現在17271個の困ったを解決できます!

2016月5月24日更新

SNSでウザがられる「彼氏とのラブラブアピール」7選

2322 views

彼氏との写真をSNSに上げたいのですが、反感を買うのではないかと不安です。
どんな投稿が嫌がれるのでしょうか?(大学1年生・女性)

波打ち際のカップル




はじめに


今では私たちの生活に必要不可欠になった自由に投稿できるFacebookやTwitterなどのSNS。


また、Instagramによる写真の投稿も多くの若者が利用しています。


楽しいことや面白いことを投稿する中で彼との幸せもアピールしていませんか?


この幸せアピールは一歩間違えると見た人に不快感を与えてしまいます。


ここでは、SNSでウザがられる「彼氏とのラブラブアピール」を7つ紹介します。


ぜひチェックして「羨ましがられる、応援してもらえる」ような投稿をしてみてくださいね。




不快感を与える幸せアピールには


「過度な直接的アピール」と「間接的アピール」があります。


では、まず「過度な直接的アピール」から見ていきましょう。






1.ニックネームをつける


SNS上で彼氏や自分のことをニックネームで呼び合い、挙げ句の果てには◯◯カップルのように名前をつける行為。


2人の中で盛り上がることは良いとは思いますが、このいかにも仲が良いアピールに多くの人が不快感を覚えてしまいます。






2.SNS上で彼氏とやりとりをする


SNS上でわざわざやりとりをする行為。


1通、2通くらいなら大丈夫だと思う人もいるかもしれませんが、多くの人はこの行為に敏感で個人的に連絡を取ってほしいと思ってしまいます。






3.あえて変顔でとった写真を投稿する


普通の写真をあげればいいものの、変顔の写真を投稿する行為。


楽しさや面白さを共有したいのか分かりませんが、それが面白いのは本人たちだけです。


写真を投稿するのであれば普通のものにしましょう。






4.ハッシュタグでデートの思い出を語る


夕日の海でキスするカップル




デート思い出を文章で書くには長すぎるので、ハッシュタグで箇条書きにして投稿する行為。


デートで面白かったところを伝えているつもりなのでしょうが、第三者はそのデートを知らないので箇条書きで書かれても面白さは伝わりません。






5.彼氏への感謝の気持ちを投稿する


「いつもありがとう」などの感謝の気持ちをSNS上で投稿する行為。


彼氏への思いであれば、それは彼氏へ直接伝えるべここと。このことに不快感を覚える人は多いです。






次は、控えめに彼氏の存在を匂わせる投稿をすることで不快感を与えてしまう「間接的アピール」です。




6.絵文字で彼氏とのデートであると表現する


彼氏の存在を絵文字で表現する行為。


例えば、彼氏がサルなどの動物に似ている場合は彼とのデート時は最後にサルの絵文字とハートの絵文字をつけるなどするようなこと。


これはわざわざ絵文字で表現せず、彼氏と行ってきましたと投稿したほうが好感が持てます。






7.写真に片隅に彼氏をうつしてデートであるとアピールする


彼氏の身体や持ち物が思わず写りこんでしまった風の写真を投稿する行為。


不快感を与えないように工夫しているのかもしれませんが、それがかえって嫌だと思う人は多いです。







おわりに


いかがだったでしょうか。


見た人に不快感を与えずに彼との思い出を投稿することは意外と難しいこと。


もし、投稿するのであれば、過剰な表現をさせた上で、堂々と投稿するか完全に彼の存在を消し、場所や食べ物だけの写真を投稿するほうが良いと思います。


くれぐれも上記の7つのポイントはしないように気をつけてくださいね。

2016年5月24日

written

by qo6263


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop