現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月12日更新

初心者でも友達と盛り上がれるビリヤードのルール3選

17409 views

ビリヤードに挑戦してみたいと思っています。
初心者でも盛り上がれるルールがあれば教えてください!(大学2年生・男性)


初心者でも楽しくビリヤード

皆さん、休日はどこに遊びに行きますか?世の中には様々な遊びがありますが、
今日は初心者でも友達と盛り上がれるビリヤードのルールについてご紹介したいと思います。

なお、本来のルールから少々アレンジを加えてお伝えしたいと思います。

 

① 14-1(フォーティーンワン)



<ルール>

1番〜15番のボールを使用します。どのボールを狙っても良く、
ポケットし続ければ、その間はずっと打ち続ける事ができます。

<勝敗>

ゲームを始める前に予め50点先取、80点先取などの点数目標を決め、
1ボール1点として先に決めた点数を取得した方が勝者です。

<アレンジ>

経験者とゲームを行う時は、各人の目標点数に差を設けるとバランスが取れるのでお勧めです。
また、1ボールを2点とするなど点数を変える方法、
狙った球は1点、偶然入った球は2点など配点差をつけるのも面白いと思います。

 

②エイトボール



<ルール>

1番〜15番のボールを使用します。この内、1番〜7番(ローボール)、
9番〜15番(ハイボール)のどちらかを自分のグループボールとし、
番号に関係なく自分のグループボールをポケットしていきます。

すべてポケットしたら、最後に8番ボールをポケットしてゲーム終了です。

<勝敗>

試合前に予め5ポイント先取などの点数を決めます。
8番ボールをポケットに落としたら1ポイントとして計算し、先に目標ポイントに達した人が勝者です。

<アレンジ>

実力に応じて、自分のグループボールの数を変え(1番〜4番と5番〜7番・9番〜15番など)、
加えて自分のグループボールではなく、相手のグループボールを先に落とした方が
8番ボールを狙える権利が得られるというルールに変更するのも良いですね。

 

③隠し球



<ルール>

1番〜15番でも1番〜9番でもボールの数は自由です。また、狙うボールの番号も自由です。
ゲームが始まる前に1番〜15番のボールのうち、
試合人数で割った数(例:3人でプレーする場合は一人5球)を自分の持ち球に決めます。

決め方は、くじでも球を一人ずつ持っていくという事でも結構です。

<勝敗>

決めた持ち球がすべてポケットされた時点で負けを申告します。
その後、負けたプレーヤーはゲームから外れ、観戦となります。

<アレンジ>

1番〜15番を選び、この中で、1球だけ自分の持ち球と決めます。
決め方は上記の通りです。なお、私が実践したのは紙に書くというものです。

この場合はメンバーが同じ球を選んでいる場合がありますので、
全員が選んだ球がポケットされた場合はその時点で引き分けとなります。

この場合は、次のゲームに移ります。先に5ポイント先取が勝者などと決めておくと良いでしょう。

 

 

いかがでしたか?上記3つのルールを説明させて頂きましたが、
私が初めてビリヤードで遊んだ時は上記の1〜3のルールで遊びました。

ただ、どんなルールがあっても、上手い・下手に拘らず、みんなで楽しむことが一番のルールです。
難しければ2人1組として団体戦のように遊ぶのも一つの方法ですし、
皆さんで新たなルールを作るのも面白いと思いますので、是非ビリヤードを楽しんでください。

 

2014年11月12日

written

by まーしゃ-s


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop