現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月14日更新

好印象は目元から!アイメイクのやり方まとめ

285 views

 大学入るまでメイクをしたことがないのでやり方が分りません。特に印象が変わるアイメイクのやり方を教えてほしいです。(大学1年生・女性)


みなさん、アイメイクにどれだけ気を遣っていますか?
手持ちのメイクテクニックは何種類ですか?
今回はアイメイクについて幾つかご紹介したいと思います。

アイメイク中の女性

 

まずはベーシックに!



まずは、眉山~眉尻&画像の点線部分に
薄くかつしっかりホワイトパール系のシャドウベースをのせましょう。
眉下にベースをのせると顔色もぱっと明るくなります。

このひと手間で、後にのせるシャドウの発色もよくなる上にヨレにくくもなりますよ。
次に、アイホールの部分に上から「第二のベース」をのせていきます。
明るめのゴールドやベージュなどをお好みで選んでください。
パール入りなら目元に立体感が出てなお良いです。

そのあとまつ毛の付け根~二重まぶたの線の部分に濃いブラウンをのせます。
軽く眉を引っ張ってまつ毛のキワまで塗っていきましょう。
一重まぶたの方は、指で瞼に触れた時に眼球のカーブがわかるところまでが塗る目安です。

ペンシルでもリキッドでも、まずまつ毛の隙間を埋めてから、
目頭に向かって少しずつ引いていきます。最後に縁をスーっとひと塗りします。

まつ毛の隙間はまぶたを持ち上げて、下を向くような感じで鏡をセットすると見やすいです。
一重まぶたの方は、正面を向いた時にラインが見えるように、
大胆に塗るような感じで太めに引いてしまって全然かまいません。
ラインを引き終えたら馴染ませましょう。

マスカラは放射線状に伸びていくように塗りましょう。
指でまぶたを持ち上げて、鏡を見下ろしながら根元からググっと
コームを通すような感じで当てたらジグザグ動かして塗りましょう。

そのあと毛先がセパレートするように塗ってください。
下まつ毛はマスカラのコームを立ててまつ毛に触れるように左右にパラパラーッと付けていきましょう。

これが基本的なアイメイクの順番です。

 

アイメイクで一番難しいのはアイライン!



アイラインはアイメイクの中で最も難しいと言われています。
しかし、アイラインは練習さえすれば誰でも出来るようになります。
焦らず騒がず、何度も練習しましょう。

忘れてはいけないのが、必ず明るいところでメイクしましょう。
暗いところでメイクをしてしまって、太陽のもとに出ると印象が全然違ってしまいます。

また、メイクに慣れていない方やナチュラル派の方は、ペンシルアイライナーを使うと良いでしょう。
また、つけまつげを使う場合などはリキッドアイライナーを使うとつけまつげがズレたりしません。

 

透明感を出したい!



目元に透明感を出したいときオススメなのが、白系アイシャドウです。
白系のシャドウは目元だけでなく顔全体の透明感をアップさせ、目元のくすみを隠してくれます。

まずは、白系アイシャドウを目頭に「くの字」に入れましょう。
こうすることで目元が明るくなり、白目の色がクリアになります。

次に、眉の下ラインに沿って少量を入れましょう。
これで眉がクッキリとシャープに見えます。

最後に、目の上ラインには「目頭から黒目まで」、
目の下ラインには「黒目の横幅」の部分に白系アイシャドウをのせましょう。
これで完成です。


いかがでしたか?
普段はアイメイクに拘らないという方も
一度試してみてください。参考にしていただければ幸いです。

 

 

2014年11月14日

written

by いづな


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop