現在17271個の困ったを解決できます!

2016月2月29日更新

寒い冬に最適!おすすめブランドのダウンジャケット30選

4067 views

寒い毎日を乗り切るために、ダウンジャケットが欲しいです。どんなものを選ぶのがおすすめですか?(大学1年生・男性)


今年もまだまだ冷えますね。


皆さんは、そんな寒い冬に欠かせないダウンジャケットを持っていますか?




「一昔前のダウンジャケットをずっと使っている」「実は冬終わりのセールを狙っている」


そんな人のために、ここではおすすめブランドのダウンジャケット30選をご紹介します。




ぜひ、参考にして下さい。




■ダウンジャケット定番ブランド


Moncler(モンクレール) 定番モデル





出展:BUYMA




MONCLERの定番人気モデル。シンプルで上品さがあり、社会人になっても長く愛用できます。




Moncler(モンクレール) 新作







出展:yahooショッピング




同じくMONCLERの2015-2016年秋冬新作。


迷彩柄だけど、色味の濃淡が激しくないので以外となんでも合わせられます。




CANADA GOOSE(カナダグース)











出展:FRAME


アジア人をターゲットに、スリムでフィットしやすくサイズをアレンジした2015年秋冬ニューモデル。


カナダグースの特徴でもある防寒性能はバッチリです。






DUVETICA(デュベティカ) 定番











出展:LAGLAG MARKET




フード部分が取り外すことができ、シーンに合わせて2WAYでT使えます。


日本規格で作られているため、カナダグース同様スラっと着こなせます。




DUVETICA(デュベティカ) 新作



出展:BUYMA










DUVETICAの2015-2016年秋冬新作。


様々なカラーで展開されている人気のDIONISIOシリーズにおけるフード付きダウンジャケットです。




STONE ISLAND(ストーンアイランド)





出展・ZOZOTOWN




老若男女おしゃれなイタリアのブランドだけあって、誰が着てもおしゃれ。


暗い色が多い冬にホワイトのダウンは映えますね。











MACKINTOSH(マッキントッシュ)



出展:agio




社会人のイメージがあるMACKINTOSHですが、


最近は少しカジュアル目なダウンジャケットもあります。




TATRAS(タトラス)





出展:TATRAS




Pコート型ダウンです。


2016年春夏モデルなので、真冬はちょっと寒いかもしれませんが、


おしゃれに着こなしたい人はオススメです。




MOORER(ムーレー)



出展:AMALFI




セミロング丈のダウンジャケットです。


スーツに良く合うので、就活でも活躍しそう。




P.H design(ピーエイチデザイン)



出展:奈良県のセレクトショップ IMPERIAL'S (インペリアルズ)



キレイめ、カジュアル、どっちでもいけるシンプルなダウンです。


日本では名が知れてませんが、英国アウトドア業界の草分け「MOUNTAIN EQUIPMENT」の創設者であり
ダウンマイスターとしても世界的に有名なピーター・ハッチソン氏が作り出すブランドです。




PYRENEX(ピレネックス )









出展:BUYMA




ブラウンの色が綺麗です。


本格的な冬が始まる前の秋口に人気がある色ですので、


寒がりで早めにダウンを着始めたい人にオススメです。




WOOLRICH(ウールリッチ)





出展:ZOZOTOWN




表地は上品な光沢感のあるコットンナイロン生地となっています。


身体にフィットする立体的なパターンが採用されており、スッキリとしたシルエットになります。




HERNO(ヘルノ)



出展:jedia



とても上質なファーが使用されており、首元がふわふわです。

また、従来のダウンとは少し違ったスポーティなデザインが特徴です。




TraditionalWeatherwear(トラディショナルウェザーウェア)



