現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月3日更新

【メンズ】センスいい!と思われる小物の使い方5選

1995 views

 最近ファッションにハマりだしました。簡単にセンスよく見える小物の使い方を教えてください!(大学3年生・男性)


男性のみなさん、普段のファッションでアクセサリーなどの小物を取り入れていますか?

あまりそういったものは慣れていないという方も一度手に取ってみてください。

今回は、メンズのファッション小物をご紹介します。

 

ストール




画像出典

ストールは、色と素材に注目しましょう。

基本的にストールは差し色や足し色のために使われ、秋冬のシーズンに活躍します。差し色として用いる場合はボルドーなど赤系統、色足しとして用いる場合はトップスの色と同系統のものやモノトーンカラーのものを選びましょう。

素材ですが、多くはコットンや麻が用いられますが、リネンで作られたストールも最近は多く、それらは涼しげで春夏のシーズンにも合います。

色に関しては、青で合わせれば爽やかなキレイめ、カーキで合わせればミリタリーテイストにひと工夫、という具合になります。

 

腕時計




画像出典

腕時計はシャツの袖をまくったときにチラリと見える、手首元のアクセントとして重要なアイテムです。しかし、ビジネスウォッチをそのままカジュアルなシーンで使うのはちょっといただけません…。

面倒だという人は、ベルトをブラウンレザーのものに変えましょう。これだけで汎用性が大きく広がります。シルバーベルトだとストリートスタイルなどに合わせづらいですが、ブラウンレザーにするだけで上手く馴染みます。

よりラフな印象を与えたいときは、ベルトをキャンバス地のものに変えましょう。柔らかな雰囲気を持っていてオススメです。

但し、キャンバス地のベルトはビジネスシーンには合わないので注意してください。

 

ネックレス




画像出典

ネックレスは主に夏、気温が上がってきて薄着になる時期に重宝されます。理由は、薄着になって胸元を開けるようになり、シンプルなコーディネートのときに胸元が寂しい印象になるからです。腕時計やブレスレットも然りです。

暖かくなってきて肌の露出が増えるとき、手首に何もないと物足りない印象を与えるのでそれをカバーしているのです。

また、ネックレスは「その人のキャラクター性」との兼ね合いが強く影響します。質感・光沢・色・形状など幅広く存在します。長さも重要です。メンズでは一般的に首回りの大きさプラス11cmの長さにします。

 

ブレスレット




画像出典

前述したとおり、暖かくなってくると手首の露出が増えて、そこに目がいくと物足りなく思われがち。そんなとき手軽にプラスできるのがブレスレットです。

細いタイプのレザーブレスレットは、キレイめスタイルにもミリタリーにもストリートにも相性バッチリです。細いタイプの良いところは、様々な種類を複数組み合わせることができることです。

注意しないといけないのが、腕時計をしている手首にブレスレットをする場合、時計のベルトとブレスレットの素材は異なるものにしましょう。

 

ウェリントンメガネ




画像出典

いわゆる「伊達メガネ」の一種ですね。ウェリントンタイプはクラシックで優等生な印象を与えたいときによく用いられます。

大学生の場合、ゼミやプレゼンの際によく取り入れています。やはり定番はキレイめコーデにプラスするパターンです。無地シャツにタイを結んで、プラスウェリントンメガネ。屋外ならそこにハットもプラスするのが鉄板でしょうか。

注意しないといけないのはサイズです。顔のサイズに対して小さすぎると野暮ったくなります。基本はフレームの角が顔にちょうど収まる程度のサイズを選びましょう。

 

 

いかがでしたか?

一度雑貨屋さんなどで今回ご紹介した小物類を手に取ってみてください。

参考になれば幸いです。

2015年3月3日

written

by いづな


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop