現在17272個の困ったを解決できます!

2016月8月17日更新

返すの忘れてた!男子のLINEを既読スルーした後のモテるフォロー7選

3861 views

皆さんの携帯にはLINEが入っていますか?


最近では使っていない人を探す方が難しいくらい普及していますよね。


それに伴って「既読スルー」というのが問題になってきています。


既読スルーをされると相手の気持ちを落ち着かせなくしてしまう上に、マイナスの考えにたどり着く人が少なくありません。


特に男子は女性よりも傷つきやすくナイーブな心の持ち主です。


それをうまくフォローできるモテる女性になりましょう!




1.電話をする





既読スルーされた男性は、地に落ちるぐらいショックを受けている可能性があります。


それを完全に覆す手段としては「電話」が効果的です!


LINEとは違い、電話は相手の声が聞こえるので、感情もわかりやすく安心しますよね。


「ごめんね!LINEの返信をし忘れたのに気づいてすぐに電話したんだけど…」なんて言われたら、すねていた男子も既読スルーのことなんて忘れてしまいます。


誠意をもって謝るということを忘れずに!




2.既読スルーになってしまった理由を伝える


男子はなぜ返信がないのかということに対して疑問を抱いているのです。


「嫌われているのかも…」「無視されているのかも…」という不安でいっぱいなので、そうではないということをしっかり伝えましょう。


なぜ、既読スルーになってしまったのかということをちゃんと伝えれば、男子もわかってくれるはずです。


それを嘘でごまかそうとするよりは、正直に話した方が後味も悪くありません。






3.相手のLINEが気になっていたことを伝える


忙しくて返せない場合もありますよね?


でも内容は気になるから先に読むだけ読んでおく…という状況もあるでしょう。


その場合は「ごめんね!忙しかったんだけど、○○君からのLINEが気になって内容だけは読んだんだよね。でも、返すのを忘れちゃって…」と伝えるてはいかがでしょうか?


男子は「自分のLINEは気にしてくれてたんだ」と嬉しくなるはずです。


返すのが嫌、面倒くさいというわけではなかったということが分かれば安心してくれます。


「ごめんね」と謝罪の言葉は付けて下さいね。




4.直接謝る





学校やバイト先で会えるのであれば直接謝るという方法ほど効果的なものはありません。


LINEや電話は顔が見えないので、申し訳なさがなかなか伝わりませんが、直接お互いの顔を見て話すことが出来れば誤解などもすぐに解けてしまいますよね。


男性をショック状態から即効回復させるにはこの方法が一番でしょう!




5.返す内容に悩んでいたことを伝える


男子からの何気ないLINEの内容に、なんて返していいのかわからないことってありませんか?


返信の内容を悩んでいるうちに忘れてしまったなんてこともありますよね。


それを相手に「なんて返したら良いのか一生懸命考えているうちに返すのを忘れちゃって…」と言われれば、男子は「そんなに悩んでくれていたのか!」と喜ぶはずです。


自分とのLINEに時間をかけて色々と考えてくれていたとわかれば、嬉しいものですよね。




6.「焦らしテク!」と伝える


気になる相手にとのLINEには焦らすのも手だというのをよく目にしませんか?


それを利用して「焦らした方が気になるんだって…って友達から聞いたからさ~」なんて言われれば、男子もドキッとしますよね。


それが好きな子なら尚更ドキドキしちゃいます!


小悪魔的なテクニックなので思わせぶりな態度にならないようにほどほどに使いましょう。


その気がない相手には「(笑)」なんてつけるのもアリです。


くれぐれも、傷ついている男子に謝ることは忘れないでくださいね!




7.スタンプを使う



今のスタンプは可愛いのからおもしろいものまで様々なものがありますよね。


それを使ってみましょう。既読スルーに対して謝罪の言葉を送るだけでは物足りないので、こちらがとても申し訳ない気持ちでいっぱい…ということをそれが伝わるようなスタンプを使って一生懸命謝ってみて下さい。


相手も「こんなに謝ってくれるなら、わざとじゃないんだな」と安心するはずです。


どんなことも謝るときは誠意が伝わらないと意味がないですからね。





まとめ


いかがでしたか?既読スルーに対して謝罪するというだけでは、普通に謝るだけになってしまいますよね。


それをモテるフォローとなるように…というのはなかなか簡単なことではありません。


ぜひ、上記の方法を試してみて下さいね!

2016年8月17日

written

by lilalilanako


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

恋愛記事ランキング

pagetop