現在17271個の困ったを解決できます!

2016月4月21日更新

LINEで告白はアリ?ナシ?告白の成功術と失敗例

1962 views

直接言う勇気はなくて。。。LINEで告白しちゃっていいですかね。。。(大学1年生・女性)

あなたに好きな人がいても、面と向かって告白するのは気が引けてしまう場合もありませんか?

直接会って、片思いの彼に告白する勇気が今一歩踏み出せない。

だから、LINEを使って告白はうまくいくのか疑問に思うでしょう。




そんなあなたのために、LINEでの告白の成功例と失敗例を取り上げ検証してみます。


今回はあなたが本気で愛した男性が"あなたに本気なのか、それともただの遊びなのか"を検証してみます。








成功例1.好きだから付き合いたいとはっきり伝える


どうしても顔を見て直接相手に告白するとなると、緊張して言葉が出てこない可能性があります。


しかし、LINEの最大のメリットは相手の目の前で告白するわけではないですよね。


LINEだったら、あなたも好きな相手に自分の気持ちを素直に言えるはずです。


だからこそ、LINEで相手に気持ちを伝えるのなら、ストレートに飾らないで告白することです。




もし、あなたが曖昧な言葉で濁したとしたら、折角LINEで告白しても効果が半減します。


「好きだから付き合いたい。」とはっきりラインで伝えましょう。








成功例2.返事がほしいことも伝える


あなたがLINEで相手に思いを伝えたら、次に返事もほしいことも伝えたほうがいいです。

その方があなたの真剣さや本気さが伝わるでしょう。また、相手からの返事が返ってくる可能性も高くなります。

せっかくLINEで気持ちを伝えたのに、スルーされたら悲しくなりませんか?


あなたも告白したのなら、相手からの返事はほしいでしょう。








成功例3.要点をついて、短くシンプルに送る


LINEで告白する場合は、だらだらと長く書いて告白することは控えた方がいいです。


相手を好きになったきっかけや相手がどれだけ好きまで伝える必要はないです。


また、相手によってはあなたの気持ちが重すぎると感じてしまったりするでしょう。




「あなが好きです。付き合って下さい。」この一言だけの方が純粋に相手に伝わります。


LINEでの告白は要点をついて、短くシンプルに伝えるようにしましょうね。








失敗例1.ノリで告白する


成功例でも書いたように、LINEでの告白なら、ストレートに告白した方がいいでしょう。


相手が目の前にいないということはあなたもリラックスできますが、ちゃんと気持ちを伝えないと真剣にとられないでしょう。


また、お酒を飲みながら、その場のノリで送った場合、相手も冗談にしかとりません。


あなたの気持ちが本気だと伝わるためにも軽々しいノリで相手に告白するのは控えるべきですね。








失敗例2.絵文字や誤字脱字が多い


あなたが相手に告白して、付き合えた後ならいいのですが、告白の段階で絵文字だらけならどうですか?


相手はあなたが何をしたいのか、また、何を考えているか分からないですよね。



絵文字だらけの告白で真剣にとる方が少ないです。誤字脱字が多いのも考えものです。

ちゃんと文字を送る前には一度、誤字脱字がないか確認してからLINEで送りましょう。









失敗例3.相手が忙しい時間帯に告白しない


当たり前のことなんですが、相手が仕事で忙しい時や時間帯にLINEで告白してはダメです。


でも、直接会って告白するわけではないので、意外とそこまで頭が回らないこともあります。




相手が忙しい時や時間帯にLINEしても、まず見ないですし、最悪の場合、LINEを無視されるかもしれません。


相手が無視するつもりがなくても、とてもLINEを見る余裕なんてありません。


あなたがそれを勘違いして、スルーされたことで振られたと勘違いする可能性もあります。




また、あなたが再度告白する羽目になり、何のために告白したのか分からなくなります。


そのため相手が忙しい時間帯には告白しないよう注意しましょう。
















いかがでしたか?


もし、あなたがLINEで告白を考えてるのでしたら、この失敗例と参考例を参考にしてみて下さいね。

2016年4月21日

written

by naorin


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop