現在17271個の困ったを解決できます!

2014月11月2日更新

小悪魔女子には2タイプある!愛されるタイプと嫌われるタイプの5つの違い

3750 views

小悪魔っていいのと悪いのがいるんですか?(大学1年生・女性)


小悪魔女子。悪魔のようで、可愛らしい、憎めない、そんな存在はみんなの憧れの的です。
ただ、小悪魔と言っても、何故か愛されるタイプと嫌われるタイプ、2タイプありますよね。

cute blond woman applying lipstick in a car

© Minerva Studio

違いは一体何なのでしょう?
今回は、小悪魔女子の愛されるタイプと嫌われるタイプの違いを5つほどご紹介します。

 

その1 小悪魔という言葉を自己中と履き違えている!



Elegant couple before the evening party

© konradbak

小悪魔だからって何でも許されるわけではありません。
私は小悪魔女子だから〜と言って、何だか嫌な奴だなあ、と思うタイプに多いのが、
この小悪魔という言葉を自己中と履き違えているというものです。

自己中では、好かれるどころか周りに迷惑をかけるだけ。
自分の行動が、自己中に当てはまってないか、チェックしてみてください。

 

その2  露出と服装は程々に



underwear style

© Andrey Kiselev

いかにも男を誘っているかのような、あざとい露出。
例えば、胸の谷間を強調させたりしすぎると、男性からはあざとすぎて嫌だなあと思われがちです。
愛される小悪魔タイプになりたければ、露出は程々に。
過度な露出は逆に萎えてしまいます。

いかにも誘っているかのような派手な服装も控えましょう。

何事も、程々にが良いのです。

 

その3 ぶりっ子レベルも程々に



beautiful dreamy young woman with a cup of hot coffee at the win

© evgenyatamanenko

ちょっとかわい子ぶるのは全然平気なのですが、いかにも男受けしたいと思わせるようなぶりっ子は、相手もドン引きです。
どのレベルまでは許されるのか?それは、周りの愛される小悪魔タイプの女子がきっと実践しているはずですから、研究してみましょう。
愛されるタイプは、ぶりっ子というよりも、ちょっと甘えている感じなのです。

自分から見て、この子はぶりっ子だなあと思っている子は、大抵男性からも同じように思われているはずです。

 

その4 ワガママと自分で何も考えないことを履き違えている!



Beautiful red lips with white speech bubbles

自己中はカンベンですが、ワガママな女性を自分のものにしたい!と思う男性は、特に小悪魔女子を好きになりがちです。
ただし、ワガママと自分で何も考えないことは別物。

何を言っても、「私はとくに〜」とか、「何でもいい」はNGワードです。
こいつは、ワガママじゃなくて、自分で何も考えてないんだなと思われてしまいます。

小悪魔女子は、頭の回転が速い子が多いのです。
なんでも人に丸投げ、何も考えてませんアピールは、逆に周りを遠ざけてしまいます。
適度に頭の良さを感じさせる小悪魔タイプは、男性の心をうまく掴んでいます。

 

その5 甘え上手だけれど、芯がぶれない強いタイプは小悪魔女子に持ってこい!



Amorous couple looking at each other

© Igor Mojzes

甘えるときは思いきり甘えるのに、芯がぶれない強い女性を演出している小悪魔女子は、男性にとって魅力そのもの。
その反面、魅力がない「自称小悪魔女子」は甘えているだけの一方通行。
あなたがいなくても私は何でも出来るのよ!というどんと構えた心にゆとりがある女性は、小悪魔女子として完璧ですね。

弱そうに見える小悪魔女子は、小悪魔というよりも幼いだけなのかも。

 

いかがでしたか?
愛される小悪魔女子に必要なのは、ざっと頭の回転の速さ、引き算、ギャップの3つで構成されているようです。
愛される小悪魔女子と幼い、ワガママな女子を履き違えないように、
うまーく頭を働かせて計算高いちょっとワルなオンナを演出してみましょう。

何でも言えますが、なりたい女性、理想の女性のタイプをきちんと分析、研究して、自分と何が違うのか?
ということを知ることが、愛される小悪魔女子になる第一歩です。

周りを引き離すくらい魅力的な小悪魔女子になれるように、自称小悪魔女子の自分とはお別れしてしまいましょう!

2014年11月2日

written

by riona


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop