現在17271個の困ったを解決できます!

2015月3月16日更新

モテメイクに挑戦♡自分に似合うメイクで可愛くなる!

10427 views



コスメってたくさん売っていて、自分にどの色が似合うのか、どれを選んだらいいのかわかりません。今年はモテメイクに挑戦したいのですが、どうすればいいでしょうか?(大学1年生・女性)







身に着ける洋服や小物と同じくらい、


メイクカラーもきれいに見せるための重要なポイントです。
肌の色に合ったメイクカラーを選べば、全体に統一感が生まれ、


肌に透明感が出てきれいに見えたり、瞳の特徴が強調され、


本来持っている魅力が発揮されます!



 

雰囲気、お肌の色などが当てはまる項目が多いタイプが


あなたにお似合いのメイクカラーです。




「キュートor元気」タイプ



肌の色:血色が良く、黄みを含んでいる、皮膚感が薄い
瞳の色:明るい黄みの茶色、透明感がある
髪の色:明るい茶色、ツヤがある




ファンデーション




ライトオークル系
クリームファンデーション、リキットファンデーションだけでもOK。
パールをTゾーンへ入れる。

 

アイシャドウ



カスタードイエロー・レタスグリーン・アクア・ゴールデンブラウン
他にも、コーラルピンク・ライトオレンジ・ゴールド・パンジーなど、


明るくて透明感のある色。
ゴールドラメ・ゴールドパールをプラスすれば華やかな印象に。




チーク




アプリコット・サーモンピンク・コーラルピンク
アクティブに見せたいときはオレンジ系、キュートに見せたときはサーモンピンクなど黄みの入ったピンク系を。




リップ




サーモンピンク・コーラル・スカーレット
透明グロスなどでうるおいのある質感に。




ヘアカラー




オレンジブラウン・ハニーブラウン
ツヤのある明るいイエロー系の茶色・オレンジ系ブラウン・またブロンド(金髪)に近い明るい色も似合います。暗くても栗色まで、黒は重くなってしまいます。
また、アッシュ系もツヤのある肌の色と合わないので避けたほうが良いです。

 

 

「優しい、繊細」タイプ



肌の色:明るいピンクか赤みがある、皮膚感が薄い
瞳の色:赤みのある茶色、淡い黒、白目と黒目の境目がハッキリしていない
髪の色:赤みのある茶色、淡い黒、ツヤがなくソフトな質感




ファンデーション



ピンク系・ナチュラル系
ツヤ感を出さずパウダーで仕上げてマットな質感に。

 

アイシャドウ



パウダーブルー・スモーキーブルー・ラベンダー・オールドローズ


落ち着いたパステル色でグラデーションのようにぼかす感じで。




チーク




パステルピンク・ローズ・スモーキーピンク

青みのあるピンクが肌の色になじみます。

 

リップ




ローズ・ディープローズ・ソフトフクシャ

青みのあるピンク系で、ツヤ感のない方が似合うのでグロスやラメは控えめに。

 

ヘアカラー



ココアブラウン・ローズブラウン
レッド系の明るい赤みのブラウン・パープル系・アッシュ系などマットな質感に。

イエロー色系は髪が痛んで見えるので避けたほうが良いです。

 

 

 

「落ち着いたorナチュラル」タイプ



肌の色:黄みを強く含んでいる、赤みがない、陶器のようなしっとりとした肌感
瞳の色:深みのあるこげ茶、緑がかっている
髪の色:深みのある茶色、ツヤがなくマットな髪質




ファンデーション




オークル系・ベージュ系
マットな質感に、肌の色を生かした素肌メイクもおすすめです。




アイシャドウ



オレンジ・カーキ・モスグリーン・ティールブルー
深みのある色でグラデーションのように、ハイライトはゴールド・ブロンズ系に(あまりキラキラし過ぎないように)。

 

チーク




サーモンピンク・ラコッタ・アーモンド
濃いめにつけてOK。色白はサーモンピンク、日焼けした肌はラコッタが似合います。

 

リップ



ディープオレンジ・ラスト・ダークトマトレッド


キラキラしたラメの入ったグロスは避け、玉虫色に輝くような色が良いです。




ヘアカラー




コーヒーブラウン・アッシュブラウン


落ち着いたイエロー系でマットなブラウン・オレンジ系のブラウン、あまり明るくしない方が良いです。



 

 

 

「クール、シャープ」タイプ



肌の色:血色がなく色白、弾力がありマットな肌感
瞳の色:濃い黒、白目と黒目境目はハッキリしている、黒目の淵にリングがある
髪の色:濃い黒、ツヤがあり太い




ファンデーション



ピンク系
クリームファンデーションがおすすめ、パールパウダーでツヤ感を出す。

 

アイシャドウ



アイシーピンク・ホットターコイズ・ネイビーブルー・ボルドー

瞳が強いのでアイラインを強調し、色は控えめでOK。

ハイライトはシルバーパールやシルバーラメが似合います。

華やかにしたいときはブルーやボルドーなどが良いです。

 

チーク





 

アイシーピンク・ホット・ピンク
瞳にポイントを置いた方がいいのでほんの少しつけるくらいが良いです。




リップ




トゥルーレッド・フクシャ・ルビーレッド
アイメイクとリップのどちらかにポイントを置きましょう。
アイメイクにポイントを置いたときは透明グロスやピンクベージュなど主張しないくらいに。

 

ヘアカラー




コバルトアッシュ・パールブラウン
深みのあるレッド系ブラウン・ダークワイン、
また、ブルー・パープルでツヤのある黒髪を強調させるのも良いです。

 

 

メイクは自分ににあうものを試すことが一番大切です。


ファンデーション、アイシャドウ、チーク、リップ、ヘアカラー、


どれか1つだけでも参考にしてみて下さいね!




=================


ライター:Hiromi(パーソナルスタイリスト)


公式サイト「True Colors」 http://truecolors.jp.net


5年間アパレル販売に携わった後、for*styleファッションビジネススクールにて


パーソナルスタイリスト久野梨沙に師事。


現在はパーソナルスタイリストとして、


おしゃれの基本である「似合う色・素材・形」の提案を行っている。


会話を大切にし、その人の雰囲気、


ライフスタイルや考え方から活用シーンに合うものを提案。


また、本人も気が付いていない魅力を発見し、


新しいスタイルを構築する技術に定評がある。

2015年3月16日

written

by forstyle


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

ファッション・美容記事ランキング

pagetop