現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月3日更新

ドイツのクリスマスマーケットの楽しみ方まとめ

446 views

ドイツのクリスマスマーケットの楽しみ方を教えてください。(大学2年生・女性)


ドイツと言えば、ソーセージやビールの他に
「クリスマスマーケット」が有名です。

クリスマスマーケットはフランスやオーストリアなど他の地域でも行われますが、
ドイツのドレスデンが発祥と言われており、夜が長いドイツの冬を賑わせてくれます。

観光地では観光客用に、冬の間ずっと店を出している所もありますが、
通常は11月25日頃から12月22日くらいまで行われており、
地元民も大切に楽しみにしているイベントです。

クリスマスマーケットに合わせてのツアーもあります。

クリスマスマーケットの楽しみ方をまとめました。

 

1、グリューワインを楽しむ



グリューワイン

Luca Moglia

 

グリューワインは、ワインにシナモンやオレンジピールなどの香辛料と、
シロップなどを入れて甘さを足した、ホットカクテルです。

体を温める為に好まれており、クリスマスマーケットに欠かせない飲み物で
名物になっています。

買った時にはマグカップと飲み物の料金が含まれており、
マグカップを返却するとマグカップ代を返して貰えます。

気に入ったものは持ち帰る事が出来るので、コレクターもいますが
重くなるので気に入ったものを厳選する方が良いです。

子供やアルコールが苦手な人には、ノンアルコールのものや、
ホットココアなどがあります。

 

2、ソーセージなどのグルメを楽しむ



焼きソーセージ

Tim Reckmann

 

ドイツと言えばソーセージが名物ですが、Bratwurst(ブラートヴルスト)と呼ばれる
焼きソーセージもクリスマスマーケットの屋台定番の食べ物です。

そのままソーセージのみお皿に置いてくれるものと、パンに挟んだものなどあります。

私たちがよく知っている形のソーセージの他に、ハムみたいなものや
カレーソーセージや煮込みなど、色々なお肉類もあるので食べ比べるのも楽しいですね。

 

3、甘い物を楽しむ



レープクーヘン

Natasha Cloutier

 

おかず系を食べた後は甘い物もいかがでしょうか。

クレープ(Krepp)やワッフル(Waffel)、日本と同じようなリンゴ飴なんかもあります。

飾りにも使われる固い焼き菓子のレープクーヘン(Lebkuchen)やシュトレンは
クリスマスの定番で伝統あるものなので、お土産にもおすすめです。

 

 

4、オーナメントなどの飾りを楽しむ



オーナメント

JD Hancock

 

クリスマスマーケット以外でも買う事が出来ますが、色々なお店で売られている
オーナメントなどのクリスマスの飾りは、お土産にも最適です。

ドイツは木の玩具など、木工工芸が有名ですので、木で出来たものもおすすめです。
地名やマークが入っているので、良い記念にもなりますね。

ツリーに吊るして飾るもののほかに、ミニツリーなど、置物も沢山種類があります。

木のプレートに名前を入れてくれるお店もあるので、目移りしてしまいますが、
お気に入りを探してみるのも楽しいです。

 

5、ツリーやライトの美しさを楽しむ



クリスマスマーケットは昼もやっていますが、日が暮れてくると
ツリーや家々のライトアップも美しいです。

ワインを片手にぶらぶらと歩いているだけでも、楽しいクリスマスマーケットの
雰囲気を味わう事が出来ます。

場所によっては、屋台の上をクリッペと言う、キリストの誕生を
木などの模型にしたもので飾り付けているものもあります。

 

 

いかがでしょうか。

クリスマスマーケットの楽しみ方は沢山あります。

ワインで体を温めても冬のヨーロッパは寒いので、
しっかり防寒対策をして出かけましょう。

屋台で使う小銭を用意すると便利です。

日暮れとともに人が増えてきますので、
スリなどには気を付けて楽しみましょう。

 

2014年11月3日

written

by atu


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop