現在17271個の困ったを解決できます!

2015月1月28日更新

彼氏とこれからも良い関係でいるための別れ方

1293 views

彼氏との別れを決意しました。彼氏とこれからも良い関係でいるための別れ方を教えてください。(大学3年生・女性)


良い関係のまま別れたい
©jordia.sintes

大好きな彼氏と別れなければならない。それは様々な事情からくるものがありますね。

できれば相手との確執を生まずに、気まずさを残さずに別れたい。では気まずさを残さずに別れるためには、どのようなことが必要なのでしょうか?

そこで今回は、別れたあとも彼氏と良好な関係でいるためのいくつかのポイントを紹介したいと思います。

 

1.メールや電話ではなく、直接会って話をする



会って話す
©Takmeomeo

やはりきちんとお互い想いを伝えるには、直接会って話をすることだと思います。

やはりこういう話は、双方にとって大事な話です。大事な話は常識として、メールや電話では済まされませんよね。やはり直接会って話をすることは、最低限のマナーのように思われます。

 

2.話し合いの場所を選び、相手と会う



やはり別れ話をする場所も重要だと思います。騒がしい場所などで話すのもまた、相手に失礼だと思います。別れ話、最期の時くらいしっかりとするべきです。静かなカフェなど、和やかな雰囲気の場所を選ぶべきです。

 

3.前もって、きちんと話したいことがあるということを伝えておく



やはりお互いに心の準備が必要です。あらかじめ予告しておくことで、彼氏の方もすこし構えることができます。また、宣言することで後には引けないということで自分自身に念を押すこともできます。

 

4.未練が残らないように、しっかりと宣言する



やはり言い切ることも大切です。[別れましょう]という言葉をきちんと伝えることで、自分自身はもちろん相手の方も理解が進みます。優柔不断に言葉を選ぶよりは、きっぱりと言い切ることが重要です。

 

5.なぜ別れるに至ったのか理由を説明する



当たり前のことですが、理由がわからないと揉めることもあります。ただ、理由を言う際には喧嘩にならないように言葉を選ぶ必要があると思います。そこの点に注意しながら、具体的な理由ははっきりと伝えるべきです。

 

6.今までの感謝を伝える



どんな感じで別れるとしても、お互いに過ごした時間は本物です。その一緒に過ごした日々へは[ありがとう]と伝えるべきだと思います。

 

7.話し合いの最中に、怒鳴ったりしない



別れ話の最中は、感情的になりがちです。しかし、それは相手も同じです。自分が途中で、怒鳴ったりすると相手も興奮します。最後まで話し合いを円滑に進めるためには、まずは自分が冷静さを保つことが必要です。

 

8.当日は、余計な話をしない



余計に話をしていると決心が鈍りやすくなりますし、相手の方もその直後に告げられると混乱してしまいます。お互いにとって、辛いことは短く済ませるべきです。

 

いかがでしょうか。

しかしどれだけ心で頭で準備しても、別れ話は精神的に辛いものです。それを承知の上で事情があり別れるのならば、相手のことをしっかり考え、今まで付き合ってきた彼に傷を負わせないようにすることが必要だと思います。

そして、できるならば彼氏と悪化した別れでなく友人関係になるくらいのいい別れ方をしたいものです。

2015年1月28日

written

by やーみん


同じカテゴリの記事をもっとみる

ライター

WRITERライター情報

pagetop