現在17271個の困ったを解決できます!

2016月8月16日更新

え、脈アリじゃなかったの!?男性の思わせぶりな言動7選

1571 views



最近いい感じの男性がいますが、脈ありかどうかが良く分かりません。
もしかして勘違いなのでしょうか…(大学2年生・女性)

アンニュイな表情の女性




てっきり、相手も自分のことが好きだと思って告白してみたら、フラれた…なんて経験ありませんか?


男性のどんな言動が脈アリだと思わせるのでしょうか?


男性の思わせぶりな態度に振り回されないためにも、上位を占める勘違いしてしまう言動をピックアップしてみました!






1.メールやLINEの返信がとても早い


何か連絡をするとすぐに返事が返ってくる!


これって相手が私だから?と勘違いしてしまいそうになりますが、実は携帯をよくいじっている男性にはありがちなことなんです。


携帯のアプリやネットなどをしているときに、メールやラインの通知は上部に出てきますよね?


忙しくなければ自然とすぐに返そうと思うはずです。


それを勘違いしてしまわないように注意しましょう。


しかし、男性側から連絡をしてくるという場合は少し期待しても良いかもしれません。






2.好きな人や彼氏の有無を聞いてくる


これを聞いてきて好きじゃないってアリ!?と思いますよね?


実はアリなんです。男性がそれを聞くのにはいくつかのパターンがあります。


一つ目は、彼の友達の中にあなたのことを好きな人がいる。


二つ目は、ただ聞いてみただけ。


三つ目は、あなたのことが気になっている。など、様々な可能性があるんです。


できれば、脈アリと信じたいところですが、相手の男性の言動をしっかり見極めていきましょう。






3.ボディタッチが多い


女性の腰に手を回す男性




何かにつけて触ってくる…きっと好かれているんだ!と思いますよね?


好かれているのは好かれているんだと思いますが、女として見られていない可能性も高いです。


まるで男友達のように気を遣うことなく接することが出来るから、気軽に触れることも出来るというパターンも考えられます。


よく「好きな子は大事にしたい」という男性が多いと耳にしますよね?


大事にするからこそなかなか触れることが出来ないということもあるんですよ。






4.「可愛い」と言ってくる


こんなことを言われると誰でも脈アリと思っちゃいますよね!?


しかし、これもそうじゃない場合も考えられるんです。


彼の言動に注意してみましょう。あなた以外の他の子にも「可愛い」「キレイ」と言っていませんか?


常にそのような褒め言葉を使っている男性は、挨拶をするかの如く自然に使う言葉なんですね。


自分だけに使われているのかどうかを確認してみて下さい。






5.いつも紳士的な態度を取る


ドアを開けてくれたり、椅子を引いてくれたり、重いものを持ってくれたり…まさに英国紳士のようなレディーファーストが炸裂している!


これは脈アリでしょ!と思いきや、しっかりと観察してくださいね。


他の女の子にもしていませんか?


レディーファーストが身についている男性はどんなときにもどんな女性にも、それが当たり前になっていることが多いんです。


自分だけに向けられている姿勢なのかをしっかり見て下さいね。






6.いつも一緒にいる


2人で歩く男女




授業も一緒、サークルも一緒、ランチも一緒…これって付き合ってるの?と、感じたことはありませんか?


かし、残念ながら異性として意識されていない可能性もあります。


まさに男友達と同じレベル!自分自身をさらけ出していられる相手っていうのは一緒に居ても楽ですよね?


それが同性でも異性でも同じことなんです。


だから、あなたがただの友達でも、気を許せる中なら一緒に居ても疲れないから楽!ということで、いつも一緒に居るのかもしれません。






7.ちょっかいをかけてくる


すれ違ったときや授業中など、会うたびにちょっかいをかけてくる男性っていますよね。


好きな子はいじめたくなる精神なのか…?と思いそうですが、ただ単に反応が面白いからちょっかいをかけてくるということもあり得ます。


男性がどんな時にちょっかいをかけてくるのかを見て下さいね。


男友達に県政の意味を込めてちょっかいを出してくるなら脈アリ、ただ単にかまっているだけならいつでもどこでもということで脈無しかもしれません。







まとめ


いかがでしたか?女性側には思わせぶりな態度に感じられるようなことでも、男性側にとって深い意味はないことが多いんです。


男性側の行動をしっかり見て、好きなのか思わせぶりなだけなのかということをしっかり見極めていきましょう!

2016年8月16日

written

by lilalilanako


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop