現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月23日更新

必要なものがすぐ取れる!5つの押し入れ収納テク

1295 views

押入れの中がすぐにぐちゃぐちゃになってしまい、どこに何があるのかわかりません!どうやったら上手に整理できますか?(大学1年生・女性)


 

あなたのお部屋の押入れが、まるでインテリア雑誌に掲載されているお部屋の様に整理整頓されていたら素敵だと思いませんか?

実は、ちょっとした工夫で見違えるように使いやすくなり、しかも、見栄えもグンと良くなります。

そんな魔法のような収納テクニックを5つ紹介します。


画像出典



 

1、ジャンル分けをする



押入れに今、何がどんな風に入っているのか把握できていますか?

まずは、押入れの中身を全て出してみて、不要なものは捨てましょう。

それから、衣類なら上着、ボトム、帽子といったように、最初のジャンル分けをしていきます。

次に、押入れのどこに収納するか、大体の配置を決めましょう。

例えば、布団は毎日使うから押入れの左下、扇風機は夏にしか使わないから棚の裏側など、マイルールで決めていきましょう。

 

2、収納道具で工夫をしてみる



ジャンル分けが出来たら、収納道具で工夫をしていきます。

引き出しのついた衣装ケースに衣類を立てて収納しましょう。見た目も美しく、収納力もアップします。

布団や毛布といった大きな物は、圧縮袋などで小さくして収納しましょう。

突っ張り棒を利用すると、小物を収納するケースや、シワを作りたくないシャツやワンピースを吊るしたりと様々な活用ができます。

また、使用頻度が高いものは手の届きやすいところに収納しましょう。


画像出典



 

3、デットスペースを無くす



配置した後に、もう一度押入れ全体を見渡してください。ぽっかりスペースが空いているところはありませんか?

 

・スタッキングできる収納ケースを利用して、収納の上部まで有効に使用する

・収納の裏側に棚を作る

・筒状に収納できる布団ケースを立てて収納する

・ワイヤーラックなど、籠をスタッキングできる収納の最上部に置いて見せる収納にする

 

など、アイデア次第で押入れのデッドスペースが無くなります。

 

4、重ねてみる



帽子や、鞄、ポーチなどの小物は、同じジャンルの物で重ねてみましょう。

大きい物の中に小さい物を入れて収納してみてください。シワにもならないし、省スペースで収納できます。

 

5、収納の中身が分かるようにする



上蓋付きの箱に収納してしまうと、使いにくい上に、中身が分からなくなることがあります。

できるだけ、引き出し付きの収納を使う事がベストですが、どうしても箱を使いたい場合には解りやすくする為に、

 

・写真を撮る・中に何が入っているか表面に書いておく

・同じジャンルの物しか収納しない

 

などの工夫をしましょう。

また、箱が複数ある時は同じ大きさにしておくと、収納するときに見た目もキレイで、デッドスペースも生まれにくくなります。


画像出典



 

まとめ



いかがでしたか?

つい、ポンポンと無造作に物を入れてしまいがちな押入れですが、キレイに整えると誰かに見せたくなるお部屋のインテリアに変身します。

この記事を参考に、あなたらしいインテリアを作ってみてくださいね。

 

 

2015年1月23日

written

by 久永紗悠梨


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop