現在17271個の困ったを解決できます!

2016月6月28日更新

アニメを観ない人でもハマる!夏休みに観るべき、感動のオススメ作品7つ

339 views

アニメ普段見ないのですが、挑戦してみたいです。おすすめはありますか?(大学3年生・男性)

今や海外でも人気の高い日本アニメ。


映画ランキングも上位をアニメが占めていたりしますよね。


でも実際アニメをあまり観ない人がいるのも事実。


そこで今回は感動のオススメ作品をご紹介します。


普段アニメを観ない人でもハマっちゃうかも!?


涙必須の名作がアニメにはたくさんあるんです!








1.夏目友人帳


夏目友人帳


"妖(あやかし)を見ることができる少年・夏目貴志が祖母の残した「友人帳」を手に、


招き猫の姿をした妖・ニャンコ先生と繰り広げる妖しく、切なく、懐かしい あやかし譚"




出典:Amazon




著者はこの作品を観ると涙が止まりません…。


切なくて温かい、そしてどこか懐かしいような。


とても素敵な作品です。


大人気シリーズの為、今秋には第5期の放送が決定しています。






2.ちはやふる


ちはやふる


"繊細なタッチとはうってかわり、熱く迫力のあるシーンや家族、


友情も題材とした内容から男性読者からも支持を得ている、「競技かるた」を題材に描いた青春ストーリー!"




出典:Amazon




実写化もされているので知っている人も多いですが、


主人公達の一生懸命で熱い姿に感動します!


こんな青春時代を送りたかったなぁと思わせてくれる作品です。






3.四月は君の嘘


四月は君の嘘


"母の死をきっかけに、ピアノが弾けなくなった有馬公生。


ある日、幼馴染みの澤部椿に紹介された宮園かをりとの出会いを境に、彼の生活が色づき始め…。"




出典:Amazon




様々な苦悩を乗り越えて成長して行く主人公達。


最終回は号泣必須です。


最後にタイトルの意味が分かり涙が止まりません…。






4.東京マグニチュード8.0


東京マグニチュード8.0


"夏休みに入ったばかりのお台場。中学1年生の未来は、


弟の悠貴に付き合わされロボット展を見に来ていた。


はしゃぐ弟を横目に、反抗期真っ盛りの未来は退屈そうにケータイをいじっている。


「毎日毎日ヤなことばっかり…。いっそのこと、こんな世界、壊れちゃえばいいのに」


そう思った瞬間、突然地面が激しく揺れた。東京を襲った、マグニチュード8.0の海溝型大地震。


連絡橋は崩れ落ち、東京タワーは倒壊―。一瞬にしてすべてが変わった東京。


未来は悠貴の手をひき、お台場で出会ったバイク便ライダー・真理の力を借りながら


世田谷にある自宅へ向かう。果たして3人は無事に家に帰ることができるのか―。"




出典:Amazon




他人事とは思えないとてもリアリティのあるアニメ。


世代関係なく是非見て欲しいアニメです。






5.秒速5センチメートル


秒速5センチメートル


"小学校の卒業と同時に離ればなれになった遠野貴樹と篠原明里。


大雪の降るある日、ついに貴樹は明里に会いに行く決心をする。"




出典:Amazon




切ない。とにかく切ない。胸が苦しくなる程、切ない。


映像がとても綺麗でアニメに抵抗がある人でも見やすい作品です。


ただ同じような想いを抱えている人には正直辛いです…。






6.一週間フレンズ。


一週間フレンズ。


"高校二年生の長谷祐樹は、普段から人と関わろうとせず、いつもひとりでいるクラスメイト、


藤宮香織と友達になりたいと思い、彼女に話しかける。


だが、彼女は「私、友達の記憶…、一週間で消えちゃうの…。」とそれを拒む。


少年との想い出を失い続ける少女と、その思い出ひとつひとつを紡ぎあげていく少年――。


たくさんの"切なさ"と"ひたむきさ"が詰まった、珠玉のストーリー。"




出典:Amazon




温かい気持ちになるとても優しい作品です。


「友達」の大切さを改めて気づかせてくれます。


EDの主人公、香織が歌う「奏」がまたいいです!







7.バジリスク ~甲賀忍法帖~


バジリスク~甲賀忍法帖~


"甲賀の弦之介と伊賀の朧は両家を縛る宿怨の鎖を断ち切り、共に生きることを誓うのだが…。"




出典:Amazon




それぞれの想いを胸に戦い続ける…。


そして最終回は息が詰まる程に切ないです。


男性にも女性にもオススメしたい作品です!










いかがでしたか?


夏休みは涼しい部屋でアニメをまとめ見もいいですよね。


是非お気に入りの作品を見つけて下さい。

2016年6月28日

written

by ちぃすけ@


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop