現在17271個の困ったを解決できます!

2016月8月8日更新

これってあるある?カップルが悩みがちな5つのコト

2190 views

うちの彼氏、デートは絶対割り勘なんですけど、世間的にもそういうもんなんですかね?(大学1年生・女性)



付き合い始めてから色々と悩んでることはありませんか?


「こんなことで悩んでるのって自分だけかな?」と思うような悩みも多いのではないでしょうか?


なかなか相談できないことや、答えがあやふやなこともあると思います。


そこで、他のカップルはどのようなことで悩んでいるのだろうというところから、悩みがちなことのあるあるを調べてみました!




割り勘?


これは男子も女子も悩みませんか?


「お互いバイトしているから、割り勘でも良いかな?」とか男子は「男持ちが当たり前なのかな?」、女子は「付き合い始めてからしばらく経つしそろそろ私も払った方がいいのかな?」などと悩んだことはありませんか?


面と向かって話し込むと気まずいですし本音は出で来ないので、お会計の時に「半分出すね」と女子側から言ったり、男子は「今回は俺が出すから、次の時は半分出してもらおうかな」などと言ってみてはどうでしょう。


お互いに学生である以上、社会人のように一定の収入があるわけではないので、お互いの負担にならないように「割り勘」というのが当たり前ではないでしょうか。


ただし、初めてのデートでは男子側が奢ってあげたり、多めに支払ってあげることが多いです。


それに対して女子は断固割り勘の姿勢をとってしまうと、男子の面子を潰してしまうので注意してくださいね。


お財布を出して払う姿勢を見せるだけでも、男子は「気持ちだけもらっておくよ」という気持ちになるはずです。


長く付き合っていくうちに自然と支払いスタイルが定着してくると思うので、それまではお互いのことを考えて行動してくださいね。




毎日ずっと一緒って…


ゼミやサークル、授業など全て一緒にしていたりしませんか?


今までの教育課程とは違って自由に授業を選べるので、カップルは同じ授業を選ぶということも多いかと思います。


しかし、本当にお互いに必要なことなのかしっかり考えましょう。


お互いにやりたいことは異なりますし、自分ひとりの時間を作ることも大切です。


せっかく学びたいことがあって選んだ大学なのですから、相手に遠慮せずに自分のやりたいことをやりましょう。


話してみると案外相手も同じ気持ちかもしれませんよ。




就活の時期は距離を置く?


就活に関するセミナーなどが増えてくると急に忙しくなってきますよね?


今まではお互いに時間に余裕があるから都合のつく日に遊んでいたけれど、今はなかなか会えない…そんな風に悩んではいませんか?


確かに就活が本格化してくると、誰でも自分のことで手一杯になってしまします。


カップルでも目指す方向が違うことは当たり前ですし、お互いの就職先を相手に左右されるというのもおかしな話ですよね。


目指す方向が違うということは活動内容も活動時間も違うので、お互いのスケジュールにずれが生じてくるのは当たり前です。


つまり、会う時間が減ってしまうのは必然的なことなのです。


そこで、「会いたい」「時間を作って」とお互いに要求しあうと、ストレスが溜まったり疲れてきたりしてしまい、別れるという結果になることも少なくありません。


また、就活もして恋愛にも時間を割いてとやっているうちに、お互いに疲れてしまいます。


いずれにしてもお互いに余裕がない時は、別れを招いてしまうことも有り得るので、少し距離を置いた方が良いかもしれません。


きちんとお互いに本音で話し合って決めて下さいね。




大学卒業後、将来はどう考えている?





意外に多かったのがこの悩みです。


「大学を卒業するのを機に別れた方が良いの?」という疑問が多いのです。


これと対照的な質問で、大学生カップルは結婚についてどう考えているかというアンケートに対して「今の相手と結婚したい」という回答が多いようです。


将来についてはやはり当人同士でしっかりと話をして決めるべきですね。


お互いに新しい環境に出るからといって必ずしも別れなければいけないというわけではありません。


今まで付き合ってきたからこそお互いのことを理解しているので、励ましあって新生活を乗り越えていけそうだなという感じもしますね。





まとめ


いかがでしたか?同じような悩みはありましたでしょうか?


お互いに同じことで悩んでいるときもあると思いますし、片方が悩んでいても同じことが言えますが、やはり二人で話し合うことが一番大事ですね。


伝えたいことを伝えあって解決していくことで、カップルの絆は強くなっていくはずです!

2016年8月8日

written

by lilalilanako


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop