現在17271個の困ったを解決できます!

2016月5月17日更新

気になる相手にアプローチ♡夏デートの誘い方10パターン

2556 views

この夏こそ、気になるあの子を誘いたい…ですがどう切り出したらよいでしょうか?(大学2年生・男性)


一年の中でも盛り上がる夏はみんなでワイワイするのもイイけど・・・


気になる相手をデートに誘いやすくなるイベントが満載!


そこで、今回は気になる相手との距離をグッと縮める夏デートの誘い方をお伝えします。




1.いつもと違った雰囲気を演出!浴衣を着て花火大会へ


夏といえば花火大会!今は、浴衣もレンタルが主流になっているので手軽に着ることができます。


浴衣姿というだけで、いつもと違った魅力があることは勿論、人混みでの密着でドキドキ感がアップすること間違いなし!




2.急なお誘いが意外と嬉しい♪ドライブデート!


ドライブデートはあらかじめ綿密な計画を立てると相手が警戒してしまうので「今日イイ天気だから」とか「隣街でイベントやってるみたい!」などと勢いに乗って誘い出すのがGOOD!


車の中はふたりきりの空間なので、お互い周りの目を気にせずリラックスして話せるのもおススメポイントです。




3.毎日暑い!屋内で涼しいところ・・・水族館に行こう!


夏の屋内デートといえば、水族館は鉄板!ブルーの水槽の中で泳いでいる魚たちは、見ているだけでも涼しい気持ちになれます。


また、水族館は、屋内なので雨の日でも楽しめるイチオシのデートスポットですよね。




4.梅雨の時期は、しっとり映画でも♪


梅雨の時期がきても大丈夫!そんなときはまさに映画デートです。


あまりおしゃべりが得意じゃない!という方でも、映画なら観ているだけなので、そんなに緊張せずに一緒の時間を過ごせます。


また、冒頭の映画予告を観て「次回、あの映画観てみたいね!」といって次に誘いやすい雰囲気作りをしてみてもイイかも。




さて、ふたりっきりでのデートに誘うのはちょっとハードルが高い!という方にも、みんなと一緒にグループで出掛けることから誘ってみてはいかがでしょうか。


ここからは大人数で誘い出す方法も一緒にお伝えしていきますね。




5.夏の定番!海水浴やプールで開放的に♪


夏といえば海!気軽に「みんなで海に行こう!」と発案して誘い出しましょう。


思いっきりはしゃいで、楽しみながらも忘れてはいけないのが気になる相手への気遣い。


大勢でいると、ついつい楽しむのに夢中になってしまいがち。相手のことをよく見て、日焼けや体調に気を遣ってあげると好印象です!




6.バーベキューは、男らしさも女らしさも見せ所


バーベキューでは男性が率先して焼いてくれる姿は頼もしく、男らしさをアピールしてポイントアップ!


また、料理が苦手という女性は、準備や片付けなど出来ることを見つけて積極的に動くだけでもOK。あとは「とっても美味しい!!」と感謝の笑顔を忘れずに。





7.自然に癒されて、気持ちものんびり!山登りやキャンプへ


大自然の中にいくと、普段見るのと違う風景や、時間がゆっくり流れる雰囲気にとても癒されますよね。


日々忙しく過ごしている人なら尚更、都会の喧騒から離れて過ごすだけで新鮮味があって楽しむことができます。




8.スポーツ観戦で汗を流して大興奮!


気になる相手や、自分の好きなスポーツの観戦に行くのも爽やかデートで楽しめます。


大きな声を出したり、汗をかくとストレスも解消にもなりますし、終わった後「ビール飲みに行こう!」とテンションが上がって誘いやすくなるかも♪




9.天気も何も関係ない!今流行りの夏フェスではじける!


雨でも晴れでも楽しめるなら、やっぱり夏フェス!


お互いに好きな音楽の好みがあっても、色々なアーティストが出演するので「趣味が合わないかも・・・」と心配しなくても、大丈夫です。


グッズなどを色違いやおそろいで買ったりして距離を近づけちゃいましょう。





10.イベントに向けての「ちょっとだけ、買い物付き合って!」


みんなでどこかに出かける前などに、「今度のキャンプのときに持っていく帽子を買いたいんだけどちょっと付き合ってくれる?」と誘い出してみましょう。


大勢で出掛ける前にちょっと二人きりの時間を作るだけで、他とは差がつく!効果的な方法のひとつです。




いかがでしたか?


夏のデートは屋外で楽しむところがいっぱい!でも夏は暑いから苦手・・・アウトドア派じゃないという人も、気になる相手が一緒なら、普段よりも開放的な気分で楽しめるはずです。


ぜひ素敵な夏の思い出を作ってくださいね。

2016年5月17日

written

by maime


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop