現在17271個の困ったを解決できます!

2016月8月7日更新

感動の青春がここに。夏の甲子園観戦を楽しむための7つのコツ

233 views

はじめて甲子園に高校野球の試合を見に行くんですが、楽しむコツってありますか?(大学1年生・女性)


画像出典:じゃらんnet




夏といえば海?バーベキュー?夏フェス?


いやいや、みなさん「高校野球=甲子園」をお忘れではないですか?


全力で戦う高校球児たちの姿には、いくつになっても胸を打たれますよね。


テレビ中継で見たことがある方は多いと思いますが、「一度は生で観戦してみたい」という方もいるはず。


そこで今日は夏の甲子園観戦を楽しむための7つのコツを、野球大好きの筆者がご紹介いたします。






1.装備は万全に


夏の屋外ですから、日射し・暑さ対策は必須。


帽子やタオル、日焼け止め、水分補給のための飲み物は持っていきましょう。


缶・ビンは持ち込み不可なので水筒やペットボトルで。


また突然の雨もあり得るのでレインコートもあると安心。


傘は周りの迷惑になるので場内では差すことができません。




また選手の動向や試合展開をより楽しみたいのであれば


双眼鏡・オペラグラスやポータブルラジオを持っていくと役立ちます。






2.出場校の情報をチェック


各都道府県の代表校やトーナメントの組み合わせを事前にチェックしてみましょう。


大会間近になるとメディアでも特集が増えます。


注目の学校や選手のことを知っておくと、より観戦にも熱が入ることでしょう。


また大会ごとに選手名鑑やガイドブックも発刊されるので、そちらに目を通すのもいいかと思います。






3.応援するチームを決める


どのチームにも肩入れせずニュートラルな目線で観るのもいいですが、


せっかく生で観戦するならば試合ごとに応援するチームを決めるのはいかがでしょうか?


自分の出身地や現在住んでいる都道府県、家族や友人に縁のあるところ、注目選手がいるチーム、など


理由はなんでもいいので応援するチームを決めると、より試合に熱中できるでしょう。






4.どの席で観るか決める





画像出典:阪神甲子園球場




次に、どの席で観るか決めましょう。


観戦に行く日がすでに決まっている、確実に座りたい、という方は前売り券を買っておきましょう。


ただし前売り券があるのは「1,3塁特別自由席」のみなので注意。




それ以外の席に座りたいという場合は当日券になります。


注目の対戦カードがある日などは満員になることもしばしばなので


なるべく早い時間に行った方が吉です。




入れ替え制で一試合しか観戦できないことにはなりますが、


アルプス自由席で各校の応援団と一緒になって応援する、というのも楽しみ方のひとつ。


貴重な経験と思い出になることでしょう。




ちなみに外野席は無料です。




チーム毎の1塁側・3塁側の割り振りも貼り出されているのできちんとチェックしてから入場してくださいね。






5.グルメを楽しもう



画像出典:阪神甲子園球場




いわゆる「球場めし」も観戦の楽しみの一つですよね。


甲子園球場にも名物グルメがあります。


それが「ジャンボ焼鳥」「甲子園カレー」「甲子園焼きそば」


お友達とシェアして制覇しちゃいましょう。




もう一つの名物といえば「かちわり氷」





画像出典:asahi.com




ポリ袋に一口サイズの氷が約400g入ったもので、


袋に入れたまま体に当てたり飲み物を冷やし、溶けたらそのまま飲める一石二鳥な商品。


炎天下の甲子園でぜひ体感してみてください。






6.甲子園歴史館に行ってみよう



画像出典:阪神ロケーションズ




時間に余裕があれば「甲子園歴史館」に足を運んでみるのもいかがでしょうか?


レフト外野スタンド下にあり、高校野球、阪神タイガース、阪神甲子園球場の歴史を知ることができます。


特に4253球の白球を並べた「ボールウォール」は圧巻。


記憶に残っている名勝負の思い出に浸るのもいいですね。






7.大会記念グッズをお土産に



画像出典:阪神甲子園球場オンラインショップ




毎大会、記念のグッズが発売されます。


写真のマフラータオルだけでなく、


全出場校名とロゴの入ったボールペンや、各出場校名と校章が入ったストラップなどラインナップも充実。


観戦の記念にぜひどうぞ。







甲子園で最高の夏の思い出を


いかがでしたか?


これらのコツを活かせば、観戦をより楽しめること間違いなし。


みなさんにとってこの夏のステキな思い出の一つとなりますように。

2016年8月7日

written

by ウエハラミキ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

学生生活記事ランキング

pagetop