必要があるのです。





まとめ


いかがでしたか?どれも、全部あなたの心の決断一つで簡単にできることです。


それで行動できないのは、あなた自身がストッパーをかけてしまっているから。


彼氏と別れるのは惰性の関係でも辛いことかもしれません。淋しいこともあるかもしれません。



でもそれは一時のこと。


今のダラダラした関係を一生このまま続けて一生モヤモヤするのか、重い腰を上げて一瞬だけ苦しい思いをして状況を変えようとするか、決められるのはあなただけです。


あなた自身が今より幸せになれるか、今のままで終わるか、全てがあなた次第ということなのです。



よく考えて、ぜひ幸せになれる道を進んでいってほしいと思います。

2016年2月13日

written

by ellie


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop