現在17272個の困ったを解決できます!

2015月4月12日更新

お金のない大学生でも行ける!格安な海外旅行の行き先10選

2669 views

春休みに海外旅行に行きたいと思っています!お金をあまりかけずに行くとしたらどこがおすすめですか?(大学3年生・男性)


 

毎日勉強に励んでいる大学生。そんな学生にとって長期の休みはどんなに気が楽になるものでしょう。

宿題、レポートから解放され楽しめる唯一のバケーションです。

そんな自由時間が持てたときに行きたくなるのが、海外。日本を離れて、日常を忘れて羽を伸ばしたくなりますよね。

海外旅行は高いと思って諦めている人も多いはずです。

ここでは、格安で行ける海外をまとめてみました。

 

手軽に行くことが出来る韓国




画像出展:DLIFT



 

人気の衰えない韓国。

飛行時間も短いことから手軽に行け、格安ツアーも充実しています。 2万~4万円で本場韓国料理、そして格安ショッピングを楽しむことが出来ます。

 

歴史を楽しむことができる、台湾





画像出展:DOLIFT

台湾までの飛行時間は3~4時間とあっという間に台湾へ行くことができます。

台湾の魅力は美味しい食べ物が気軽に食べれるところ!

そして歴史ある建物を見て回るのもいいですね。

日本では見られない建物、文化を楽しむことが出来そうです。

 

絶景夜景を楽しめる香港





画像出展:DLIFT

高層ビルが立ち並ぶ香港。 それだけではありません。

歴史的建物はもちろん、少し足を延ばせば緑いっぱいのハイキングコースまで楽しめるのが香港です。

また、本場飲茶を格安のお値段で味わえるのも魅力です。

飲茶に限らず、どこへ行っても食事は外れなしと言ってもいいほどです。

さらに、香港は100万ドルの夜景としても知られています。そんな素敵な夜景を写真におさめ、思い出として持ち帰ってください。

 

南の島、サイパン





画像出展:DLIFT

 

南の島は誰もが行きたいバケーション地ではないでしょうか。

行きたいけど、旅費が…と思っていませんか? 4万~5万でサイパンへと行くことが出来るのです。

南の島で真っ白な砂浜で寝ころび日々の勉強を忘れて思い切りリラックスしたいですね。

サイパンへ行ったら、やはりトライしたいのが思い切り海を楽しめるバナナボート。

普段の疲れを思い切り吹き飛ばすことができるでしょう。

 

サンゴ礁のグアム





画像出展:DLIFT

 

グアムといえば、やはりサンゴ礁ですよね。一年を通して過ごしやすい気候なことから、日本人に人気のバケーション地でもあります。

透き通った真っ青な海でマリンスポーツを存分に楽しめるグアムはアクティブな学生に人気です。

 

誰でも楽しめるバリ島





画像出展:バリ島旅行写真集

 

バリ島は、美しいビーチを楽しむのはもちろん、自然の緑の美しさを見て回ったり、ショッピングをしたり、とバラエティー富んだ楽しみ方を出来るのが魅力ではないでしょうか。

アクティブに動きたい日、のんびり過ごしたい日、どんな気分にも合わせることが出来るバリ島です。

そしてもちろん、食事の美味しさも抜群です。

 

オーストラリア、メルボルン。





画像出展:DLIFT

 

オーストラリアと聞くとシドニーと思ってしまいがちですが、シドニーに次いで有名なのがメルボルンです。

メルボルンでは、カントリーな街並みそして数々のレストランを楽しむことができます。

また砂漠地から緑あふれる自然の両方を楽しむことが出来、カンガルーやペンギンに出会える可能性もあるのです。

メルボルンではゆったりとした雰囲気と時間を楽しむことができ、普段の勉強、疲れを忘れ、のんびりした時間を楽しんでください。

 

遺跡巡りアンコールワット





画像出展:DLIFT

 

たくさんの美しい遺跡で知られるアンコールワットはカンボジア王国に位置します。

気になる時差も日本より2時間遅れているだけなので、体に負担かからずに旅ができそうですね。

たくさんある歴史深い建物ですが、ひとつひとつには意味があり、作られています。

日の出が美しいことでも知られているアンコールワットです。

遺跡巡りの合間に早起きして日の出も見て、思い出におさめておきたいですね。

 

マレーシア





画像出展:DLIFT

 

マレーシアにある、大理石という意味を持つランカウイ島は、その名の通りエメラルドな美しい海を楽しむことができます。

数年前までは何もない島でしたが、開拓が進み、各国からの観光客が増え今ではリゾート地として知られています。

ショッピングモールなども豊富なので、ビーチでのんびりしつつショッピングも楽しむことが出来るでしょう。

何もしたくないバケーションには最適なランカウ島です。

 

万里の長城、北京





画像出展:DLIFT

 

日本から3時間ほどで到着する、中国北京です。フライト時間が短いことから負担にならずに旅することができるでしょう。

本場中国料理は日本で味わうものとは格別です。

中国料理を楽しんだところで、外に出て必ず訪れたいのは、有名な万里の長城です。

他にも天安門広場など歴史上有名な建物がたくさんある北京です。

歴史を楽しむ北京旅行もいいですね。

 

いかがでしたでしょうか?意外にたくさん行き先があるリーズナブルな海外旅行先です。

海外は高いから諦めていた方も多いはずです。けれど、見直してみるとお手ごろ価格で行くことのできる国はたくさんあるのです。

上記を参考にして次のバケーション地を考えてみてくだい。きっと素敵な目的地が見つかるはずです。

2015年4月12日

written

by uptown


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

海外・留学記事ランキング

pagetop