現在17271個の困ったを解決できます!

2016月8月17日更新

「モテ料理=肉じゃが」は迷信!?彼氏が実は喜ばない手料理メニュー8選

261 views

彼のために頑張って作った料理…彼は「美味しい!」と喜んでくれた!


でも、本当に喜んでくれていたのでしょうか?


実は今まで手料理の王道とされてきたメニューが、彼の中では嬉しくない料理に入っていることが多いんです。


迷信を信じて作っている女性陣!


今一度、彼が実は喜ばないメニューを確認してください。







1.肉じゃが


まさに、タイトル通り肉じゃがは喜ばれないメニューなんです。


男性にとって肉じゃがはあくまでサイドメニューで、メインディッシュにはならないようです。


そして、「おふくろの味」として作っている女性に対しては言いづらいのですが、各々の家庭で味が全く違います。


それを、彼のお母さんが作った肉じゃがを食べたことのない彼女が作っても、同じ味が再現できるわけないので喜ばれないのも当然でしょう。




2.カレー



男性が好きなメニューとしてカレーが上位にランクインしているのは事実です。


しかし、男性にとってこだわりの多いメニューなのもカレーなのです。


つまり、こだわりが強いからこそ、彼女がいきなり好み通りのカレーが作れるわけありません。


好みの辛さ、ルゥの濃さ、野菜の大きさなど色々なことにこだわりがあるメニューだからこそ、彼女に作ってもらっても好み通りに仕上がるわけがないので嬉しくないんですね。




3.ラーメン


これもカレー同様男性のこだわりと理想が詰まった料理です。


正直、家庭では再現できないメニューで店で食べるのが基本のようです。


職人がスープや麺の硬さなどこだわりを持って1から作っているものを、彼女が簡単に作ることが出来ないのは当たり前ですよね。


なので、出来ればラーメンはお店で食べたいというのが男性陣の本音です。




4.サラダ





体のことを考えて用意してくれているのはわかるのですが、男性にとってサラダはおかずにはなりません。


むしろ、肉が入っていない料理は男性にとって嬉しくないんです。


そもそも、サラダは料理に入るのかという辛口な意見も多かったです。


サラダはあくまでサイドメニュー。作るにしてもドレッシングをこだわって手作りをするなど工夫をしてみた方が良さそうです。




5.煮物


おふくろの味=煮物という考え方が根付いてしまっているのですが、男性にとって煮物はおかずにはなりません。


副菜として添えられている程度であれば、料理ができる子なんだなと評価が少々上がるようですが、メインのおかずとして作られても嬉しくないのです。


確かに、いわゆる茶色いおかずがメインになっていては、お腹いっぱい食べたい男性にとっては食欲をそそるものではありませんよね。




6.クリームシチュー


正直、おかずにならないし、白いご飯には合わないという意見が多数でした。


クリームシチューはあくまで汁物で、メインのおかずとしては成り立たないのです。


それを器一杯にクリームシチューを盛られても、ご飯が進まないのは当たり前ですよね。




7.チャーハン


チャーハンは男でも作れる!というのが不人気の理由です。


せっかく初めて手料理を振る舞ってくれるというのに、自分で作れるチャーハンを出されては正直残念な気持ちでいっぱいです。


チャーハンも男性にはこだわりがあるようなので、自分で作った方が美味しいとなればさらにがっかりすることは言うまでもありません。


せっかくならもう少し手の込んだ料理を作ってほしいというのが男性側の意見です。




8.焼きそば



これもいわば「男飯」ということで、男性でも手軽に作れるということからすでに食べ飽きている人が多いのです。


それを作って出されても嬉しいはずがありません。


自分では作られないメニューだからこそ彼女に作ってほしいのに、作り慣れたものが出てくるとがっかりしますよね。


それに、それが不味かったらさらに株は下がります…。





まとめ


いかがでしたか?「え!実は喜んでくれていなかったの?」という料理はありましたでしょうか?


昔から言われている「手料理=肉じゃが」は古いのです。


しかも、もともと人気の有る無しで言えば、人気はなかったようです。


周りの噂に左右される前に、率直に彼に食べたいもの・作ってほしいものを聞いてみた方が良いかもしれませんね。



2016年8月17日

written

by lilalilanako


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop