現在17272個の困ったを解決できます!

2014月6月16日更新

「グループディスカッションが苦手」を解消する5つの対策

6878 views

就活の選考の中で、グループディスカッションが一番不安です…。大学の授業でもグループワークが苦手なのに、乗り切れる気がしません。(大学3年生)


エントリーシートを書くのも不安なのに、


その先の面接やグループディスカッションはどうしたらいいの!?


そんな悩みを抱えた就活生も多いのではないでしょうか?



グループディスカッション中の就活生

© pressmaster - Fotolia.com

 


面接と違い、グループディスカッションは


ポイントを押さえておけば通過する確率が上がります。


「一言も話せなかったらどうしよう」


「面接官は何を見てるのか?」


そんな不安を解消する5つの対策をご紹介します。




質問に対して、どう答えるのが正しいのかをまとめておく



グループディスカッションの最初には、必ずお題が発表されます。


その議題に対して一番シンプルな答え方を、


自分の中で確認しておきましょう。



 

「●●はいりますか?」なら、「はい、いります。その理由は~だから。」


「AとBならどちらを選びますか?」なら、「Bです。それは~だから。」


「○○を作ってください。」なら、「~で作ります。方法は…です。」



 

例えに挙げたように出来るだけ、


シンプルに答える方法を確認しましょう。


議論が飛び交っているうちに、ついつい忘れがちになることも。


あなただけでも把握しておきましょう。




相手の意見をしっかりと聞く



会社という組織は、1人で仕事をすることはほとんどありません。


常に何人かでチームとなって動いていきます。


その中に1人でも、意見を聞かない人がいるとどうなるか分かりますよね?



 

自分の意見を持つことも大切ですが、


相手の意見を聞くことはもっと大切なポイントです。



 

グループディスカッションの短い間で出来ない人は


会社に入ってからも出来ないと思われる可能性大!!


しっかりと相手の目を見て、話を聞きましょう。




相手の意見を簡潔にして、繰り返す



意見を求められたときに、


あなたはすらすらと簡潔に答えることが出来るでしょうか?


ほんの数秒前に議題を与えられて意見を述べろと言われても、


そう簡単に答えることは出来ないでしょう。



 

それは一緒にグループディカッションをしている相手も同じこと。


「意見まとまってないな」と思うことも少なくないでしょう。



 

そんな時はあなたが相手の意見をまとめてあげればいいのです。


その人の意見を聞いて、自分なりにまとめて確認。


もし違えば「ここはこういうつもりだった」と


相手が補足してくれるはずです。




まとめ役に回る



自分の意見を述べることが苦手、という人もいるでしょう。


そういう場合は、みんなの意見を聞き、まとめる役になるのを


オススメします。



 

どうしても全員で意見交換を行っていると、


気づかないうちに


「あれ?あと1分でまとめるの??」という状況に陥ることも…。


そんな時にもしあなたがまとめ役という立場で、


全員の意見をまとめて


「これがこのチームの結論じゃないのかな?」と一言。



 

チーム全員があなたに感謝することは間違いないですし、


あなたが自分の意見を言っていなくても


存在感をアピールすることが出来ます。





「○○さんの意見に賛成です。」を使う



まとめ役も出来ず、自分の意見もうまく言えないかもしれない…。


そんな人は、この魔法の一言を是非使ってください。



 

「自分もちゃんと意見、ありますよ!」という意思表示にもなりますし、


相手の話をちゃんと聞いていたよ。というアピールにもなります。



 

友達と話す感覚で…



どうしても選考ということで、力が入ってしまうかもしれません。


ですが基本は友達と会話するのと同じ感覚です。


5つのポイントを忘れなければ、失敗することはないでしょう。


幸運を祈っています!

2014年6月16日

written

by まみ。


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop