現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月12日更新

ブサメン唯一の武器!女性相手に笑いをとる6つのコツ

2859 views

 僕は顔が全然ダメなので中身で勝負したいのですが、女性に面白いって思ってもらうためにはどうしたらいいでしょうか?(大学3年生・男性)


イケメン、ブサメン…今の世の中は、会話一つするのにも顔が特に重要視されます。
でも、そんなの理不尽じゃないか!

ブサメンだって女の子と楽しく話したい!

あなたのそんなお悩みを解消します。
これで、あなたも今日から女の子と楽しく会話ができるようになるかも?

 

笑いをとるのが上手な男性

 

【1】人を使って笑いを狙わない



誰かをネタにして笑いをとる。
それも時には良いでしょう。
しかし、それが毎回のことになっては段々と笑えなくなってきてしまいます。

「あの人はいつも他人を馬鹿にしてる」

なんて、言われかねません。
これでは、笑いをとろうとしたはずが逆効果。
嬉しい結果とは程遠いものになってしまいます。

 

まずは自分をネタにする



これは大切なアピールポイントの一つ。
自分のちょっとやっちゃった失敗談などを軽い口調で暴露しましょう。

「え~、やだ~」

と、女の子が笑いながら言ってくれればこっちのもの。
その失敗談は、女の子のツボを刺激することができたはずです。

 

【2】芸人のモノマネは適度に



旬の芸人のモノマネをすれば女性ウケがいいかもしれない。

そう思う人も多いでしょう。
しかし、実は案外そうでもないのです。

テレビで見ることが多いからか、芸人のモノマネはあまりウケが良くありません。
モノマネを見るよりは、テレビで本物を見た方がいいと思うのかもしれませんね。

芸人のモノマネに精を出すよりは、女の子が好きな話題をチェックして
その話題に関する笑えるようなネタを仕入れてみるのはどうでしょうか?

笑いをとるのと同時に、物知りなんだね!と嬉しい言葉も一緒にもらえる、なんてことも。

 

【3】表情には笑顔を



自分はブサメンだから…と思って、表情作りを諦めてしまってはいませんか?
「顔」と言うのは、人が最初に見るポイントです。
どんよりとした暗い表情や、何を考えているのか分からない無表情よりも
笑顔でいることを心がけましょう。

笑顔でいる人というのは、自然と人に好感や好印象を与えます。
むすっとした不機嫌顔、暗い顔をしている人よりも「話しやすそう」と言ったイメージを持たれ易いのです。

自分がまず笑顔で「ネタ」を振ってみることは大きなポイントです。
笑顔で面白いと思える話を振ると、無表情や愛想笑いで振るよりも遥かに高い効果を期待できます。

ポイントは楽しそうな笑顔、ぜひ心がけてみてください。
朝、歯を磨く時に洗面台の前で笑顔の練習をしてみるのも良さそうですね。

 

【4】勘違いでボケる



「この人、おっちょこちょいだなあ」と、そう思わせて笑いを狙ってみるのもいいでしょう。
あなたが日頃、真面目なタイプであるのなら特に効果的です。

「昨日、ぱんつくったんだ」

少々古い例ですが、これには二通りの解釈があります。
「パン作ったんだ」と「パンツ食ったんだ」です。
女の子なら前者を連想しますが、ここであなたが

「えっ?パンツ食ったの!?」と敢えて勘違いすることで、笑いを誘うことができます。

普段から、こういったボケられるようなネタをいくつか考えて持っておくと
いざという時に笑いをとることができます。

ただし、あまり頻繁にボケてしまうと「うっとうしい」
と感じられることもありますので、適度に行いましょうね。

 

【5】大げさな物言い、身振りで笑いを狙う



時には、少々大げさな物言いも一つの手段です。
ただし、あまりにも大げさだと女の子は白けてしまいます。

女の子が髪型を買えた、新しい服を着てきた時などは
美人女優さんなどを引き合いに出して褒めてみましょう。
○○よりも綺麗!など言われると、女の子は喜んでくれます。

疲れた時や思わず愚痴を零したくなった時なども
やや大げさな物言いを混ぜることで笑いの要素にすることができます。

また、身振り手振りなどジェスチャーを加えてみると、より効果的と言えます。
動きがあると、その人が何をどう伝えたいのかを感覚的に理解することも多いのです。

笑顔で身振り手振り、ジェスチャーを加えてみるだけで随分と効果も変わってくるはずですよ。

 

【6】下ネタはある程度親しい人にだけ



笑いをとる話題として一番に挙げられるのが、下ネタです。
しかし、下ネタは簡単に笑いがとれるという印象がある反面
使い方を誤れば嫌われる原因にもなってしまう、使いどころの見極めが難しい話題です。

ある程度の親しい女の子相手ならソフトな下ネタもいいのですが、
まだそこまで仲良くなっていない女の子に対し、下ネタはタブーです。

そういった女の子相手の場合は、下ネタよりも可愛らしいペット
動物などの話題で笑いをとるようにしましょう。

なら、親しい女の子相手ならどんな下ネタでもいいのか、と言うと。
これはNOです。
女の子は生々しい下ネタは嫌う傾向にあります。
特に食事中などは絶対に避けた方が無難でしょう。

 

動物の話題で笑いを狙う



動物やペットの話題となると、自然と女の子は気持ちが優しくなります。
今はテレビでも動物の笑える映像など放送されていますので
そういった番組をチェックしておきましょう。
そして、翌日にでも「昨日のテレビ見た?」と切り出してみてください。

番組内であった笑える動物の姿、シーンなど話すだけでも笑いはある程度とれると思います。
自分にも似た経験があれば、話の中でそれを失敗談や体験談として
やや大げさに話したりしてみましょう。
「でも可愛かった」や「可愛かったよね」など動物を褒めるような一言も忘れずに。

 

【最後に】



今の世の中は、イケメン、ブサメンなど言われがちです。
しかし「自分はブサメンだから…」と、自分の殻に閉じこもるのは一番避けたいことです。

一般的にイケメンと言われる男性が好きな人もいれば、逆に苦手な人もいます。
外見よりも中身を重視する女性、話していて面白い男性が好き。
そんな女性も少なくはありません。

大切なのは人の気持ちを考えて話すこと。

誰かを貶したり、バカにして笑いをとるのでは言われる側はたまったものではありませんし
相手の女の子にも良い印象を与えられません。
「この人はいい人だな。心が暖かい人だな」
と思われるような会話を心がけるようにしましょう。

ポイントは笑顔、そして楽しそうに、です。
まずはおっちょこちょいなエピソードなどを話して
クスッとしてもらえるような話を考えることから始めてみてはどうでしょう?

 

2014年11月12日

written

by mikoto


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop