現在17271個の困ったを解決できます!

2016月8月18日更新

距離を近づけるだけじゃ不十分!カラオケデートでのモテテク6選

438 views




大人数でのカラオケ、デートでのカラオケ、部活やバイトの集まりでのカラオケ。


カラオケにもいろんなシチュエーションがありますが、共通したモテテクというものが存在します。


これを実践しているかしていないかで、貴女の恋路はガラッと変わりますよ!


今回はそんなカラオケデートで注意しなければならないポイントをお教えします。




1.歌のチョイスに気をつける


普段、カラオケでなにを歌いますか?


友達と楽しむ分には一向にかまいませんが、ハードロックやデスボ、低い男性歌手の歌などは、あまり異性にはウケません。


むしろドン引きされてしまいます。


流行の歌か、青春時代に流行った歌などを中心にチョイスしていきましょう。


もしくは、デュエット曲でもいいかもしれませんね。




2.歌の前後でコメント


自分が歌っている最中にケータイをいじられたりして気持ちのいい人間はいません。


相手の歌を聞いてあげるのはマナーですよね。


ですが、それだけでは足りないのです。


相手が歌うタイミングでコメントを入れてあげましょう。


歌う直前なら、タイトルが画面に移った時点で「この歌好き!」など。


歌い終わったあとも「声にあってるね!」「上手かった!」など。


感想を言ってくれる相手をひとは心地好く感じるものですよ。




3.「ジュースのおかわりいるひとー?」


歌っていると喉が渇きますよね。


ドリンクのおかわりに行くために多くのひとが行き交います。


自分がおかわりしたいタイミングで「ついでに入れてきてほしいひとー」と呼びかけてみましょう。


みんなあなたを気遣いのできる女の子だと思うはずです。


恩着せがましくて嫌だと感じるなら、


「先着一名様につきドリンクのおかわりを承る!」


なんて冗談っぽく言ってみてもいいかもしれませんね。




4.移動時に接触





トイレやドリンクのおかわりのための行き来。


ソファー付近が大変混雑し、接触が増えてしまいますよね。


それこそが絶好のチャンスです!


席を立つ際、「ちょっとゴメンね」と男の肩を支えにして立ち上がる。


また、座る際に、男の肩をつかんで「失礼しまーす」とスライドしてもらう。


混雑を装って相手にタッチしてやりましょう。


いきなりのことに相手もドキッとするはずですよ。




5.連れ添いドリンクバーが勝負


大人数のカラオケだと、楽しさと引き換えのマイナスポイントが目立ちます。


それが、じっくり一対一で話すことができないということです。


個室内は音楽でうるさく、また、歌の順番が回ってくるので長くはしゃべれません。


歌をそっちのけで話していると、なんとなくイメージが悪くなります。


二人っきりで話す機会も作れません。


しかし、ドリンクバーは別です。


おかわりに行くという大義名分で個室から出ることができます。


狙っている異性や好きな人がドリンクのおかわりに立ち上がったら、「私も!」とついていきましょう。


ジュースを入れながら二人っきりで話せば、相手だって、今日の記憶に貴女が色濃く残るはずです!





6.暇そうにしていたら声をかける


長期戦のカラオケだと、ぐったりするひとも出てきます。


歌が苦手なひと、知らない歌ばかりなひと、疲れているひとなど。


なかには歌にも飽きて、暇そうにしているひとまで!


そんなひとを見つけたら、声をかけてあげましょう。


暇そうにしているのは誰ともかかわりがないからです。


貴女が声をかけるだけで相手もかまわれていると思い、気分が上がるはずです。








参考になりましたか?


近々カラオケに行く予定のある方は、ぜひ実践してみてくださいね!

2016年8月18日

written

by 鏡も絵


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop