現在17271個の困ったを解決できます!

2016月8月16日更新

可愛すぎる…!女友達と遊びに行く彼への「嫉妬セリフ」5パターン

1040 views

私の彼氏は顔が広くて、女友達と遊びに行くことも多いです。
いつも不機嫌になってしまうだけなので、可愛いすね方があったら教えてください。(大学2年生・女性)

泣きそうな赤ちゃん




なんで私という彼女がありながら、女友達と遊びに行くの!?と怒りに震えてはいませんか?


しかし、男子にとっては女友達は「友達」というカテゴリーの中の一人にすぎないのです。


それ以上でもそれ以下でもないのですね。


だけど、相手の女友達は彼に気があるのかもしれない…と不安になったり、やきもちを妬いたりもしちゃいますよね?


そこでもめたくない、重い女に見られたくないというあなたはこんな手があります!


可愛いセリフで嫉妬も嫉妬と感じさせない「嫉妬セリフ」を使いましょう。






1.「行かないでほしいなぁ…な~んてね!」


きっと本音は「行かないで!」ですよね?


しかし、それを言ってしまうとケンカの火種になったり、重い女…と思われてしまうので絶対に言いたくないはずです。


そんな時はこのセリフをうまく活用してください!


まずは視線をそらして俯きながら「行かないで欲しいなぁ…」といった後に、パッと顔をあげて「な~んてね!」と少し寂し気に笑ってみて下さい。


そうすれば、彼は行くのをやめようかと思うぐらいあなたを愛おしく思うはずです!


冗談っぽく言うのがコツですが、100%冗談に取られては言った意味がありません。


なので、嫉妬と寂しさの意味を込めて「少し寂しいけど…」なんて付け加えてみると、可愛さ倍増です!


とにかく、嫉妬の気持ちもあるけれど寂しい気持ちもあるんだよということを可愛く伝えるのがポイントですね。






2.ぴったりくっついて「嫉妬と寂しさで心身ともに消耗しそうだから充電!」


いきなりくっつかれると、ドキッとしちゃいますよね?


加えてストレートに気持ちをぶつけられれば可愛いもんです!


気持ちを押し殺してクールに振る舞うよりも、嫌だという気持ちを素直にみせつつも遊びに行かせてあげるという彼女の方が断然可愛く思えるはずです。


こうすることで、女友達と遊びながらも彼の頭の中はあなたでいっぱいになりますよ!






3.少しぷりぷり怒りながら「帰りは真っ先に会いに来てね!」


すねる女の子




出かけることに対しては不満だけれど許してあげる…その代わり、帰りは自分のところに来ること!と強気な発言のように聞こえますが、嫉妬と寂しさで心はいっぱいなんですよね。


それが彼に伝わるような発言がこれですね。


ちょっと機嫌が悪そうだけど、寂しいんだろうな…と考える彼はきっとあなたのことが可愛くて仕方ないはずです。


あまりにも怒りを露わにしていると彼には引かれちゃうので、ちょっとだけ嫉妬で怒っているんだよということが伝わる程度にうまく表現してくださいね。






4.「私も女友達ならよかったぁ…」と寂し気に!


女友達と遊ぶんだったら、自分も女友達になればあそべるので遊べるのでは…!?という単純な思考に彼もびっくりですが、そうまでしても自分と一緒に居たい&やきもちを妬いてくれるんだな…と愛され感がしっかりと伝わる一言です。


嫉妬しているからこそ出てしまう言葉なのに、これを言われた彼は思わず笑っちゃうはず!


しかし、やきもちを妬いているというのも伝わるはずですよ!


波風立てたくない人にはオススメの一言です。






5.とても言いづらそうに「…私より可愛い子?」


女友達って可愛いのか、キレイなのか…っていうのは正直気になるとこですよね?


しかし、ケンカ腰に「その子って私よりも可愛いの!?許せない!」という態度ではケンカになるのが落ちです。


そこで、聞きたくても聞きづらい…けど聞いちゃおう!っていうのがわかるような姿勢で「私よりも可愛い子なの…?」と聞いてみましょう。


その言葉には嫉妬や不安などが織り交ざっているのを彼もきっと察知してくれるはずです!


そんな彼女を可愛いと思わないはずがありません。


もじもじしながら聞いてほしいのですが、あまりにじれったいと彼もイライラしてくる可能性もあるので注意です。







まとめ


いかがでしたか?女友達と出かける彼に何も言えなかった人はぜひ、これらを活用してください。


彼女はあなたなのですから、やきもちを妬くのは当然なんです。


だからちょっぴり可愛くその気持ちを伝えたって罰は当たりません!


ケンカにならないように、でもしっかりと自分の嫉妬を伝えましょう!

2016年8月16日

written

by lilalilanako


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop