現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月30日更新

起業家精神とは何か?What is entrenueship?

179 views

たまに起業家精神とかアントレプレナーシップという言葉を聞くことがありますが、どういう意味なのか教えて下さい。(大学2年生 男性)


touch screen

ここ数年、アントレプレナーシップ教育というものが盛んになりつつあります。

しかし日常で聞く言葉ではないので、言葉の意味をしっかり理解している人は少ないと思います。

ということで今回は、アントレプレナーシップとはなんなのか、

なぜ今アントレプレナーシップ教育が必要なのか、といったことをまとめていきます。

 

1 起業家精神(アントレプレナーシップ)とはなにか



アントレプレナーシップについて、スタンフォード大学のトム・コズニック教授は以下のように述べています。

「アントレプレナーシップ」は必ずしも独立して起業を目指す人達だけに求められる資質ではなく、自らの人生と家族を上手くリードして行く父親や母親としての役割を果たすことにも通じ、社会や地域そして企業内における問題解決能力を身につけ、社会に属し社会に貢献することを意識しつつも、組織に属さなくても個人として強く生き抜いていくための基礎学力や人間力を身につける資質である。」

つまり、起業を目指すような学生、もしくは企業内で新規事業を興していくような人のみが学ぶものではなく、全ての学生が学ぶべきものであるということです。

 

2 なぜ今、アントレプレナーシップ教育が必要か



アメリカでは学部教育での専攻やコースで、500件のアントレプレナーシップ教育プログラムがあります(2009年)。
対して日本では55件と圧倒的に少ない講座数となっています。

では、なぜ今このアントレプレナーシップを身につけさせる教育が必要とされているのでしょうか。

それは現在の社会情勢によるものです。

少し前の時代だと、良い高校を卒業して、良い大学を卒業して、良い大企業に入れば人生安泰というような考えが普通だったかもしれませんが、現在は全く違います。

たとえ大企業に就職したとしても絶対に将来安泰とは言いきれない時代です。

なので企業に頼らなくても生きていくチカラや、自分で仕事を生み出す能力を身につけることが必要になってきているために、アントレプレナーシップに関する教育が求められるようになっているのです。

 

3 起業家が果たす役割や必要とされる能力は?



アントレプレナーシップを持った起業家が果たす実際の役割や要求される能力はどんなものがあるのでしょうか。

起業家が持つべき能力して自己効力感というものがあります。

自己効力感とは、自分が行為の主体であると確信していること、自分の行為について自分がちゃんと統制していること、
自分の外界からの養成にきちんと対応しているという確信のことです。

なんだか難しい説明になってしまいましたが、要は「ある結果を生み出す為に必要な行動をどの程度うまく行うことが出来るかという個人の確信」のことです。

自分の立ち上げた組織をスピード感を持って大きくしていく際に必要とされる資質と考えられています。

 

以上、アントレプレナーシップとは何かという説明でした。

アントレプレナーシップといってもまだ定義があいまいで説明は難しいです。

しかし、これからの時代に必要な能力であることは間違いないので、気になることがあればネットで色々と調べて見て下さい。

2015年1月30日

written

by aritaku


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop