現在17271個の困ったを解決できます!

2016月7月1日更新

街デートではアウト!男性が引いちゃう8つの日焼け防止アイテム

2232 views

今年も日焼け防止対策はばっちり!だけど、周りにどう思われているのかしら。。。(大学3年生・女性)



冬が終わると共に、今年も気になるのが日焼け対策ですよね。


デートの際も、紫外線対策をバッチリほどこして、おでかけする女性が多いですよね。


だけど……どうやら彼は、彼女の日焼け対策にドン引きしちゃっているようなんです……。


まずは、どんなアイテムにドン引きしちゃっているのか見てみましょう。




1.日傘


デートでNGの日焼け対策グッズ - 日傘


画像出典:Amazon




日焼け対策のシンボル的存在の日傘は、男性ウケはイマイチのよう。


人の多いところで傘をさしている彼女に冷めた……なんて声も。


気をつけないといけませんね。


一方、日傘姿に「大げさすぎ!そこまでする?」と引いちゃう男性も多いよう。


傘をさすだけで体感温度も涼しく感じますが、日傘を持つ習慣のない男性には伝わりづらいのかも……。




2.日焼け止めクリーム


デートでNGの日焼け対策グッズ - 日焼け止めクリーム


画像出典:Amazon




年中通して必須アイテムの日焼け止めクリームも、男性から白い目で見られてるかも!?


彼の目の前でクリームを塗り直すと、「クサイ」と不評。


かと言って、トイレで塗り直しても、待ちぼうけする彼は面白くないようで……。




3.手袋


デートでNGの日焼け対策グッズ - 手袋


画像出典:Amazon




手袋=防寒具 という方程式が成り立っているのか、男性から見ると手袋は「暑苦しい」アイテムです。


指先は日焼けだけでなく、年中刺激を受けている部位ですから、大切に保護しましょう。




4.アームカバー


デートでNGの日焼け対策グッズ - アームカバー


画像出典:Amazon




腕全体を覆うアームカバーも、「暑苦しい」「やりすぎ」「大げさすぎ」アイテムの筆頭です。


どうやら男性にとっては、肌を覆う=暑い のようです。




5.サングラス


デートでNGの日焼け対策グッズ - サングラス


画像出典:Amazon




紫外線が目から認識されると、体はメラニン色素の生成を促します。


メラニン色素は体を守るために大切な成分ですが、日焼けの元でもあるので、扱いが悩ましい所。


現在は、UVカット機能のあるサングラスもポピュラーになりましたね。


しかし、一部の男性からは「サングラス」自体がウケが悪いようです。


「調子に乗ってる」「勘違いしている」などなど、否定的な意見が並びます。




6.ストール


デートでNGの日焼け対策グッズ - ストール


画像出典:Amazon




ストールも、手袋やアームカバーと同じ理屈で嫌われています。


すなわち、首に布を巻く=暑苦しい、です。


ストールをマフラーだと思っているようですね。


首にストールを巻いておくと、流れる汗も緩和されます。


使い方も、肩に羽織ったり、腕まで覆い隠したり、緊急事態には頭にかぶることもできます。


女性にとって、手放せないアイテムですね。




7.女優帽


デートでNGの日焼け対策グッズ - 女優帽


画像出典:Amazon




つばの広い大きな、通称・女優帽にドン引きの男性も少なくないようです。


顔だけでなく、首や髪まで紫外線から守ってくれる、女優帽は、すべての女性の見方です。


日傘もダメ、帽子ダメとなると……男ゴコロは難しいですね。





8.長袖・ショール


デートでNGの日焼け対策グッズ - 長袖・ショール


画像出典:Amazon




最後に紹介するのは、長袖のショールです。


もちろん 長袖=暑い という方程式が男性にはありますから、暑苦しくて見ていられないアイテムのようです。


ショールを一枚羽織るだけで、ジリジリと照りつける直射日光から逃れられます。


さらに、流れ出る汗もショールが吸い取ってくれくれて快適です。


一枚、薄めの上着を羽織ったほうが涼しいことを、彼にも教えてあげましょう。






いかがでしたでしょうか?


世の中には、日焼け対策や、衣服による涼の取り方を心得ている男性もたくさんいます。


もし、彼氏が日焼け対策について深く知らないようなら、なにげなく教えてあげても良いですね。


彼も、帽子を被ったり、上着を羽織ったほうが涼しいでしょうし、イライラも軽減されるかも?


直射日光を避け、賢く紫外線対策をしましょうね。

2016年7月1日

written

by banban


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop