現在17271個の困ったを解決できます!

2016月6月10日更新

意外と使いやすいんです!今、「ジェルアイライナー」を見直すべき4つの理由

1203 views

みなさんは「ジェルアイライナー」使ったことありますか?


数年前に登場し、一躍脚光を浴びましたがブームも落ち着いた模様。


一度試しに使ってみたものの、結局前から使っていたペンシルタイプやリキッドタイプに戻った…


なんて人もいるかもしれません。


ですが、ちょっと待ってください。


実はジェルアイライナー、意外と使いやすいんです!


今、「ジェルアイライナー」を見直すべき4つの理由をお伝えします。






1.発色がいい


特にペンシルアイライナーの場合、


芯が柔らかいが故に描いてみるとラインがぼやけたような感じになり、


期待していたような、色見本通りの発色になるまで何度も重ねて描かなくてはいけなくなる…なんてことが起きたりします。




では、こちらの画像をご覧ください。



画像出典:Yahoo!知恵袋




上からジェルアイライナー、リキッドアイライナー、ペンシルアイライナーで描かれたものです。


どうでしょう?


ジェルアイライナーで描かれたものが一番はっきり濃く見えますよね。


一度描くだけでしっかりと色をのせることができるのです。






2.微調整がきく


リキッドアイライナーを使う際、


いざ描くときに手が震えてはみ出してしまったり、


それを直そうと書き足したら思ったよりもアイラインが太くなってしまってアイメイクが台無し…


なんていう経験、一度はあるかと思います。




しかし、そんな失敗の許されない、一度描いてしまうと修正が難しいリキッドアイライナーに比べ、


ジェルアイライナーは微調整がきくのがポイント。




太くも細くも思うがままに描けますし、


ぼかしてアイシャドウとなじませグラデーションを作る、なんてこともできちゃいます。






3.にじみにくく、持ちがいい


速乾性に優れ、皮脂や汗に強いのがジェルアイライナー。




時間が経ってもにじまず、汗をかいたり泣いたりしても


朝描いたラインを1日中綺麗なままキープできるのです。




うっかり目をこすったり、夕方になるにつれ化粧が崩れてきて


アイラインが落ちてパンダ目に、なんてことはジェルアイライナーなら心配ご無用。




化粧直しができない日や


たくさん動いて汗をかいたり水に濡れる日には特におすすめ。







画像出典:CHACO BLOG




海やプールでのレジャー、夏フェスに参加するときなんかにはぴったりですね。




4.形状が進化した


ジェルアイライナーが登場した当初は
ジャーに入ったジェルを筆に取って使うタイプがほとんどでした。


ジェルアイライナーブームの火付け役、ボビィブラウンの「ロングウェアジェルライナー」もそうですね。





画像出典:@cosme





ただ、その形ゆえに、かさばって持ち運びに不便であったり、


ジェルの量の加減が初心者には難しかったり、


乾燥しやすいためすぐにジャーの蓋を閉めたり、ブラシを使うたびに綺麗に拭かなければならないなど


手間が掛かり、扱いが大変でした。




しかし最近はその形状が進化!


ペンシル型の繰り出し式のタイプのジェルアイライナーが増え


ペンシルアイライナーのように簡単に描くことができ、


乾燥などを気にする必要もなくなり、


ポーチに入れて気軽に持ち運べるようになったのです。





おわりに


いかがでしたか?


ジェルアイライナーの魅力がお分かりいただけたでしょうか。




ペンシルとリキッドのいいとこどりなジェルアイライナーで、


ぜひあなたのアイメイクをブラッシュアップ&目力アップさせてくださいね。

2016年6月10日

written

by ウエハラミキ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop