現在17271個の困ったを解決できます!

2016月2月17日更新

さすがに痛い…男性が引いた女性のおひとりさま行動6パターン

2585 views

男性にとって、おひとり様の女性はどのように見えているのでしょうか。教えてください(大学2年生・女性)

心身ともに自立した女性が求められる現在ですが、反面、女性の一人行動「ひとりさま」にビックリしちゃう人々もいるようです。


自分の「ひとりさま」行動も、男性からドン引きされてしまっているのかもしれません。


どんな行動が奇異に見られているのか、女性の「おひとりさま」側はどのような真理なのかを交えながら、ご紹介いたします。







1.えー?一人でテーマパーク!?


ディズニーやピューロランド、USJなど、大好きなファンの中には、一人ででもいっちゃう!って女子もたまにいますよね。


が、男性からするとドン引きだったりして……。


「そこまで行きたいの?」「一緒にいく人がいないの?」と心配されている様子です。




一人ディズニーや一人USJのお得なコト


ショーを楽しむならひとりの方が動きやすく、好きなように楽しめます。


さらに、アトラクションによっては、混み具合によりますが、一台のライドに一人で貸し切りにしてくれちゃうことも!


USJには「シングルライダー」という、おひとりさまを優先して先に空席に案内してくれるサービスもあります。




2.一人で旅行へ行っちゃうの!?


ひとり旅も、ドン引きしてしまう男性がいるようです。


ちょっとリッチなホテルを予約したり、高級な食事も、一人分だからできることもあるのですが、どうしても「寂しい」印象が先行してしまうようです。


ただし、女性の一人旅は行き先の治安など、気になることが多いのも事実。


海外旅行ならなおさらです。




3.一人で飲食店もドン引き?


居酒屋は行った先で顔なじみを!


仕事帰りに居酒屋でちょっと一杯!


そんな女子が実はドン引きされているそうなのです。


しかし、女性一人で居酒屋へ行くと、他のお客さんのオジさんたちにも大事にされることが多いんだそう。


ですが、居酒屋を知らない男性からは、ドン引きされることもあるそうです。




ひとり焼肉などお肉系


他の人と焼き肉に行くと、お肉の分配や焼き具合の好みなど、気になることありませんか?


おひとりさまで焼き肉へ屋へ行くと、思うがままに美味しいお肉を堪能できますよ。


しかし、未だ焼き肉は「みんなで食べるもの」とイメージが強いようで、おひとりさまは物珍しいようです。


さらに、牛丼チェーン店など、「お肉」を女性ひとりで食べていると、ドン引き対象になってしまうそう。


女性だって、美味しいものは美味しいんですけどね。




他にも、ひとりしゃぶしゃぶや回転寿司など


高級なイメージのあるしゃぶしゃぶや、家族連れの多い回転寿司屋など、おひとりさまの肩身が狭いようですね。


自分のペースで食事をする快適さは、群れたがり男子からなかなか理解されないようですね。




4.一人でゲームやカラオケにドン引き!


ひとりで雀荘で麻雀をしたり、ひとりでボーリングも、「みんなでやるもの」のイメージが強い人達からはドン引きされます。


麻雀も、雀荘へ行けば相手がいますし、ボーリングも黙々と練習をしたいときはどうするのでしょうか。




5.ヒトカラは定番じゃないの?


練習と言えば、カラオケです。


実は、平日の日中を中心に、カラオケボックスはひとりのお客さんは結構多いもの。


歌の練習で通い詰める人も少なくありません。


のびのびと楽しんでいるので、おひとりさまの「寂しそう」のイメージとは真逆ですね。




6.ソロウェディング


ソロウェデングをご存知ですか?


サービス開始時に一部で話題になりました。


その内容は、女性が一人だけで、ドレスを着て結婚式を行うというもの。


本物のウェデングドレスを選び、ヘアメイクもプロにしてもらい、結婚式場で写真撮影!


内容によっては、ホテルで一泊し2日間かけて「特別」な日を演出するものも。


賛否両論あるようで、とくに男性からはドン引きされちゃうようです。





さいごに


普段やってるおひとりさま行動から、上級者編のものまでありますね。


どうやら男女関係なく、ショッピングや映画鑑賞、外食など普段から単独行動する人と、必ず誰かと一緒に行動する人がいるようです。


その辺りでも、認識の違いが起こっているようですね。


しかし、大切なのは「自分が楽しいのか」です。


誰の迷惑にもなるわけでないのですから、時間やお金などの都合に合わせて柔軟に「ひとりさま」を楽しみましょう。



2016年2月17日

written

by banban


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop