現在17271個の困ったを解決できます!

2016月8月17日更新

そこで怒るの!?意外だけどありがちな「男性の地雷」を踏むセリフ6パターン

956 views

普通に会話をしていたのに、なんだか不機嫌になる男性…なぜ?と疑問に感じる瞬間はありませんか?


実はそれ、知らないうちに男性の地雷を踏んでいるかもしれません!


女性に地雷となる言葉があるように、男性にも地雷というものがあるんですよ。


それを知らずに踏んでしまっては、機嫌を損なわれたりしても文句は言えません。


男性の地雷はわかりづらいので、ここで紹介するものをしっかりと覚えて下さいね!




1.「今日の服装かっこいいね!」



褒めたのになぜ不機嫌になったの!?と驚いた経験はありませんか?


これを言われた男性側は「いつもの服装はかっこ悪いってこと?」と思うわけです。


このセリフを率直に聞けばその解釈になりますよね。


女性としては「(いつもの服装もかっこいいけど)今日の服装(は、もっと)かっこいいね!」ということなのでしょう。


しかし、男性はストレートに受け取るので、重要なところを省略しないように気を付けましょう。


さらに、男性は女性よりもファッションに対するこだわりが強い人が多いんです。


なので、迂闊に褒めて自爆しないように気を付けでくださいね!




2.「食べても太らないなんて、羨ましい~」


女性は太ることに対してとても敏感ですよね。


男性はたくさん食べても太らない人がいますが、それは褒め言葉にはならないんです。


むしろ、男性は男らしい体を手に入れたい人が多いので「細い」「華奢」などの言葉はNGワードに当たります。


体型に関しては、女性目線で男性に話を振ると地雷を踏む可能性が高いので、控えた方が良さそうです。


筋肉を褒められて嬉しくない男性はあまりいないので、褒めても良いと思いますが…くれぐれも、細い男友達が一緒に居る時などに他の体格のいい男性を褒めるのはやめましょう。




3.「○○(芸能人やスポーツ選手)ってかっこいいよね~」





正直、自分の目の前で他の男性を褒められても共感しにくいし、それが自分たちとはかけ離れた芸能人などであればなおさら反応に困るようです。


そもそも、目の前で他の男を褒めること自体が怒りの原因となるんですね。


それが好きな女の子であれば尚更そう思いますよね。


女性は何気ないことでもすぐに会話にしてしまうことが多いので、女性同士で話をするノリで男性と話をするということをしないように気を付けましょう。




4.「できなかったら、大丈夫だよ~。他の人に頼んでみるから!」


これは男のプライドを打ち砕く一言です。


女性にとっては何気ない一言ですが、男性にとっては起爆剤になりかねません。


特に力仕事などで男性の力を借りなくてはいけない状況で、頼まれた男性が出来なかったとき、他の男性に頼んだという経験はありませんか?


そんな時に「無理しないでね~○○君にも頼んでみるから」と言われた男性は少なからずショックを受けているはずです。


「俺じゃ力不足なのか…」「じゃあ最初から○○に頼めよ!」と怒りに繋がるのです。


男性のプライドに関わるようなことかどうかということをしっかりと考えてから言葉にしましょう。




5.「男でしょ~!」





現代では女性は男女平等を叫んでいるけれど、ことあるごとに良く聞く「男なんだから…」「男でしょ~」などと言う女性がいます。


これを聞いて男性は「男だから何なんだよ!」と腹が立つんです。


そもそも「女だから…」と言われることに女性は腹が立つということに対し、男性も「男だから…」と言われることに腹が立つのは当たり前ですよね。


男性相手だから言っていいということはないんですよね。


案外男女差別をしているのは女性側なのかもしれません…。




6.「男なのに本当に小さいよね~」


男性は「小さい」という言葉に敏感なんです。


下ネタになってしまうので深追いはしませんが…例えば「器が小さい」「気が小さい」などという言葉を言われれば良い気はしませんよね。


「男だからみんな気が大きくて寛大」「何事にも動じない」ということはあり得ません。


男性にだってそれぞれ性格などがあるのですから、安易に言っていい言葉ではありませんよね。





まとめ


いかがでしたか?男性と女性の考え方が違うので、男性の地雷となる言葉というのはなかなかわからないものなんです。


しかし、根本的に考えれば、男性が女性の地雷をさらりと踏むように、女性も男性の地雷を知らぬ間に踏んでしまっているのです。


相手に不快な思いをさせないように思ったことをすぐに口にするのではなく、いったん踏みとどまって考えてみましょう。

2016年8月17日

written

by lilalilanako


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop