現在17272個の困ったを解決できます!

2016月5月2日更新

【就活の武器】企業に求められるTOEICスコアはいくら?

21966 views

就活の時って、エントリーシートにTOEICなどのスコアを書いたりしますよね。どれくらいのスコアがあれば、就活の際のアピールになるのでしょうか?(大学2年生・男性)










© Alexi TAUZIN - Fotolia.com






近年では大学の単位認定でTOEICが利用されたり、






企業の人事評価制度にTOEICのスコアが組み入れられたりなど






TOEICがより注目されるようになってきています。







それらのニュースを聞き、大学入学当時からTOEICをコツコツと受けてきた人から






就職活動に役立つといわれ急いでTOEICのスコアアップに励まれている人など






様々なのではないでしょうか。







では実際、就職活動で他の学生よりもアドバンテージを得るためには






どのくらいのスコアが必要になるのでしょうか。




大学生の平均スコアは554点、採用時に期待するスコアは565点






TOEICを主催している






国際ビジネスコミュニケーション協会の2012年度調査によると、






大学生の実態として平均スコアは、






リスニング304点、リーディング250点、合計554点とのことです。






同協会による上場企業を対象とした2013年度調査によると、






7割の企業が採用時にTOEICのスコアを参考にしています。







また期待するスコアとしては新卒社員565点、中途社員は710点となっています。






年々それらの期待スコアは上がっており、






より高度な英語スキルを求められる時代となっています。






これらのスコアをみて、554点はクリアしている、565点なら楽勝、






そんなふうに思わないでくださいね。






これらはあくまで平均値であることをお忘れなく。







アドバンテージを得たいならば平均点はあくまで最低ラインです。






アピールしたいならさらに上を目指しましょう。






一般的に英語ができるという印象を与えるには800点以上が必要でしょう。




企業によって大きく異なる基準スコア






最近では人事評価システムにTOEICスコアを導入している企業も多いため、






それらのスコアを参考にするのも良いでしょう。






上場企業の中の例としては、松下電器産業の場合、






主事・参事昇格基準を550点海外勤務者を650点としています。






一方で社内公用語を英語とした楽天では、






新入社員にも800点以上を求めているようです。







このように求められるスコアは企業によってかなり異なります。






そのため自分が希望する企業や業務で要求されているスコアを確認してみましょう。




スコアだけで十分?











では、晴れて高得点を獲得できたからといって、






そのスコアだけで就職活動に有利と言えるでしょうか?






就職活動でTOEICスコアを活用する際に忘れてはいけないのが、






英語はあくまでコミュニケーションのツールだということです。






確かにTOEICの高得点はアピールポイントにはなります。






しかしながら採用担当者がみているのは






そのスコアの元になるあなたの人間性でしょう。






そのため、採用担当者が欲しい人材とはどういった人物なのか






ということを再度考えてみる必要があります。






一般的に営業であれば折衝力、事務であれば事務処理力、






また即戦力として英語力が必要であれば






スコアよりも英会話力のほうが重視されるでしょう。






そのためスコアを活用したいならば、英語力をつけるためどのように努力したのか、






英語力を使ってどのような仕事をしたいのかなどを通して






自分という人間性を伝えられるように整理しておきましょう。





おわりに






就職活動においてTOEICはやはりひとつの物差しでしかなく、






英語もコミュニケーションのツールでしかありません。






しかしながら、より広い世界舞台で活躍してみたいと願う人にとって、






やはり英語力は必須であり、可能性を広げてくれる鍵ともなりえるものです。






まずはTOEICの高得点を獲得しましょう。






そして目標スコアにたどり着いた軌跡もアピールできるように整理しましょう。






そうすればTOEICをより上手く活用できるでしょう。

2016年5月2日

written

by bonne


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

RANKING

就活・キャリア記事ランキング

pagetop