出展:TraditionalWeatherwear



コーデュロイの襟やパッチポケット、フロントのボタンド仕様など

キルティングジャケットのディティールを備えています。


英国風の素材感やデザイン、綺麗目の着こなしに合うデザインです。




水沢ダウン





出展:水沢ダウン




カジュアルファッション好き、アウトドア好きから熱烈に愛されている


日本のブランドです。


ステッチがないので、生地の継ぎ目からダウンが抜け落ちないのが特徴です。






■アウトドア系


SNOW PEAK(スノーピーク)



出展:ZOZOTOWN




背裏にメッシュポケットがあり、そこに仕舞うことでキャンプシーンでの枕に最適なサイズ感になります。


袖にはリブが付き防寒性も高く、やはりアウトドア好きにもってこいです。




THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス) 定番



出展:GOLDWIN WEBSTORE




定番のアコンカグアという型。


高い保温力がありつつ軽いため、アウターとしてでも、中間着としてでも活用できます。




THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス) 新作



出展:GOLDWIN WEBSTORE






高くした襟や前ファスナーのダブルフラップ、暖かいフードなど、コールドスポットを徹底的に排除したというダウン。


外に出ると肩がすくんでしまう人は重宝しそうです。




NANGA(ナンガ)









出展:MOONLOID




この色、軍で採用されているタクティカルカラーをもとに、何度もビーカー染めを繰り返し生まれた色だそうです。


絶妙な色合いに日本製ならではのこだわりを感じます。




mont-bell(モンベル)



出展:MONT-BEEL




表地は丈夫なコットンキャンバス生地で、中に高品質なダウンが封入されています。


ダウンの見た目が好きじゃない人でもこれなら欲しくなりますね。




patagonia(パタゴニア) 定番



出展:patagonia




パタゴニアといえば、強制給餌や生きたまま羽毛採取を行われたものでない鳥の


羽毛であることまで追跡できるという、ヨーロピアン・グースダウンです。


体にラインにフィットする形でスッキリ着れます。




patagonia(パタゴニア) 新作



出展:patagonia




とにかく軽量、コンパクト。着ていないような感覚だそうです。


野外フェスなど、冬に限らず重宝しそうなダウンです。









MILLET(ミレー)





出展:Z-CRAFT




胸のジップポケットが可愛いです。


ソフトで軽量なダウンのため、夏登山や秋口のトレッキング/ハイキングにも適しており活躍シーンが多そうです。




■人気セレクトショップ


nano universe(ナノユニバース)



出展:ZOZOTOWN




フードの着脱が可能なので、使い勝手がとてもよいです。







united arrows(ユナイテッドアローズ)



出展:UNITED ARROWS






ブランドはダウンといえば!のデュベティカ。


ドンキーネックのスタジャン風で小粋なダウンジャケットです。




beams(ビームス)



出展:ZOZOTOWN




ブランドは前述のエメンティ。


スリムな形で、上品でラグジュアリー感のある表地なので、


綺麗めなファッションが好きな方におすすめです。




urban research(アーバンリサーチ)



出展:ZOZOTOWN




都会的なデザインでニット感覚で着れるダウンです。
冬場にはコートのインナーとして、暖かくなってきたらTシャツの上に。




tomorrowland(トゥモローランド)



出展:ZOZOTOWN






ブランドは前述のタトラス。


スポーティな見た目ですが、コンパクトなシルエットで上品にも着こなせるダウンです。




jurnal standard(ジャーナルスタンダード)



出展:ZOZOTOWN




ぶらんどはノースフェイス。


昨年2014年即完売してしまったモデル。


鮮やかな迷彩柄なので、写真のようなホワイトニットやホワイトパンツと合わせるとおしゃれ。





■その他


paul smith(ポールスミス)



出展・PaulSmith




ポール・スミスのダウンブルゾンは、


カジュアルでもビジネスでも着れるスリムモデル。








いかかでしたでしょうか。


昔はおじさんのイメージが強かったダウンジャケットも、今や冬ファッションの定番です。


おしゃれなダウンジャケットで寒い冬を乗り切りましょう。





2016年2月29日

written

by Duralumin


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop