現在17271個の困ったを解決できます!

2016月5月9日更新

ピース又吉だけじゃない!芸能人が書いた小説10選

1379 views

芸能人の作家デビューが多いですが、過去にどういった方が受賞されているんですか?(大学3年生・女性)

芸能人が書いた小説と言えばピース又吉の「火花」が芥川賞受賞した事はまだ記憶に新しいですが、


「陰日向に咲く」や「解夏」など映像化された作品も多数ありますよね。


芸能人が出版している小説でもまだまだ知らない作品がたくさんあるのではないでしょうか。


そこで今回は「芸能人が書いた小説10選」をご紹介します。




蟻地獄


蟻地獄


画像出典:Amazon




インパルス板倉俊之の書籍第二弾作品。


執筆に2000時間費やした435ページにも及ぶ超大作です。


本作の他にも2作執筆されていて、そのうち「トリガー」は漫画化もされています。


読後レビューでもかなり評価の高い作品です。




14歳


14歳


画像出典:Amazon




千原ジュニア自身が14歳の時の自伝的小説。


開局45周年記念にドラマ化もされています。


引きこもり、将来への不安、苛立ち…


当時の感情がリアルに描かれた作品で、たくさんの世代から支持されています。


定期的に小説を出版しているので他の作品もチェックしてみては?




エスケープ!


エスケープ!


画像出典:Amazon




アンジャッシュ渡部建のコメディ小説。


渡部と言えばどうしてもグルメ本のイメージが強いのですが、


本作はグルメ本よりも先に出版されています。


どこかアンジャッシュらしさを感じる可愛らしく爽快な作風。




風の吹く場所(けしき)


風の吹く場所(けしき)


画像出典:Amazon




SOPHIAのボーカル、松岡充の自伝的青春小説。


主人公の名前は違えど当時の心情が忠実に表現されています。


家族や友達、夢や恋愛。


誰もが感じたあの頃の思いが蘇るような、切ない程爽やかな作品です。


松岡の書く歌詞もとても深く胸に突き刺さり、


それでいて前向きになれるようなものが多く小説にも"松岡節"が表れています。




ピンクとグレー


ピンクとグレー


画像出典:Amazon




NEWS・加藤シゲアキの小説デビュー作。


なんとジャニーズ事務所所属タレントの小説出版は初めてとの事。


今一番ホットな芸能人小説家と言っても過言ではないのでは?


12万部の大ヒットとなった本作は既に映画化もされています。




浅き夢見し


浅き夢見し


画像出典:Amazon




大人気モデル押切もえの初長編小説。


構想・執筆に3年を費やし書き下ろしたオリジナルストーリーです。


何かに迷っている方、日々に少し疲れた方におすすめの小説。


2016年2月には連作短編集も発表し話題になりました。




誰かさんと誰かさんがネギ畑


誰かさんと誰かさんがネギ畑


画像出典:Amazon




意外にもタレント吉木りさが書いた小説。


エッセイでも自伝でもない「小説」に挑戦しています。


恋も仕事も中途半端な女子4人が繰り広げる物語。


ファンの方はもちろんですが全ての女子に呼んでほしい1冊です。


テレビとのギャップにも注目です。




ドロップ


ドロップ


画像出典:Amazon




大ヒットした品川庄司・品川ヒロシの小説。


のちに漫画・映画化もされ話題になりました。


品川ヒロシ自身の体験を元にリアルに描かれています。


不良に憧れ不良になった少年の王道すぎる程王道な不良青春小説。




それでも花は咲いていく


それでも花は咲いていく

画像出典:Amazon




前田健の書き下ろし処女小説。


セクシャル・マイノリティをテーマに描かれた9篇の短編小説集です。


「自分用には作られていない世の中で、一度、負の部分にぶつかって、


それでも前向きに生きている姿、不器用でも生きているということを物語に置き換えて描きたい」


と本人も語っているように深い内容の作品です。





KAGEROU


KAGEROU


画像出典:Amazon




ポプラ社小説大賞受賞で一躍有名になった作品。


著者は齋藤智裕(水嶋ヒロの本名)。


1ページあたりの文字数が少ない為、あまり小説を読まない方は手に取りやすいかもしれません。


自殺や臓器移植のような重いテーマを扱っています。








いかがでしたでしょうか。


しかし芸能人の皆さまは多才な方が多いですね。


今回ご紹介した以外にもまだまだ小説を出版されている方はいらっしゃいますので、


是非お気に入りの1冊を見つけてみて下さいね。

2016年5月9日

written

by ちぃすけ@


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop