現在17271個の困ったを解決できます!

2016月7月24日更新

彼氏が浮気してるかも?とピンときた時に相手が誰かを調べる10のテクニック

1311 views

彼氏が浮気しているかもしれない…と感じたときに、あなたならどうしますか?


浮気しているかどうかだけを調べますか?


実際浮気をしているとなると相手が誰なのかっていうのはとても気になると思います。


どんな相手で、自分とはどう違うのか…それを知ってどうするというわけではないのですが、知らずに終わるのはなんだか後味が悪いですよね!


そこで、相手がだれかを探るためのテクニックをご紹介します!




1.カマをかける




これは一番オーソドックスな方法です。


思い当たる女の子の名前を挙げて「最近○○ちゃんと仲良いよね~。友達も一緒に歩いてるの見たって言ってたんだよね~。」などとそれとなく聞いてみます。


その時の彼の反応を見てみましょう。あたふたしていたらアウトです!




2.彼と仲が良い男友達に聞いてみる


彼の親友などに最近の彼について聞いてみましょう。


「最近彼が仲良くしている女子っている?」などのようにまずはざっくりと。


そして「彼の態度がおかしい…」「最近冷たい」「遊んでいない」と寂しい雰囲気を出して言ってみて下さい。


さすがに親友でもその彼女がこんなに悩んでいるのを目の当りにしたら、少しでも情報を提供してくれるはずです。




3.LINEやFacebookなどの投稿から探る


彼の行動はもちろん彼の行動とシンクロする投稿を探すのです!


さすがにこんなヘマはしないだろうと思いますが、男って単純なんです。


嬉しいことは誰かに話したくなっちゃって、テンションが上がっているときは肝心なことは忘れてしまします。


その時がチャンスなんですよ。




4.彼だけではなく自分のLINEやFacebookも確認する




残念ながら、彼の浮気相手があなたの友人ということもあり得ます。


彼と浮気相手が用意周到で、LINEやFacebookで繋がっていない場合は、自分の友達の投稿から様子を探ってみましょう。


彼の予定と友達の投稿内容を照らし合わせてみるのです。


メールだけで繋がっているのであれば少々厄介ですね。




5.友達に尾行してもらう


自分で後をつけると気づかれる恐れがあるので、あえて彼が知らない自分の友達に頼んで尾行してもらいます。


浮気相手が友達の知っている人だといいのですが、知らない場合は最悪写メなどを撮ってきてもらうしかないですね!


他には大胆に「あれ~?○○の彼氏さんでよね?そちらは…?」と突っ込んでもって、紹介を促すなど友達にはかなりの重労働になりますが、あなたのためなら頑張ってくれるでしょう!




6.飲み会を開く




これは彼とあなたの共通の男友達の協力が必要です。


彼の友達に彼を飲みに誘ってもらって、酔ってきたころにそれとなく話を振ってもらいましょう。


お酒が入ると本音が出やすくなります。




7.彼の家に突撃訪問する


いきなり部屋に行ったら片付ける暇もないので、何らかのヒントはあるかもしれません。


レシートなどがあれば「あれ?これって誰と出かけたの~?」とさりげなく聞けるので要チェックです。




8.彼ママに聞く


彼ママと仲が良い場合は、何らかの情報を聞き出せる可能性が高いです!


「最近、他の女の子となかが良いようなので心配なんです…」と言えば、あなたを気に入ってる彼ママなら協力してくれるでしょう。


また、彼が実家暮らしなら「最近女の子の友達を連れてきましたか?」と聞いても良いですね。




9.彼に紹介してもらっていない友達に自分を紹介してもらう


あなたがまだ会ったことのない友達なら、彼の浮気相手の方が先に合っている可能性もあります。


「あれ?前連れていた子は?」なんて正直に暴露してしまうこともありますよ。


そうでなくても、徐々に仲良くなって情報収集できるかもしれません!




10.自分で尾行する


こうなったら最終手段は自分で尾行しちゃいましょう。


友達に頼んだり、遠回しなことをしても、結局は自分の目で確かめないと相手がどんな人か、自分の知ってる相手かなどはわかりません。


もやもや考えているのが嫌な人は、自分の目で確かめて下さい!





まとめ


いかがでしたか?



今まで悩んでいた人は、実践してみて下さい。

ただし、協力してもらう場合は絶対に信頼できる人に頼みましょう。


彼に頼まれて見方をしている人もいるはずです。


そこの見極めが出来れば、きっと相手が判明するはずです!



2016年7月24日

written

by lilalilanako


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop