現在17271個の困ったを解決できます!

2014月10月29日更新

簡単なのに本格的!家庭で作れるおせち料理レシピ7選

3293 views

来年のおせち料理を自分で作ってみたいんですけど、簡単にできるレシピを教えてください!(大学1年生・女性)


最近では百円均一で一段のお重が販売されていて、
お正月シーズンになるとおせちの材料までもが100円程度で買えてしまいます。
それをちょこちょこっと彩り良く詰めれば、一人おせちだって簡単に仕上がってしまいます。
でも、お節には日持ちのするものも多いので、作り方をマスターすれば、普段のお弁当のおかず作りに役立つこともあるんですよ。

それでは、お家でも簡単に作れるお節料理の紹介です。

 

◎祝い肴



黒豆、数の子、田作り、たたき牛蒡、かまぼこ、伊達巻、栗きんとん、お多福豆などがあります。

 

1.黒豆煮





まめに働けるようにと無病息災を祝った黒豆。
圧力鍋を使えばもっと早く出来るかもしれませんが、持ってない人はこちらのやり方で試してみてください。
黒豆は冷凍保存も可能なので、小分けにしてラップで包んでお弁当にちょっと足りないなという時に使っています。
大量に作って余ってしまった場合は、ホットケーキMIXを使って黒豆カップケーキを作りましょう。

 

黒豆の詳しい作り方はこちら
cookpad:http://cookpad.com/recipe/2444283

 

2.はんぺんで伊達巻風





学問や教育に関する縁起物の伊達巻卵。
甘くてフワッフワ。お正月じゃなくても食べたい伊達巻が簡単に作れます。
こちらはフードプロセッサーやミキサーがなくても作れるレシピの紹介です。
冷凍したおろし金でガリガリとすりおろしても作ることが出来ます。

 

伊達巻の詳しい作り方はこちら
cookpad:http://cookpad.com/recipe/2101998

 

3.くるみ入り田作り



五穀豊穣を願った田作り。
田作りだけだと苦手な人も、クルミを入れると食べやすくておやつにも食べてしまいそう。
食塩付きのものと無塩の小魚が売っています。
塩分が気になる方は、少しお水につけて塩を抜いて作ると良いでしょう。

 

田作りの詳しいレシピはこちら
cookpad:http://cookpad.com/recipe/1274352

 

 

◎酢の物



なます、ちょろぎ。酢蓮根などがあります。

 

4.紅白なます



 紅白でおめでたいという縁起物のなます。
人参と大根はあまり相性が良くないと聞いたことがあります。
生の人参にはアスコルビナーゼという酵素があって、それが自身ならず他のビタミンCをも破壊するそうです。
けれども、お酢を使って調理することで、良い食べ合わせになるというのです。昔の人の知恵ですね。
私はこのなますに柚子の皮を入れるのが好きです。ゆずのフンといい匂いがしていくらでも食べられます。

なますの詳しいれしぴはこちら
cookpad:http://cookpad.com/recipe/756691

 

◎煮物



椎茸、高野豆腐、手編みコンニャク、花蓮根、八ツ頭、人参、くわいなど煮しめに使います。

 

5.根菜たっぷり筑前煮



椎茸、高野豆腐、コンニャクは武士社会の名残のようですが、蓮根の穴は将来が見通せるという縁起物です。
また、里芋は小芋がたくさん育つというところから子宝に恵まれるという意味が含まれています。
花蓮根や花型の人参にするのは一手間ですが、花の後に実を結ぶという意味も込められているようなので、
一年に一度の縁起物として、挑戦してみるのもいいかも知れまん。

 

煮しめの詳しいレシピはこちらから
cookpad:http://cookpad.com/recipe/313044

 

6.鮭の昆布巻き





「よろこぶ」の言葉にかけてある縁起物のこんぶ。
こちらでは圧力鍋がなくても作れる作り方が紹介されいます。
お弁当のおかずに入っていてもご飯と合いそうですね。

 

昆布巻きの詳しいレシピはこちら
cookpad:http://cookpad.com/recipe/2430281

 

 

◎焼き肴



鰤、鯛、海老、鰻などがあります。

 

7.ブリのつけ焼き



出世魚の「ぶり」にあやかって出世しますようにという願いが込められた縁起物です。
普段の食事でもよく食べられるのではないしょうか?
ぶりの旬は12月〜1月。美味しい鰤が食べられそうです。



ブリのつけ焼きの詳しいレシピはこちら
cookpad:http://cookpad.com/recipe/977931

 

=============

難しいと思われがちなお節ですが、時短で美味しく作れるものもたくさんありました。
それぞれの材料を買ってきてつめるのもいいですが、お弁当の食材を増やすつもりで挑戦してみてはいかがでしょうか?

2014年10月29日

written

by つかね


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

おでかけ・グルメ記事ランキング

pagetop