現在17272個の困ったを解決できます!

2016月6月29日更新

普通のお酒とはちょっと違う!?大人の正しいブランデーの飲み方

399 views

ブランデーって、あまり見慣れないのでどのように飲めば良いかわかりません。(大学4年生・女性)



映画では渋い俳優が大振りのブランデーグラス片手にくつろいでいたり、大人のお酒のイメージが強いブランデー。


お酒初心者には少し敷居が高いブランデーは、果実酒を蒸留して作られ、豊潤な香りが特長です。


正しいブランデーの飲み方とは、その香りを楽しむ飲み方と言えるでしょう。


「ブランデーを味わってみたいけれど、どうやって飲めば良いのかよくわからない。」


そんな方のためにオススメの、ブランデーの飲み方をご紹介したいと思います。








1、香りを楽しむならストレート


ブランデーグラスに室温のブランデーを少量入れて、香りと共に味わいます。


グラスに入れるのは、ゆっくりと香りを楽しみながら、30分程度で飲みきる量が適量と言われます。


かつては大振りのグラスに入れたブランデーを、掌で温めながら香りを立たせて飲むのが一般的でした。


現在は製造技術の進歩によって品質が向上したため、そのままでも十分に香りが立ちます。


このような上質のブランデーを掌で温めてしまうとアルコールが揮発して、かえって刺激が強くなってしまいます。


そのためグラスも脚が長く、先端がチューリップのようにすぼまったものが使われるようになりました。






グラスにブランデーを注いだら、まず目でその美しい色を鑑賞します。


そして静かにグラスを回して、立ち上ってくる香りを鼻で楽しみます。


最後に口に含んで喉に流したら、そのまま口を閉じて鼻から息を吐いてください。


こうすることで、ブランデーの華やかな香りを味わうことができます。


この鼻から通り抜ける香りが、ブランデーで最も至福の香りと言われています。





出典:ブランデーダディ








2、水割りやロックは No Good?


フランスを始めとするヨーロッパのブランデー産出国では、水で割ったり氷を入れたりするのは安物に限ってのことで、上質のブランデーにはもってのほかと言われます。


確かにブランデーの命ともいうべき香りは、冷やすことであまり感じられなくなってしまいます。


けれどもお酒を楽しむのに、こういう飲み方をしなくてはいけない、という決まりはありません。


冷たい飲み物が好みであればロックにするのも良いでしょう。







出典:ブランデー専門ページ








ブランデーの水割りはアメリカでは一般的です。


特に女性には、ウィスキーの水割りよりも上品な飲み物として好まれているようです。


水を加える時は常温で、軟水のミネラルウォーターを使います。


硬水や冷たい水を使うとブランデーと馴染むのに時間がかかってしまいます。




「トゥワイスアップ」というウィスキーのティスティングに使われる手法があります。


これは水と酒を1対1の割合にすることで、ストレートの時よりも香りを立ちやすくするのです。


ブランデーの水割りでも、この手法を使って香りを楽しむことができるでしょう。






ロックで楽しむコツは冷えたグラスを使うことです。


氷を入れたグラスにブランデーを注ぎ、ゆっくりとかき混ぜます。


カチャカチャとせわしなくかき混ぜれば早く冷えますが、氷も早く溶けるので水の分量が多くなってしまいます。


できるだけ香りを残すためにも、氷が溶ける前に口に含んだ方が良いでしょう。









3、ソーダ割りやカクテルでも




ソーダ割り


英国ではソーダ割りでブランデーを楽しむことは、王侯貴族や知識人のステイタスとされてきました。


ブランデーを炭酸水で割る「ハイボール」、ブランデーをジンジャーエールで割る「ジンジャー割り」、ブランデーをフルーツの炭酸ジュースで割る「ブランデースピリッツァー」などがあります。


これらに使うブランデーは安価なもので良いでしょう。






トニックウォーターとの相性も良いので、ソーダとトニックウォーターの両方で割る「ソニック割り」というのもあります。






カクテル


「ニコラシカ」はちょっと変わった飲み方をするカクテルです。




細長い足のついたリキュールグラスに好みのブランデーを注ぎます。


その上に砂糖をまぶしたレモンの輪切りを乗せ、レモンをかじりながら一緒にブランデーを飲みます。


甘酸っぱい味わいが口の中をスッキリさせるので、口直しの一杯に良いと言われます。





出典:ブランデー専門ページ






「サイドカー」は飲み口の優しいカクテルです。




ブランデーとホワイトキュラソー、レモンジュースをシェイカーでシェイクして、カクテルグラスに注ぎます。


サイドカーの命名には諸説ありますが、乗り物のサイドカーでは同乗者(女性)が事故に遭う危険性が高いことから、口当たりが良い割りにアルコール度数が高く、お酒の弱い女性が酔いつぶれることにかけた洒落なのでしょう。


飲み口は優しいけれども、実は「女殺し」の異名を持つ、ちょっと物騒なカクテルでもあります。





出典:ウィキペディア






「ジャックローズ」はスッキリと甘酸っぱい味わいのカクテルです。




アップルブランデー(カルヴァドス)とライム(レモン)ジュース、グレナディンシロップをシェイクしてカクテルグラスに注ぎます。


アメリカではアップルブランデーのことを「アップルジャック」と呼び、アップルジャックで作ったバラ(ローズ)のような色合いのカクテルというのが名前の由来だそうです。


華やかな香りと見た目の美しさから、女性に人気のカクテルです。





出典:サントリー








ブランデーは温かい飲み物にも良く合います。




ブランデーをお湯で割るのも良いでしょう。


香りのないお酒ですとアルコール臭がきつくなってしまいますが、ブランデーの香りはお湯で割ることで、ますます華やかさが増します。



紅茶にブランデーをひとたらしすれば、アルコールに弱い方でも香りを楽しむことができるでしょう。「カフェロワイヤル」はコーヒーにブランデーを染み込ませた角砂糖を落とします。

あのナポレオンも愛飲した飲み物です。


角砂糖にブランデーを染み込ませた後、火をつけて青白い炎を楽しむ演出でも有名ですね。





出典:カクテルレシピ検索














いかがでしたでしょうか。


香りを楽しむ大人のお酒ブランデー。


正しい飲み方と言っても堅苦しく考えることはありません。


節度を守って、じっくりと味わうのが大人の飲み方と言えるのではないでしょうか。





2016年6月29日

written

by urikyutsuku


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop