現在17271個の困ったを解決できます!

2016月6月16日更新

就職したい大学院生が在学中にすべき3つのこと

746 views

来年の春に大学院へ進学しますが、そのあとは就職希望です。就活に向けて在学中にすべきことはありますか?(大学4年生・男性)

就職を目指す大学院生©citirecruitment




「就職したい」


そんな希望を持っている大学院生の方も多いでしょう。




でも、世間の目や研究室の目は大学院生には案外厳しいもの。




そこで、在学中にしておいておいたほうがいいことをまとめました。




1.きちんと勉強し、学問での結果を残す


就職の面接で聞かれることとして、


「なぜ大学院に進学したの?」「大学院では何を勉強したの?」ということが挙げられます。




人事や面接担当は、大学卒よりも2年多く学生でいた「理由」を求めています。




中には、「就職が上手くいかなかったから大学院に行きました」という人もいるかもしれませんが、


それは言ってはいけません。




「大卒時にどこからも内定がもらえなかった人」というレッテルを貼られてしまうと、


その後にどんな良い事を言ったとしても、マイナス印象からのスタートになってしまいます。




自分はなぜ大学院に進学したのか?


そこでどんな実績を残したのか?


どんな学会に参加し、どういう発表をしたのか?


どんなプロジェクトに参加し、どんな成果を得たのか?




それは説明できるように、大学院生になったからには勉強をしっかり頑張りましょう。




2.一般の人とのコミュニケーション力が磨かれる経験をする


1とは逆の話になりますが、企業が大学院生を敬遠する理由として、「頭でっかちそう」というものもあります。




「勉強はしっかりしてきたみたいだけれども、理屈っぽくてどうも扱いにくそう」


「真面目でいいけど、なんか堅そう」




そんな印象を与えているのは、「話し方」の可能性が高いです。


教授や研究室の人とだけ接していると、どうしても話し方が「学者風」になってしまいがちで、


それが一般の人には「理屈っぽい」「堅い」と感じられるのではないでしょうか。




アルバイトやボランティアなどの活動で、社会人や子ども、お母さんやおばあちゃん世代など、色々な人と話してみましょう。


いつもの自分の話し方、コミュニケーションの仕方を見直すきっかけになるかもしれません。





3.自分は大学院を出ている、自分は年上というプライドを捨てる


一直線に立つ男性©Martin Hricko




あなたが大学院を出たという事実は、揺るぎないものでし、誇るべきものです。




でも、それが社会で役に立つかどうかは、働いてみて、成果が出ないとわからないものです。


就職すると、高卒も専門卒も短大卒も大学卒も、入社1年目というスタートに立ちます。


全員が切磋琢磨しながら、仕事を覚え、成果を上げるために日々努力します。


そんな中、「私は大学院を出ているから」という誇りが、間違った方向に進んでしまう危険性もあります。




「大学院を出ているから、高卒と同じ仕事なんてしない」は、一緒に働く人に失礼ですし、


そんなことばっかり言っていると、先輩は仕事を教えたくなくなります。




「大学院を出ているのに、こんな簡単なことも出来ないなんて」と思うと、自分で自分を苦しめることになります。




社会に出たらスタートラインは一緒。


仕事を覚えて一人前になったら、大学院で学んだことが生きるかもしれない。




そのくらいの気持ちで働くことが大切です。






いかがでしょうか?




色々と矛盾することが書かれていますが、大事なのはどれも両立させること。




あなたにとって最高の「就職」ができることを心から祈っています。

2016年6月16日

written

by yoshikodokudami


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop