現在17271個の困ったを解決できます!

2016月8月30日更新

彼氏もイチコロ♡ お家デートで胸きゅん確実な彼女の仕草 9パターン

22019 views

たまには家デートでも、ドキドキしたいのですが、どうしたらいいのでしょうか?(大学1年生・女性)



今まで家デートでまったり過ごしすぎてきてはいませんか?


お互いだらだらと過ごしすぎてときめきを忘れてしまいがちです。


こうなると男性をドキドキさせるのも難しくなりますよね。


彼女としての自分を忘れないように男性をドキドキさせてみてはいかがでしょうか。


今回は家デートで思わず男性のドキドキが止まらなくなる彼女の仕草9つ紹介します。




彼女が手をつないできたとき



スキンシップをして嫌な男性はいませんよね。


食事の終わったあとなどくつろいでいるときにでも手と手を絡ませてみましょう。




手と手を絡ませるだけでもドキドキしないはずないですよね。






彼女が振り返って笑顔を向けたとき





彼氏にとって彼女のナチュラルな自然な笑顔は見るだけで幸せな気持ちになりますよね。




その笑顔をドキドキに変えるには、彼女が急に振り返ったときにそこにある笑顔が彼をドキドキにさせることでしょう。




例えば、料理をしてるときに振り返って「待っててね~」というだけで自然と笑顔がこぼれるものです。




彼に笑顔を向けて目と目があった瞬間が彼氏をドキドキさせてくれるでしょう。






彼女が恥ずかしい思いをしたとき


彼女にも恥ずかしい間違いを起こすときはありますよね。




そんなとき「間違えちゃった~」とほほを赤らめて手で顔を隠す仕草をすることになります。




そんな彼女の恥じらいを隠す仕草が可愛くて彼氏のほうまで恥ずかしくなってドキドキしてくると思います。




そんなとき彼に抱きしめてもらえると幸せですね。





彼女が足を組んだとき



簡単に言えば彼女がセクシーなときですね。




ミニスカートを履いている彼女が足を組むことになります。




そうなると、ふと垣間見える太もものすき間に男性としては自然と目に入ってしまうものですよね。




女性の胸の谷間につい目がいってしまうのと同じですよね。




たまには彼氏にその仕草を見せてドキドキさせてあげましょう!




チラリズムというものは男性を惹きつけるのに効果てきめんです。






彼女が甘えてきたときの仕草


たまの休日に家デートで映画やDVDを見ていたとき、彼の肩に彼女がくっつき身を寄せ合いたくなるものです。




そんなときの彼女の甘えてきた感じが可愛くって彼氏のほうも身を寄せ肩に手を置きたくなりますよね。




その絵にかいたようなラブラブ感が彼氏のドキドキを生み、幸福感で満たされることでしょう。







彼女がお願いごとをしてきたときの仕草


あなたはお願いをするときどんな表情をしますか?




子犬のような可愛い上目遣いで彼氏にお願いごとをしたら仕方なく何でもしてあげたくなるものです。




そのお願いごともリアルなものではなく、可愛い少女のような願いのほうがドキドキ感がますかもしれません。




それは、「たまにはお姫様抱っこしてベットまで連れてって~」など何気ない可愛いほうがいいですよね。




たまには彼氏にお願いごとをしてみるのもいいことです。







彼女が意地っ張りなときの仕草





彼女が甘えたくても甘えられない人であることもあると思います。




甘え下手な人にとっては意地をはるしかありません。




そんな甘え下手な女性にとっては、ちょっとからかったりしただけでもおこっちゃったりしますよね。




そんなとき、彼氏の顔を隠すようにその場にあったクッションを当てる仕草に彼女の恥ずかしさが伝わってきて


可愛いとドキドキしてきちゃいますよね。




そんな女性らしい仕草が人を可愛く思わせてくれることでしょう。






彼女が顔を近づけてきたとき


彼女が顔を近づけてきたときというのは、キスをするときと一緒で彼氏にとっては照れ臭くってドキドキしてくる仕草だと思います。




彼氏をあえてドキドキさせるには、まず好きな音楽を一つのイヤホンで彼氏と一緒に聞いてみましょう。




彼氏と長く顔を近づけていられる一番簡単な方法かもしれません。








彼女が帰り際に抱きついてきたとき


家デートが終わりに近づいてくると「さよなら」を言わなくてはなりません。




彼女にとっては寂しくなってくるものですよね。




そんな時間が近づいてきたときには、彼女のほうから「帰りたくないよ~」と抱きついてみましょう!




彼にとってはこのような予期せぬアクシデントに戸惑いながらも彼女の可愛さにドキドキしてくるはずです。




彼女にとっては「彼といつまでも一緒にいたい」というアピールの場となります。




最後には「今日も楽しかったからまた来るね」と言えるといい一日の締めくくりになると思います。










いかがでしたでしょうか?




最後まで読んでいただきありがとうございます。




読んでくださる方の参考になれば幸せです。





2016年8月30日

written

by DOLL


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop