現在17271個の困ったを解決できます!

2016月8月15日更新

コレやっちゃうと修復不能に…彼とのケンカで絶対に避けるべき5つの行動

3182 views

私も彼も頑固なので、よくケンカをしてしまいます。
そんな時に絶対にやってはいけないことはありますか?気を付けます。(大学3年生・女性)

街中でケンカするカップル




彼と一緒にいる時間がどんなに幸せでも、必ず「ケンカ」は勃発してしまいますね。


人間同士ですから、ぶつかり合うこともありますが、ケンカのせいで別れ話に発展しては困ったもの。


どんなにカッとなっても、決して言ってはいけないコト、やってはいけない態度をご紹介いたします。




1.過去のケンカやトラブルを持ち出す


彼とのケンカの最中、カッとなって過去の出来事も次々爆発しちゃうことありませんか?


怒りば爆発していて、冷静な判断が下せなくなり、どんどんネガティブな記憶が湧き上がってきます。


だからこそ、ケンカの最中でも「怒り」に身を任せてはいけませんね。


しかも、一旦は和解した内容を再び責める内容なら、彼からすればかなり悪印象。




思い出しイライラをぶつける


過去に、彼のことでイライラしたことまで爆発はじめると、手におえません。


ケンカやトラブルならまだしも、勝手に苛ついたことを一方的にぶつけられても、彼も困ったもの。


そもそも、ケンカをしても、怒りに火をつけないよう心がけましょう。






2.人格否定や、彼を全否定するような発言


どんなに腹立ちまぎれとはいえ、人として言ってはいけないことがあります。


その代表が、人格否定や、彼自身を拒否することです。




身体的特徴


怒りに任せて、彼の身体的特徴を挙げ連ね揶揄する「悪口」言ってませんか?


例えば、背の高さや体格、クセや外見的特徴など、挙げればさまざま。


もちろん、自分も彼に身体的特徴を指摘されて、いい気がするわけがありません。


絶対にやめましょう。




他の男性と比べる


「◯◯君に比べ☓☓だ」「◯◯君なら△△なのに」


誰かと比較し、相手の欠点や至らない点を浮き彫りにして責めるのは、ルール違反です。


他の誰でもない彼を選んで一緒にいるのに、他の男性と比べて悪口を言うのはやめましょう。


友人の彼氏と比較したり、元カレと比べるなんて、尚更です。




3.話を聞かない、話し合いに応じない


ケンカして出ていく女の子




ケンカの最中、怒って不貞腐れ、返事じをしなくなる人。


あるいは、なんでも「はいはい」「わかったわかった」と開き直る人。


どちらも通常の「話し合い」ができる状態ではありません。


ある意味で、怒りに任せ喚き散らすよりたちが悪いかもしれませんね。




彼からの和解案に応じよう


「話せば分かる」はキレイ事かもしれませんが、他に方法がないのも事実です。


彼が和解案を提示してくれているなら、たとえ少々不本意でも応じてみましょう。




4.我慢して貯めこむことが円満だと勘違いしている


怒りを発散するのとは逆に「私が我慢すれば」と、問題を抱え込んでしまうのも考えもの。


もちろん、我慢も必要ですが、それだと何も問題は解決せず、先送りにし続けている状態です。


問題解決は何も「我慢する」「怒る」だけではありません。


「話し合い」や「誰かに相談する」ことも有効です。


あるいは、彼に甘えたりスキンシップを増やすなど、コミュニケーションの幅を広めてみるなど工夫ができます。




5.SNSで彼の悪口を拡散しちゃう


彼の悪口・陰口をLINEやTwitter、Facebook、Instagramなど、インターネット上に拡散してはいけません。


彼とのケンカの内容や、彼の顔写真、彼の本名やニックネームなど個人を特定記できる情報も、ネット上に掲載すべきことではありません。


「リベンジポルノ」は現在、警察による規制対象になっています。


「腹が立ったから」「イライラしたから」は言い訳にならないので、冷静な判断を心がけましょう。





さいごに


イライラが爆発してケンカに発展してしまったのですから、平常心でいるのは難しいものです。


しかし、人間関係には絶対に超えてはいけない一線が必ずあります。


誰よりも近い距離で一緒にいる恋人同士だからこそ、相手に敬意を払いましょう。


二人が末永く一緒にいられるよう、願っています!



2016年8月15日

written

by banban


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop