現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月14日更新

男性が「この子メイク濃いな」と感じる5つのポイント

29882 views

 自分ではそんなつもりはないのですが、男友達に「化粧が濃い」と言われてしまいます。
いったいどんな基準でメイクの濃い・濃くないを判断しているのでしょうか。(大学2年生・女性)


メイクの濃い女性

トレンドカラーの口紅をせっかく使っているのに、もしかしたらそのメイク、
「化粧濃い人だなあ」と男性は受け取っているかもしれませんよ!

今回は男性が、女性のメイクのどこを見て化粧が濃いと思うかをご紹介いたします。

 

① ファンデーションを厚塗りしている



ファンデーションやコンシーラーをガッツリ使っている人は、
能面のようなのっぺりとした印象を与えてしまって透明感が無いと思われるようです。

ニキビや肌荒れなどのトラブルを隠すためには仕方ないかもしれませんが、
残念ながら男性ウケのほうは悪いようです。

男性に分からないようにするには、ファンデーションは薄くしておいて、
隠したいところはコンシーラーを使いましょう。これだけでのっぺり顔は回避できます。

 

② アイメイクのインパクトが強すぎる



アイラインなどの箇所がはっきり分かってしまう状態は、男性からは「化粧濃い」と思われてしまいます。
目元のメイクはなるべくボカしておきましょう。
ペンシルだけでラインを引いて、ボカシを忘れている人も多いので注意しましょう。

目のキワに濃い色をのせて、アイホールの部分に薄い色を置くのもおすすめです。

 

③ どのパーツも気合が入っている



リップメイクにもアイメイクにも濃い色を置いてしまっている人は、ケバいと思われているようです。
たとえリップを薄い色に変えたとしても、ベースメイクをしっかりした上でアイラインを濃くすると、
これまた「化粧が濃い人」と思われてしまうようです。

メイクをしっかり盛るドールメイクは女性には人気ですが、トレンドとして男性ウケは悪いようです。
盛るパーツは一つだけ、が鉄則らしいですね。男性もワガママな人が多いようです。

 

④ 口紅の色づかいが派手



口紅に濃い赤を使っていると「化粧が濃い」と思われるようです。
色だけでなく、輪郭をはっきり描いている人もキツイ印象を与えるようです。
もともとの感じを大事にしながら、グロスなどでぼかしましょう。

口紅のカラーなどはトレンドがあるので使いたくなってしまいますが、
もともと日本人は赤などが濃い色が似合わない人種のため、色選びは難しいようです…。

色はトレンドを押さえたオレンジベースのものがベターかもしれません。

 

⑤ 青や緑など寒色系の色使いをしている



バッチリ作りこんだナチュラルメイクよりも、
軽く塗ったカラーシャドーがキツイ化粧として認識されるようです。

カラーシャドーのなかでも、グレーなどモノトーンカラーよりも
ブルー系やグリーン系といった寒色系が目立つようです。

寒色系のカラーシャドーを使うときは、顔から浮いてしまう明るめの色よりも
パステルトーンで艶のあるものが良いでしょう。
顔に透明感を演出できます。

 

 

いかがでしたか?

単純なのか複雑なのか分からない男性心理でしたね。
男性ウケを気にするのは勿論良いことですが、自分が良いと思ったメイクや
してみたいメイクにチャレンジするのも決してダメなことじゃありませんよ!

今回の5点が参考になれば幸いです。

2014年11月14日

written

by いづな


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop