現在17272個の困ったを解決できます!

2016月6月1日更新

間食、ダメ絶対!「口が寂しい」を紛らわせる5つの方法

1040 views


お口が寂しい時が多いのですが、うまく対処できるようになりたいです。(大学3年生・女性)




皆さんは、ついつい間食したくなることはありませんか。




近くにあるものを、適当につまんでお茶タイム…


一日三食をしっかり食べてさらに合間にこれをやってしまうと、少しずつ摂取カロリーはオーバーして太ってしまいます。




少しぐらいならいいかと思っても、積み重なると取り返しのつかないことに…


上手に工夫して、間食しなくてもすむようにしたいですね。




それでは皆さんは、いったいどんな時に間食したくなるのでしょう?




答えは「時間のあるとき」。


家にいてちょっとくつろいでいるとき、なんとなくダラダラとテレビを見たりしているとき…




こんなときに、口寂しくなったり休憩を入れたくなったりして、お腹がすいてなくても何か口に入れたくなってしまいがちです。






気分をそらす




それでは、何か他のことをして、時間を埋めてしまいしょう。




おすすめはストレッチやヨガなどの軽い運動です。


これなら気分もスッキリするし、体の循環もよくなって一石二鳥です。




家の中の掃除や、皿洗い、洗濯などの軽い家事もいいですね。


他のことに気持ちがいって間食を防げる上に、家の中もきれいになります。




ほかには手芸やイラストを描くなど、手先を使う趣味もおすすめです。




ポイントは、「手先を使うこと」。




読書やネットサーフィンだと傍らにコーヒーを置きたくなるので、目だけでなく手も使うものがいいでしょう。


雑誌を切り抜いたりしてノートに貼るのも、メイクやファッションのスタイリングの参考にできるのでいいですね。


間食を防いで、さらに美しさもアップします!






寝てしまう





これが意外とおすすめなんです。


寝てしまえば、お腹がすいた~なんて感じなくなります。




それに空腹で寝ることは、ダイエットの鉄則でもあります。



寝ることによって体が消化のためにエネルギーを使わずにすみ、成長ホルモンの分泌を促して、新陳代謝がよくなったり、さらには美肌も狙えます。





軽い飲み物をとる


お水やお茶など、ローカロリーの水分を温めてとるのもおすすめです。




ほっとしてお腹がふくれます。




ダイエットには水分を多くとることも大切ですから、ちょうど良いですね。


飲み物を牛乳や豆乳にしたり、具沢山のお味噌汁にしたりするとさらに満足感がアップします。






お風呂に入る




湯船にゆっくり入って汗をかくと、なぜか空腹感がなくなることがあります。




これは、温まって全身の血流がよくなることにより、副交感神経が優位になるから。




イライラしているとき、食べて「ふ~」とリラックスしたくなりますが、食べる代わりにお風呂に入ってリラックスすることで、「ふ~」と落ち着けます。


食べる必要がなくなるんですね。




これでストレスから来る間食の欲求を、かわすことができます。







食事内容を見直す


意外なようですが、これも大切です。




食事のバランスが悪かったりすると、体が本能的に足りない栄養素を補おうとして、間食したくなったりすることがあります。


必要な栄養素を体に行き渡らせて、体の飢餓感を減らしましょう。




一日トータルで見て、赤、緑、黄、白、黒の五色が食事に入るように気をつけるだけで簡単にバランスを整えることができます。








いかがでしたか。


間食を紛らわせる5つの方法、お伝えしてきました。




無理のない範囲で取り入れて、不必要な間食を避け、美しい体をゲットしましょう!



2016年6月1日

written

by akane


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop