現在17271個の困ったを解決できます!

2015月10月17日更新

年末年始の過ごし方で1年の運勢が決まる?!知っておきたい開運ポイント

1953 views

年末年始の過ごし方で1年の運勢が決まるって本当ですか?(大学1年生・女性)


年末に1年間を振り返り、年始に次の幸福な1年間を願う。


1年間という大きなまとまりの終わりと始まりという意味で、
年末年始の過ごし方は、新しい1年に影響を及ぼすほど重要です。
ここでは、年末年始に知っておきたい開運ポイントを6つご紹介します。







1.年越しそば




画像出典:楽天市場


細く長く生きられるようにという願いを込めて食べる縁起物。
昔の人は細く長いものの象徴として、そばを食べていたんです。


食べるタイミングとしては、夕食代わりでも夜食でもどちらでもよく、
重要なのは夜12時前に食べ終えることです。
また、そばを食べるときは、今年一年あったことを思い返しながら食べるのもポイント。







2.縁切り短冊




画像出典:My Birthday Happy Web


旧年中に自分を苦しめたり、落ち込ませたりした出来事など、
新年に持ち越したくないつらい思い出を手放すための短冊。


半紙を切って短冊を作り、黒いペンで表に「十三月」と書き、
そして大晦日の日に、家の外の雨風がかかる場所に貼っておきましょう。


これで嫌な思いは旧年に残し、つらかった思い出もリセットすることができます。
しばらくしてボロボロになった紙は、燃やすか捨てるかして処分すれば大丈夫です。







3.除夜の鐘




画像出典:硯水亭歳時記Ⅱ


除夜の鐘の数と、人の煩悩の数が108で一緒だというのは有名な話です。
そこで大晦日の夜、除夜の鐘が聞こえてきたら、心の中でその鐘を数えながら、
旧年中に起こった悪いことや、祓い清めたい出来事をひとつひとつ思い浮かべてみてください。


そして最後の鐘を聞き終えたら、「六根清浄(ろっこんしょうじょう)」と3回唱えて念を込めましょう。
こうすることで、心と体にしみついた煩悩や穢れが祓われるはずです。







4.初日の出




画像出典:銚子市


初日の出は、なんといっても御利益のかたまりです。
1月1日の日の出は、最も穢れのない光を放っているので、ぜひ見に行きましょう。


初日の出を見ることによって、身体に生命力がみなぎり、明るい気持ちで満たされていくのです。
去年はツイてなかったなという人は、初日の出を見ることで、新しい運命を切り開くことができるはず。







5.元旦アクション




画像出典:證誠神社


元旦にした発言や行動は、その年1年間を左右する大切なものです。
だから縁起の悪い発言やネガティブな発言を避けるのはもちろんのこと、
逆に「今年こんな風になりたい!」と理想を口に出すことを元旦にしておけば、
思い通りの運気を引き寄せられるのです。


もちろん初詣に出かけて、今年の目標を神様に宣言するのも、開運に効果的です。








6.若やぎ水




画像出典:1日5分マッサージ


年が明けて最初に台所に立つ時、ミカンをひとつお供えしてから
「あらたまの 年たちかえる あしたより 若やぎ水を 汲み染めにけり」という和歌を詠みましょう。
そして水道から水を汲み、ぐぐっと飲み干してください。


「若やぎ水」とは、年の一番初めに汲む水のこと。
不老長寿の妙薬と言われるこの水を飲むと、1年間無病息災でいられるうえ、美人にもなれるんだとか。



いかがでしたか?


年末年始の恒例行事から、あまり知られていない開運ポイントまで、幅広くご紹介しました。
「一年の計は元旦にあり」とはよく言ったものですが、新年を左右する年末年始、
開運ポイントを意識して過ごしてみてはどうでしょうか。


2015年10月17日

written

by ひろまさ


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop