現在17271個の困ったを解決できます!

2016月5月11日更新

意外とハマる女子多し!意外と知らない「相撲」観戦のキホンまとめ

350 views

友達に相撲観戦に誘われました。基本のルールとか色々教えてください!(大学3年生・女性)


画像出典:日本相撲協会



国際社会の中で、日本の伝統や文化が見直されています。

せっかく日本に住んでいるなら、日本の伝統国技「相撲」も身近に楽しみましょう。


外国からのお客様を「おもてなし」するときにも、相撲は喜ばれるんですよ!




大相撲っていつやってるの?


大相撲は二ヶ月ごと、奇数月に興行が打たれます。


各興行は以下のように呼び分けられています。


・1月 「一月場所」または「初場所」


・3月 「三月場所」または「春場所」


・5月 「五月場所」または「夏場所」


・7月 「七月場所」または「名古屋場所」


・9月 「九月場所」または「秋場所」


・11月 「十一月場所」または「九州場所」




どこであるの?



画像出典:日本相撲協会



大相撲の開催場所も決まっています。

・1月 国技館(東京都)


・3月 大阪府立体育会館(大阪市)


・5月 国技館(東京都)


・7月 愛知県体育館(名古屋市)


・9月 国技館(東京都)


・11月 福岡国際センター(福岡市)


一年を通して東京、大阪、名古屋、福岡を回ります。


お近くの開催場所に足を運んでみませんか?




どうやって観戦するの?


開催場所がわかったら、さっそく相撲観戦に出かけましょう!


まずは、チケットの手配を。


座席は大きく3つの種類があります。


・タマリ席(土俵のすぐ間近)


・マス席(おすすめ!)


・イス席(リーズナブル)




超間近席!タマリ席(溜席)とは


タマリ席は別名"砂被り席"とも呼ばれており、土俵にとても近い席です。


力士が倒れこんでくることもあるので、小さい子どもは観戦できません。


チケット料金は1万5千円前後です。




イチバンおすすめ!マス席(升席)


マス席は迫力の相撲を真近で観戦できるオススメ席です。


自分のスペースも確保されているから、食事をしながらの観戦もOK。


お友だちや家族と、グループでの観戦にもオススメです。


チケット料金は7千円台~1万円前後。




リーズナブルに収めたいならイス席を!


イス席は2階席からの観戦です。


チケット料金も3~4千円台ですから、フラッと気軽に観戦したいときにピッタリです。


2階からの観戦ですが、生で見る相撲の迫力は十分感じられますよ。


イスに座れるので、外国からのお客様を案内にするときにも良いかも?




大相撲観戦のマナーとルール


最低限のルールを押さえつつ、音楽ライブや映画を見に行く感覚で楽しましょう。


会場内へ食べ物の持込みは禁止です。


しかし、会場内の売店で購入したものなら、座席での飲食は可能。


おいしいものを食べながらゆったり観戦しましょう。


写真撮影もOKらしいので、カメラを持参しても楽しですね。




長時間の観戦なので、ラクな服装を!


タマリ席とマス席では、座布団での観戦です。


長時間の観戦になりますから、ラクなパンツスタイルがオススメです。


当然、靴も脱いで席に上がりますから、脱ぎ履きしやすい靴にしましょう。




大相撲観戦のスケジュール


取り組みは午前中から始まります。


丸一日の観戦となるとハードスケジュールなので、初心者さんとは午後からの観戦がおすすめです。


例えば、東京の国技館の場合なら、相撲博物館や国技館の建物を鑑賞してみましょう。


相撲の歴史の重みを感じられるはず。


また、国技館グルメも味わいたいですね。


人気のお弁当はすぐ売り切れてしまうので、早い目にゲットしておきましょう。


ちなみに、国技館では焼き鳥が人気メニューです。




さいごの弓取り式まで楽しもう!


その日の取り組みが終わったら席をたつ人が多いのですが、ちょっと待って!


さいごの「弓取り式」も鑑賞しましょう。


弓取り式では、力士が弓を用いて勝利の舞いを舞うのです。


弓取り式の由来は、平安時代まで遡るそうですから、まさに「伝統」を感じられる時間です。





さいごに


日本の国技と呼ばれる相撲ですが、案外、相撲の観戦経験のある人は少ないですよね。


相撲観戦の料金やマナーを知れば、気軽にフラリと足を運べることを実感していただけると思います。


友達と映画を見に行ったり、音楽ライブへ行くような感覚で、日本の伝統「相撲」を楽しみませんか?

2016年5月11日

written

by banban


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop