現在17271個の困ったを解決できます!

2016月4月12日更新

これされるとイラっとする!男子が幻滅する女子のワガママ7選

290 views

男性が思わずいらっとする女性のわがままを紹介してください(大学2年生・女性)



世間では「猫系女子」「小悪魔」など、男性を振り回す女の子が人気のように言われていますが、ただワガママを言えばいいというわけではありません。




それをされたら100年の恋も醒めてしまう…な、ワガママというものがあります。


男子が幻滅しやすいワガママを7パターン、ご紹介します。






1.連絡がマメでないと怒る



常に男女のすれ違いの筆頭に上がると言っていいのが連絡の頻度でしょう。


女子は彼といつもつながっていることを確認したい生き物なので、メールやLINEのやりとりは密にしたいと思うものですよね。


でも、彼にだって学校や仕事で忙しいときはあります。


こんなときに、1日に何回も連絡することを要求したり、即返信を求めたりすると、男性にとっては「自分の邪魔をする女の子」として認識されてしまいます。






2.自分のペースで会いたがる


連絡の頻度と同様、彼の都合を考えずに自分のペースを押し通してばかりいると、だんだんに「疲れる女の子だなあ…」と思われてしまいます。


好きな相手に会いたくなる頻度は、お互いの性格によっても、またそのときの状況によっても変わってきます。


一度自分に合わせてもらったら次は彼に合わせてあげる、という風に、譲る態度を見せましょう。






3.自分を優先してくれないと怒る


これを言うと身も蓋もないのですが、一般的に男性の優先順位は「1:仕事(学業) 2:友だち(趣味) 3:彼女」ということが多いです。


そしてこの順位を女子に崩されることを、私たちが考えている以上に嫌っています。


仕事や友だちづきあいを邪魔するのは、かなりの地雷行動なので気を付けましょう。






4.気分の浮き沈みを彼にぶつける


男性が恋人に求めるものとして「気持ちが安定していること」が挙げられます。


女性は感情豊かな生き物で、その部分を男性たちも愛しているのですが、ネガティブな感情を丸ごとぶつけられるとなると話は別。


子どもっぽい女性だなあと思われてしまいます。






5.おごられて当然の態度



デートの時、男性が支払いをしてくれるのが当然という態度、これは言うまでもなくNGなワガママですよね。


お会計のときは、男性が払うと言ってくれたとしても、自分も支払う気持ちがあることは必ず示しましょう。


そしてどんな小さな金額であっても、「ありがとう」は忘れずに!






6.ワガママばっかり


これはワガママの内容というよりも、彼に対する要求が多すぎるパターン。一つ一つは小さなことであっても、「あれもして、これもして」が積み重なっていけば、どんなに可愛い女性が相手でもやがては限界がきます。







7.感謝が足りない


彼があなたの要求に応えてくれた時、ちゃんと「ありがとう」が言えていますか?


男性は女性のお願いを聞くことで自分の存在価値を実感すると言われていますが、頑張っても感謝されないのでは、モチベーションはどんどん下がってしまいます。






いかがでしたでしょうか?


これじゃあ嫌われるのが怖くてワガママ言えない!なんて悩むことはありません。


小悪魔女子は、相手の気持ちや状況を常に観察して、上手に適度にワガママを言っているからこそ、男子をメロメロにできるのです。


ちょっと無理めなお願いでもとびきりの笑顔と「ありがとう」があれば、男性は思った以上に頑張ってくれたりするもの。


彼の心を上手にくすぐるワガママを身につけて、もっと仲良くなりましょう。

2016年4月12日

written

by 鏡子


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop