現在17274個の困ったを解決できます!

2016月9月12日更新

相当なギャップあり!男女が思う「いい女」像の違い5選

10478 views

今年の目標は"いい女になること"です!いい女になってモテるために、どうすればいいでしょうか?(大学2年生・女性)

「いい女」って一言でいいますが、果たしてどんな女性なのか?考えたことがあるでしょうか?


実は男性と女性で同じ言葉でも、イメージに大きな相違があること知っていましたか?


今回は、男性が感じる「いい女」と女性が感じる「いい女」との違いを5つ選んでご紹介いたします。






1.男子は「パーツ」にこだわらない?







女性が考える「いい女」って大体が美人を想像しますよね。


でも男子からすれば鼻の高さとか目の大きさなんて、あまり問題にしていないのを知っていましたか?




男性って元々、女性の外見を細かくみていないのです。


たとえば誰かが髪を切ってきたとします、気がつかない男性はほとんど。


それは無頓着というのではなくて、男性ってイメージでしか女性をみていないのです。


ある日、女性が目を二重にしてきたとします。


女性なら、すぐ気がつきます。「あれっ、目が違う」と。


でも男性は今日は顔がすっきりしているようだな、そんな感じです。




女性のパーツにこだわるのは女子であり、男性は全体のイメージから発せれらるもので「いい女」かどうかを決めているようです。






2.女子には嫌われる気まぐれな女性だけど……





女性からは嫌われる、女子の気まぐれな性格。


でもそんな女子がモテていたりする。


なんで?って感じたこともあるでしょう。




女性から考えれば、何でも相談にのってくれて、世話好きで、正義感があって、そんな性格のよい女性が「いい女」なのにな。


男性って見る目がないんだから。


そう考えている方も少なくないはず。




しかしながら、男性からみれば、女の子の気まぐれさも「いい女」の条件の一つなのです。


昔から、「猫の目のように変わる女がいい女の条件として書かれているように、男性は振りまわされるのがお好きなようです。


男性のオスの本能、ハンティング意識を刺激するのかも知れませんね。




気まぐれな女王様に振り回される男性の心理。


摩訶不思議ですが、個人差、程度の差はあれ嫌いではないようです。






3.ハッキリした女子は嫌われる?


彼のことを好きなあまりに言いたいことをいえない、すべて彼の言いなりになってしまう女子がいます。


好きなあまりに嫌われたくない。


嫌なことも我慢して受け入れてしまう。


こんなに尽くしているのだから、きっと彼は私のことを好きなはず。




はっきり言いますね。


それはいい女ではなくて、都合のいい女になってしまっています。


男性は自分がわがままなことはわかっていても、言ってしまう動物です。


そして、どこかで、お母さんみたいに「叱って」ほしいそんなことを望んでいるのです。


だめなこと、言いたいことははっきり男性に伝えましょう。


芯がはっきりしている女性は男性にとって魅力的な存在です。






4.スタイルの好みも違う


やせなくては、とダイエットに励む女子も多いですね。


しかし、男性が感じるいい女というのは、やせているのではなく、健康的な女性ということです。


男性は女性を見るときに、自分の子孫を残せるだろうか?と本能的なオスの部分があります。


やせていることよりも健康的であるかが重要なのです。


不健康にダイエットするより、健康的な生活をするほうが男性には魅力です。


ダイエットのやりすぎには気をつけましょう。






5.話題が豊富だからと言って……







知的で話題が豊富。


一緒にいるだけで楽しいA子さん、女子には人気の的です。


でも、彼氏いない歴1年。


どうしてでしょう。




男性は会話にキャッチボールは求めますが、自分の知識以上を知っていることは求めていません。


むしろ、黙って聞いていてほしい。


幼稚園から帰った子供がお母さんに何でも報告するように、色々自分のことを聞いてほしいのです。


男性は永遠に子供という言葉を聞いたことがないでしょうか?


黙って、お母様みたいに、優しく微笑んで、聞いてくれる、それが男性の理想の女性です。







まとめ


今回は男性が感じるいい女と女性が感じるいい女についてご紹介いたしました。


随分と違うものだなと思われた部分も多いと思います。


男性目線で考えることも大事ですが、外見的なことに惑わされず、まずは自分軸を作っていくことが、いい女の近道なようです。


がんばれ、いい女予備軍の日本女子!

2016年9月12日

written

by maoyuuka


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop