現在17271個の困ったを解決できます!

2016月5月17日更新

シンプルイズベスト!「生活感の無い部屋」をつくる7つの方法

5114 views

部屋がすぐぐちゃぐちゃになってしまいます。「生活感の無い部屋」を作る方法を紹介してください(大学2年生・女性)

毎日過ごすお部屋が、サロンや雑貨屋さんのようにオシャレだったり、ホテルのような落ち着いた雰囲気だとお家に帰るのが楽しみになりますよね。


片付いているキレイなお部屋!を作るのは掃除を頑張ればできますが、「生活感の無い部屋」を作るのはちょっとしたコツが必要です。


今回はそんな生活感を感じさせないお部屋を作るために押さえておきたい方法を7つご紹介します。







1.生活用品にカバーを


生活感のない部屋=モノがない部屋というわけではありません。


全くモノがなければ、それはただの殺風景なお部屋になってしまいますよね。


また、生活感を無くすといっても、あなた自身が生活しづらくなってしまわないようにしなければいけません。


そこで、まずは身近に必要な生活用品にカバーをすることから始めてみましょう。


ティッシュケースは布やカゴなどの専用カバー。文具はひとまとめにして1か所にまとめたり、ブラシやめんぼうや化粧道具なども、可愛いポーチや容器に入れて出しっぱなしを防ぎます。


2.布類が見えないように


生活用品の中でも、特に生活感が出るのが衣服などの布類。


これらは常に見えるベッドやソファなどへの置きっぱなしに気を付けること。


衣服はハンガーにかけてクローゼットに、タオルは洗濯したあとにすぐたたんでカゴなどに片付けるという習慣をつければ、きれいな状態をキープできます。


3.同じ形のかごや箱を使用する


最初のうちは、かごや箱などの容器の形を統一させたほうがシンプルにまとまります。


細々した小物や雑誌類などはまとめて容器に入れたあと、その容器を整然と並べたり、カラーボックスに収納すると見た目もスッキリします。


4.同じ色調でまとめる


沢山の色が散りばめられていると、お部屋がごちゃごちゃした雰囲気になってしまいます。


部屋に置くものは、出来るだけ同じ色調のものでそろえてみましょう。


白や茶色などのベーシックカラーは、どんな壁や床の色とも割と合いますが、自分の好きな差し色をひとつ入れても個性が出てよいものです。


5.キッチンでの食材の見せ方


キッチンスペースも生活感が出る場所のひとつですよね。


そこで、食材などは上手に見せる工夫をしてみましょう。


玉ねぎやじゃがいもなどの野菜や果物は、ちょっと大きめの深いお皿に英字新聞などを敷いてその上に飾っておいたり、海外の可愛い瓶やソースはあえて見えるように並べてみてもオシャレに見えます。


6.季節のものを飾るスペースをつくる


季節感を感じさせる雑貨などを飾ると、お店のような雰囲気を作ることができます。


お正月やクリスマス、バレンタインやひなまつり・・・今は百円均一でも可愛らしい雑貨がすぐ手に入ります。


玄関やカウンターの端、ミニテーブルの上など、お部屋の中の小さなスペースでかまいませんので、常にその季節に合わせた小物を飾ってみましょう。



7.お部屋の香りにも気をつかう


視覚的なものだけではなく、香りでも演出してみましょう。


せっかくオシャレな部屋が出来上がっても、焼き魚の匂いがしたり、ラーメンの匂いがしたり・・・では台無しです。


フレグランスやアロマなどを焚いて、部屋に入ってきたときの雰囲気も大切に。


エアーフレッシュな-などを用意しておき、友達が遊びに来るときはシュッーっとひと吹きするだけで、部屋中がいい香りに包まれます。




いかがでしたでしょうか?


生活感の無い部屋を作るのは、モノ自体が少ないことが大前提ですが、無機質なお部屋になってしまわないように、ポイントを押さえてお部屋作りをすることが大事です。


また、好みの雑貨を持ち合わせていると、まとまりやすいので、今一度自分はどんな色やどんなモノが好きなのかを考えてみるのもいい機会かもしれませんね。


ぜひ、参考にしてみてください。

2016年5月17日

written

by maime


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop