現在17274個の困ったを解決できます!

2016月4月22日更新

これは盲点!夜行バス旅の持ち物まとめ

1695 views

夜行バスに持っていくのにあった方が良い物を教えてください(大学2年生・女性)



国内旅行を安く楽しむ方法の一つには、夜行バスの利用がありますね。


夜に出発して、翌朝には目的地につくから、ホテル代も不要になるから、飛行機や新幹線よりも、ずいぶん割安になります。


でも、狭い場所にずっと座っているのは、正直なところ、抵抗感はありませんか?


今回は、そんなあなたに、夜行バスを快適に楽しんでもらうために、盲点になりがちな持っていきたい持ち物をまとめました。



1.長時間でおなかが減るから→飲み物・軽食




当たり前ですが、途中の休憩以外は、ずっとバスの中で座ることになります。休憩のSAが混んでいたり、売り切れていたりしたら、長時間、飲まず食わずになりかねません。


バスに乗る前に、飲み物や食べ物をしっかり買い込みましょう。


この時に、においの強いカレーや、音のするポテトチップスは、周りの迷惑になるので、避けた方がいいでしょう。



2.バスの中は乾燥するから→のど飴、マスク、リップ

バスの中で、朝、目が覚めると、のどが乾いていたり、声が枯れていることがあります。バスの中はエアコンが効いているので、一晩中、乾燥した空気を知らずに吸い込んでいます。のどだけでなく、唇も荒れてしまうことも珍しくありません。


そこで、のどを守る、のど飴や、マスク、リップクリームを持っていくことをお勧めします。口臭が気になる場合には、さらにマウスウオッシュか歯ブラシと歯磨きを持っていくとよいでしょう。



3.足がむくむから→スリッパ




ずっと同じ姿勢をとっていると、足はむくみます。それは、履いている靴に関係ありません。ハイヒールでも、革靴でも、スニーカーでも、足はむくみます。


そこで、靴が窮屈にならないように、バスの中では、スリッパに履き替えることをお勧めします。折りたためるものや、使い捨てのスリッパなら、かさばらずに、便利です。



4.眠りにくくなるから





移動中は、車内は揺れるから、眠りにくくなる場合があります。
そんな時は、眠りやすくなるように、首枕や、耳栓、アイマスクを忘れずに持っていきましょう。
アイマスクは、安いものだと、光を遮る効果がほとんどないものもありますので、しっかりしたものを選びましょう。




5.汗をかくか


乗車直前に着替えない限り、日中着ていた服をさらに一晩中、着続けることになります。
だから、汗をかくことになります。においが気になる場合には、制汗シートを持っていって、気になる所を拭きましょう。





6.盗難が心配だから





最近、増えていると言われているのが、貴重品の盗難です。体から離して、足下においてあったバックから、財布だけすられるなどの被害にあいかねません。
そんな危険を防止するために、財布は、身につけておくか、イスや手すりなどに施錠しておくと、不安がなくなります。
大きめのポケットのついたジャケットや、シャツや、ワイヤーを持っていくと安心です。






いかがですか?
どれも、手に入れるのに負担がかからないものばかりですね。
ちょっとした準備をして、快適に、夜行バスの旅を楽しんで下さい。

2016年4月22日

written

by suncrew46


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop