現在17271個の困ったを解決できます!

2016月5月10日更新

コスメにもレトロブーム!パケ買い必至の素敵コスメ5選

2688 views

レトロコスメにハマっています。もっと集めたいのでおすすめの商品があれば教えてください!(大学3年生・女性)

レトロコスメの魅力をご存じですか?


レトロでオシャレなパッケージと、長年、世代を超えて愛され続けることが、品質の裏付けにもなっています。


そして、レトロコスメにはプチプラな商品が多いのも特徴!


一度ハマると抜け出せない、レトロコスメの世界を覗いてみませんか?




1.オイデルミン



画像出典:Amazon




「オイデルミン」は100年以上前に資生堂で販売され始めたレトロコスメです。


資生堂カラーの赤い、レトロなデザインが魅力的。


1997年には成分の見直しがなされ、使い心地も良いんですよ。


なんどもリピート買いする熱狂的ファンのいるレトロコスメです。




拭きとり化粧水も!オイデルミン(N)



画像出典:ワタシプラス




オイデルミン(N)はふき取り化粧水です。


レトロで独特の香りがあるので、好き嫌いが分かれます。


価格もプチプラで品質も良く、肌荒れが続いた後など、肌質改善の強い味方ですよ!


コットンにたっぷりオイデルミン(N)を浸して、優しく肌表面を撫でるように拭いましょう。


使い続けているうちに、効果が表れます。




2.シフォネット



画像出典:シフォネット




資生堂の「シフォネット」というブランドをご存知ですか?


現在はフェイスパウダー、マスカラ、リップクリームが発売されています。


ザ・レトロコスメ!なパッケージもとってもかわいい!




フェイスパウダー



画像出典:シフォネット(CHIFFONETTE)|資生堂




フェイスパウダーはベージュ系とピンク系の2色展開。


たっぷりの容量で1500円というプチプラ価格!


テクスチャーも薄付きで上々。


ですが、甘ったるいニオイが気になる人も多いのがたまにキズ。




オートマスカラ



画像出典:シフォネット(CHIFFONETTE)|資生堂




マスカラヘッドもスリムで、細く長くまつ毛が演出できます。


ウォータプルーフやフィルプタイプではありませんが、持ちも悪くありません。


繊細なまつ毛メイクにいかが?


メイクポーチに入れて携帯したくなる一品です。




リップスティック



画像出典:シフォネット(CHIFFONETTE)|資生堂




唇に塗ると、一人一人違うカラーに発色します。


とても鮮やかなカラーで、これ一本で一気に華やかに!


プリプラなのに色落ちしにくく、上からグロスやリップを重ねづけしても良いですね。




3.美顔水



画像出典:明色化粧品




明治時代からの超ロングセラー「美顔水」はもう試しましたか?


毛穴の奥に詰まった皮脂を吸着し、スルンときれいな素肌に!


オイリー肌さんにはもちろん、拭きとり化粧水として使っている人も多数です。


レトロなのはパッケージだけでなく、レトロな香りにも好みはわかれるよう。


「おばあちゃんのニオイ」なんて言われていますが、そこが明治時代からのレトロな証拠でもあります。




4.へちまコロン



画像出典:Amazon




ヘチマコロンは大正時代から愛される化粧水です。


今流行の"弱酸性"化粧水でもあるんですよ。


天然のヘチマ水が使われており、香りもサッパリといい匂い。


コットンでパッティングして使用します。


プチプラだから、顔だけじゃなく全身使いもしちゃいましょう!


復刻版ボトルも発売されており、レトロ感がいい感じですね。




5.ホルモンクリーム



画像出典:Amazon




パッと見、これなに?と思っちゃう人もいるパッケージですね。


ホルモンクリームは、女性ホルモンの成分を使用したクリームなんだそうです。


サッパリとしたテクスチャーで、肌荒れや手荒れにぴったりです。


現代風の、ポップでかわいいパッケージの商品も販売されています。


気分でレトロとポップを使い分けてみるのもいいですね。





さいごに




レトロコスメはプチプラ揃い!?


レトロコスメの魅力って、その価格帯にもあります。


化粧品の開発には莫大な費用がかかります。


例えば大手化粧品メーカーの資生堂なら、150億円もの予算を研究・開発費、そして無菌室などの施設投資費など、莫大な費用が必要です。


化粧品が高価なのも納得ですね。


一方、レトロコスメは数十年前に開発され、すでに開発費用も回収済み。


ですので、どんどん価格が下がってゆきます。


と言っても、最新の設備で製造され、きちんと品質管理されているのは最新コスメと同じです。


安心&プチプラで楽しめるレトロコスメの魅力です。


お気にい入りのレトロコスメを見つけてくださいね。

2016年5月10日

written

by banban


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop