現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月3日更新

初心者必見!上級者が教えるスキー上達のコツまとめ

48087 views

今年初めてスキーに行きます!スキー上達のコツを教えてください!(大学2年生 女性)


スキー初心者

今年こそはスキーを始めてみよう!という人もいるのでは?
スノボ人気に一時期押され気味だったスキーですが、
それでもやはり根強い人気があります。
初めてさんのために、スキー上達のコツをまとめてみました。

 

1.まずは板を選ぼう!



昔のスキー板は、自分の身長より長いのが一般的でしたが、
最近は身長より10センチから15センチくらい短めで、
前後の幅が広くて滑走面の表面積が大きくなっています。

長すぎる板だと、雪への圧力が小さくなり、スピードが出過ぎてしまうので、
短めの方が初心者にも扱いやすいでしょう。

 

2.ボーゲンを覚えよう!



ボーゲンとは、板の後部をV字形に開いて回転する技術です。
体重移動とかかとの押し出しで回転します。
上手に滑るコツは、ハの字に開いた板の中心に状態を置き、
安定感を持って滑ることです。
屈伸運動で膝をしっかり使うと安定感が出ます。

また、ターンの時は外側の足を前に押し出すようにして、
滑らかな弧を描くイメージで滑りましょう。
足を少し前に押し出した時に、くるりと回る感覚を覚えておきましょう。

 

3.パラレルをマスターしよう



パラレルとは、スキーを平行に揃えたまま滑る技術のことです。
スキーを平行にするので、スピードが出ます。
最初はできるだけ緩やかな斜面で練習しましょう。
しっかり膝を使って屈伸運動しながら、
できるだけスピードを出してみましょう。
直滑降に近い連続ターンで滑れるようになってくると、
かなり気持ちよく、スキーが楽しくなってきます!

そして、スピードに慣れてきたら、
大周りのターンからだんだんショートターンにしていきましょう。
ストックも体の動きに合わせて素早くついて滑ります。
ショートターンでのパラレルができるようになってくると、
狭いコースでも滑れるようになりますし、
人とぶつかりそうになったときも危険を回避できるので重要です。
リズムを刻み、しっかり頭の中でショートターンを意識しながら滑るのがポイントです!

 

 

4.中級コースでスムーズに滑れるようになる



初級コースである程度スピードが出せるようになったら、
中級コースにも挑戦してみましょう。
中級コースでは、まずスピードをコントロールしながら滑ってみましょう。
スピードが出て怖いなと感じたらボーゲンで滑り、
ターンをスムーズにできるように意識しながら滑ってみましょう。
自信を持って滑れるようになるとますますスキーが楽しくなるはずです!

 

5.スキー教室で学ぼう!



初心者の簡単なワザを紹介しましたが、
やはり上達するには、上手な人から学ぶのが一番の近道です。
体の動かし方や体重の移動など、どこをどう改善すればよいのか
アドバイスをもらうと上達できるでしょう。

スキー教室でポイントを学ぶのも効果的です。
何回かスキー場へ行く中の1回はスキー教室を利用したり、
ある程度マスターできたので次の技を習得したいと思った時に
スキー教室を使うのもいいですね。

 

いかがでしたか?
やはり上達には、何度も何度も滑ることが一番です!
目標を持って、次はこれをやってみよう!と練習したり、
カッコよく滑る自分の姿をイメージしたりするのも大切です。

今年の冬はゲレンデでカッコよくきめましょう!

 

 

2014年11月3日

written

by ike


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop